« ごえちん 再入院9日目~吐かずに安定、でも元気には遠い~ | トップページ | ごえちん お疲れ様 ~虹の橋へ~ »

2012年12月 9日 (日)

ごえちん 再入院11日目~頭が下がる思い~

ごえははであります。

寒い日が続いております。
みなさんや、インコちゃんは
体調を崩してはいないでしょうか?

***

先日のブログでは吐かずに順調だと書いたばかり。

でもそうではありませんでした。

20121208

2012.12.08のごえ

ごえはあたしが面接に行けなかった日、
全吐きしてました。

頭や顔がこんなに汚れてしまって
どれだけ辛かったことか・・・

大丈夫、順調だと思っていたのに
こんな大波が来ていたとは思いもしませんでした。

いつもなら何かあると連絡が来るのですが
電話が来なかったのですっかり安心していました。

★入院9日目

休診日。

この日のAM2:00頃
まだ給餌をする前、吐き気が見られ
そのうに入っているご飯をほぼすべて吐いたそうです。

何がいけなかったのか?

それまで沢山の量の給餌を入れていたから?

胃に負荷がかかってしまったのでしょうか?

それとも、病んでいる所が悪化したのでしょうか?

その後は
パウダーフードを薄めに溶いた給餌をしたそうですが
吐き気は治まらず
1~1.5cc程の給餌を2回したそうです。
その時に以前試した流動パラフィンを少し入れて。

でもえずいている状態。

朝になって体重は23.5g

前日の25gから一気に落ちました。

その後、出血がみられたので
止血剤と補液のお注射。
うんPは徐々に茶色から給餌色へ戻ったみたいですが
体勢はは低く、かかとをついた状態だったそうです。

午後の体重はさらに減って23g

★入院10日目

またしてもAM2:00頃
今度は給餌をしたタイミングで全吐き。

出血もみられたそうで
止血剤と補液のお注射。

吐き気と出血が続きます。

朝には少しオーツ麦等をついばんでいたそうですが
うんPは白い物かほんの少しの緑のうんP。
絶食便でしょうか。

少し体勢は上がってきてはいますが
あたしが見た時は上の写真の様な状態です。

朝の体重は22.5g

さらに減りました。

連日で吐くなんて事は今までなかったので
(12/3、12/7、12/8と吐いている)
あたしも正直冷静に話が出来る状態ではなかった。

ごえの躰が限界なのかと思いました。

どうしてもご飯が入らないのか
どうしても吐き気が出てしまうのか
それとも胃の出血で痛みが酷いのか・・・
考えても答えはわかりません。

逢いに行く前に鳥友さんからメールが来ていて
あまり一気にご飯を入れたら
胃に負担がかかってまた吐くのでは?と言っていたのが
まさに的中したのかと思いました。

それで、先生には
給餌のパウダーフードを溶くときに薄めにするか、
1回の量を少な目にするかにして
給餌の回数が増えても
入るだけ入れるのは止めて欲しいと頼んでみました。

お薬もお注射で止血剤は入れるものの
吐き気止めや痛み止め等は
副作用がいろいろとあって
お注射出来ないと言われてしまったので
経口投与のみ。

もうご飯の量の調節位しか
あたしの頭でも現状を打破する考えが浮かばなくて。

先生もこれ以上何が出来るか、というのもないらしく・・・

その日は吐かない様に、ただそれだけをお願いして
後ろ髪をひかれるかのように帰ってきました。

あたしが帰った後、
薄めのフードを2ccで2回給餌してくれて
取り敢えず吐かずにいた様ですが
出血がみられたのでお注射をしたそうです。

夜には少しだけ体重が戻り23g

夜遅くにはオーツ麦をあげるだけ剥いていたそうです。

★入院11日目(本日)

