« 起動実験中2 | トップページ | ごえちん 退院 ~看護はじめました~ »

2012年11月21日 (水)

ごえちん 入院25日目~セカンドオピニオン~

ごえははであります。

何だかバタバタしております(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

ブログも2度程手抜きでした人( ̄ω ̄;) スマヌ

今日は昨日、入院24日目と
今日、入院25日目のまとめにしますsweat01

201211201

昨日のごえちん。
このちっさい計量カップがお気に入りになったそうです。

ごえちん 入院24日目

強制給餌はなしで自力で少し食べているそうで
2日連チャンです。
吐かないだけでも安心です。

体重

23.5g

うんPには相変わらず菌ちゃんがいるらしく
もうこれは体調を崩しているのが原因かと。

先生がある手段として始めた事があり
それはメガバク撲滅のお注射。

ごえは今まで一度もメガバクにひっかかった事はないのですが
胃の症状がメガバク感染時の症状に似ていると言う事で
飲ませるお薬ではなく
短期間で撲滅可能な(?)お注射を始めたそう。

まれに排菌されず菌が胃に残っていることもあるそう。

または過去に菌はいたけれども発症せず、
大人になってから発症すると
メガバク菌がいなくても胃などに症状が残る事もあるそうで。

だいたい5日のお注射でキレイに菌がいなくなるというお注射を
補液と一緒に打つ治療を始めたそうです。

メガバクではないだろうと言う話でしたが
少しでも何か変化がないかという
手さぐり状態なのでしょうね。
このお注射は痛いそうで(涙)
でも効くと菌はいなくなるし、体に悪いものではないからとおっしゃってました。

そして、以前は全く食べなかった
ラウディブッシュのペレットを少し食べるようになったそうです。
(うちではケイティを与えていた、過去に試したがラウディは食べなかった)

そしてこの時点で
セカンドオピニオンを頼んでいた病院の話になり
この日20日はその病院(A病院(仮))が休診で電話がつながらない為
先生(M先生)にメールを打っておきましたと言っていました。
メールがちゃんと届いているといいのですが・・・とも(苦笑)。

そしてその日は21日に退院をさせますと言って
帰宅しました。

201211202

久々のおちり。キレイです。

そしてその日の夜。
先生から電話が来ました。(かかりつけのB病院のT先生(仮))
先日の様に驚く事はなかったのですが
T先生、まずは「ごえちゃんは大丈夫ですよ」と言ってくれました^^。

そして内容がセカンドオピニオンの話でした。

あたしは「あ~M先生と連絡が取れたという知らせかな?」と思っていたのですが
なんとメールを見たM先生が直接B病院へ来てくれたそうです!

これにはT先生も驚いたそうで。

あたしもびっくりですw(゚o゚)w

そして、受診という名のセカンドオピニオンではなく
先生同士でごえについて相談する場になったそうです!

M先生のご厚意、感謝しきれないほどです(涙)・・・

M先生は結局のところごえちんに面会したのですが
ごえをみて

「具合悪そうですね~・・・触らない方がいいかな?」といって
触診はしなかったそうです。
きっと診察という名目ではないというのもあったのかも?
更にごえの今の体重を聞いて
「しょえ~~~!」と言ってたそうです(とT先生が教えてくれた(笑))

まぁ普通ありえない体重ですものね。
どうも、先生もあたしもちょっと慣れてた感がありましたね。
ごえ自身、体重が減って細マッチョな筋肉も多少落ちてはいるものの
痩せてガリガリではないので
まだ大丈夫と思ってたそうです(T先生が)。

そして、M先生が来てくれたお蔭で
カルテやレントゲン写真をまるまる見て貰えたそうです。

201211203

お疲れなの?背寝です・・・

いよいよM先生の意見です。

まずは一番怪しいと言われていた胃癌。
これは「まずないでしょう」だそうです!
胃の横にあるまるい物は
↓ピンクの2の所です。

20121115
2012.11.15 夜に撮影

胃癌ならこうやって塊になって写る事はあまりないらしいです。

ならこの塊ななにか?
M先生の経験では胃潰瘍、または胃穿孔が過去に起きて塞がった時に似ているそうです。
又は膿瘍が現在進行形で出来ているか、どちらか。
ただお腹の中がキレイに写っているので
腹膜炎等は起こしていないだろう、という事でした。

このレントゲンではこのピンクの2よりも
黄色の1の方が異常だそうです。

T先生は何故写らないのかわからないという診断でしたが
M先生はこれはおそらく異物誤飲だろう、と言ってたそうです。

異物・・・もうこれは完全にあたしの管理ミスです・・・・orz

腺胃が白くハッキリと写っているのに対して
胃間は見えず
筋胃はぼやっと写ってます。
腺胃に濃くバリウムが残っているのはおかしいかな、と。

M先生の見てきた症例では
布類の繊維が胃に詰まっている場合
バリウムだけは流れて異物は残っている可能性がある、
流れを障害する何かがあるのではないか?と思う。そうです。

そこがつまらない様なご飯を食べてもらって
すごく運が良ければ吐きだす事はあるけれど
自分で吐かないとアプローチのしようがないと。

なので食べさせる物はシードを砕いた物とか
オーツ麦など。
ペレットを砕いた物が良く
水を沢山飲んでもらうと良いらしいです。

今までの食べ始めては吐くというごえの行為は
シード類の粒を食べていると
それが刺激になり、痛みで吐いてたのかも?
吐いて、しばらくして刺激がなくなりまた食べて
そして痛みで吐く。その繰り返しだったのかも?と。
食べた物も結局身にならず体重が増えないのも
ちゃんと全部が胃腸を通ってないのが原因かも。

なるほどです。

お薬ですが、今までのお薬を
お薬水ではなく、経口直接投与にして
お水は真水をあげたらどうかな。という提案がありました。

そのお薬ですが、
胃に異物