201212091

2012.12.09のごえ

昨日あんな状態で、動かずじっと目を閉じていたごえ。
帰ってからも
辛いんじゃないか。痛いんじゃないか。
そんな事ばかり考えていました。

夜になると吐いているんじゃないかと
嫌な連絡が来るんじゃないかと
そんな事ばかり・・・

今日も具合が悪い様だったら
あたしはどうしたらいいのか?と暗い気持ちで病院へ向かいました。

そんなあたしを迎えてくれたのが
上の写真の様におめめをパッチリと開けたごえ。

あたしが診察室に入るとテコテコを寄ってきて
敷紙をホリホリしてみせたりして。

見ると、うんPも給餌色ですが
大きいのが出ていて。

動いてもすぐに疲れてしまうのは仕方がないですが
連日吐いて、辛かっただろうに
今日のこの姿。

もう頭が下がる思いでした。

なんて強いんだろうと。
生きる事を諦めないごえに対して
あたしは精神的に負けそうになっていた。
あたしはなんて弱いのかと。

先生に聞くと
AM1:30、AM10:00と時間は開いてはいるけれど
薄めの給餌で2ccずつ入れて
吐かず、えずく様子もなくいたとの事。

体重は少し戻って24g

吐いた理由も、今吐かずに元気そうにしてる理由もわかりません。

ここで安心して、また落ちるかもしれない。
それでも、やっぱり、
こうして生きていてくれるのが嬉しいのです。

出来る限りの事をしようと
入院を決め、治療を続けて来ましたが
この行為がはたしてごえの為なのか?
自分の自己満足なのではないか?と
ごえの具合が悪くなる度に思い悩んできました。
それはきっといつまでも悩むんだと思います。

なのでこのブログでも
そういう思いがダダ漏れすると思います。

ただひとつ思うことは
その時、その時の判断だけは間違わない様に
いつまでも悩み、考え続けて行こうという事。

そしてごえに負けない位
強くあり続けたいと願います。

最後に久々に撮れた動画です。

http://youtu.be/H0q3fizCU2Y

こういう姿を見られるだけでも
あたしは幸せです。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

« ごえちん 再入院9日目~吐かずに安定、でも元気には遠い~ | トップページ | ごえちん お疲れ様 ~虹の橋へ~ »

コメント

こんばんわ。自分は、会社があろうがやすみだろうが一時過ぎまでインコと起きてます。きょうの動画のごえちんは、可愛くいじらしいですね。自分もインコを超、愛しているので他人事ではありません。自分の決定が究極のところ正しいかどうか思索したら絶対答えはでないのではないでしょうか。自分の場合だったら思索しないで自分の決定は間違いではないっ、との考えを二度と変えません。そうでないどキリがないですよ。確かに、今のごえははさんは、とても切なく辛いと思います。自分は、仕事や病気で苦しい時、こう考えて楽になりますー自分より苦しい人間は無数にいて頑張っている、それとくらべたら、、、ーの様にですね。そしたら、不思議に前向きになれますよ。ごえちゃん、ほんとに超鳥的強さだね!きっと克服できるよ!ママにハッパかけようっ!

がんばってますね、ごえちゃん。
はじめて、コメントさせていただきます。オカメインコのもんじろうをかってます。給餌を吐いてしまうの、、、辛いですよね、ごえちゃんも、飼い主さんも。わたしも、おんなじでした。でも、あきらめないで、、、★わたしは、もんじろうが、危篤状態のときに、とにかく、あきらめない、絶対あきらめない、、、そう、誓いました。
ごえちゃん、がんばってるもんね。
がんばれぇ。

はじめまして。清成です。ごえちゃんを見守っている一人です。ごえははさん、ごえちゃんにとって今入院を続けるべきなのか、育ったごえははさんのもとで、暮らすべきか迷っていませんか?私の住む所は小鳥専門の医師はいません。だから、具合が極めて悪く感じた時にだけ病院にいきます。薬としてもらうのは一般的な抗生剤くらいです。小鳥専門の病院が存在しないのが、幸か不幸か今まで飼ってきたインコたちは私の手の中で天国へ行きました。足の不自由な仔は今頃思いっきり飛び回っているんだろうな・・今頃みんな集まって楽しく飛び回っているんだろうな・・そう思って生きていた時よりも楽しくしているんだろうなと思うようにしています。
ごえははさん、気分を悪くさせたならごめんなさい。最後の動画は何か・・”僕は家に帰りたい”と言っているように勝手ながら感じました。
はじめましてなのに、こんな生意気な文章ですみません。

はじめまして。
見当違いのお話だったらすみませんcrying
何故、吐き気が出てしまうのか、のひとつの考えですが、異物を吐こうとしてる ということはありませんか?
うちの鳥は、以前、全部エサを吐いたにもかかわらずまだ胸を激しく波打たせて必死にえずいて、綿棒の一回り小さいぐらいの固いものを吐きました。私の住むところは鳥の専門医がいないので普通の動物病院にあわてて飛び込み診察してもらったところ、吐いたものは固いフエルト状のもので羽繕いの際に飲み込んで蓄積されていたのではないかと言われました。そして、よくこの大きさが口から出てきたね、とも言われました。運が悪いと吐く途中で窒息死。そのままお腹の中に残っていればエサが食べられなくなっていくし腐敗すれば炎症等々、鳥専門医ではないですけどそう言われました。

ごえははさんんが不安な時に 本当に見当違いなお話すみませんでした。

ごえちゃんの回復を心より祈ってます。

はじめまして!
いつも、こっそり拝見しております。
ごえちゃんとごえははさんの頑張りに、
涙涙でPCの画面が見えない程です。

私は四国に住むインコ好きの主婦です。
子供の頃、セキセイインコとタイハクオウムが
家にいましたが、当時は鳥専門の病院も無く、
原因不明のまま旅立ってしまいました。
その時の苦しそうな声は、数十年経った今でも、
心の中から消えることはありません。

3年前、バルコニーに来たセキセイインコを保護し、
飼い主を捜したのですが、見つからず、
幸か不幸か、我が家の一員となりました。
1年前、突然の体調不良、毛引きなどで、
あちこち病院を探して行きましたが、
鳥が診れると言っても、形だけの病院ばかり。
また、子供の頃の不安が過ぎったのですが、
やっと見つけた鳥専門の病院に、高速道路を利用し、片道2時間かけて通っています。
インコにとって、長距離移動は苦痛かもしれません。
飼い主のエゴという人もいるかもしれません。
でも、今でも頑張って毛引き症と闘ってくれて、
最近ではお喋りもしてくれるようになり、
ぴーちゃんの生きる強さに、頭の下がる思いです。

セキセイインコの寿命は10年と短いです。
その短い人生を全う出来るように、
精一杯の事をしてあげるのが私の役目だし、
ぴーちゃんの幸せだと信じています。
ごえははさんのお気持ち、痛いほど分かります。
どうか、ごえちゃんと、ごえははさん自身を、
信じて下さい。ごえちゃんの回復お祈りしています。
私事、長文、失礼致しました。

アナさん
もんじろうの飼い主さん
清成康香さん
桃さん
AKKOさん

コメント頂いていたのにお返事出来ずにすみませんでした。
みなさんのお気持ちとてもありがたく思っています。
どうしても言葉が綴れなくて
お返事が出来ずにいました。
申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。

こんにちわ、ごえははさん。ごえちんは、その後、元気でいるかな、と気をもんでいましたが何事も無さそうで安心しました。自分は、初対面の挨拶も抜きで突然、コメントを寄せました。すぐに控えるつもりが何故か気に掛かりずっとコメント続けさせていただいてきました。少しでもごえははさんの励ましになっていたのなら幸いです。そう言うわけでこの辺で一旦、失礼させていただこうかなと思います。とは言いましても、完全撤退ではなく今後は、外野席から大声で応援しますっ!ごえちんを見守っていきます。ごえははさんも、どうか無理なさらずご自分に出来る事を出来る範囲で頑張って下さい。ごえちんへ、今は、寒い冬で君には大変辛く苦しくまた悲しいけど、ここを乗り越えたら春がくるように、ごえちんにも来るよ幸せが。頑張ってね!では、また、来る日まで!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごえちん 再入院9日目~吐かずに安定、でも元気には遠い~ | トップページ | ごえちん お疲れ様 ~虹の橋へ~ »

フォト

いくつになったの?

絶賛更新ちう

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

無料ブログはココログ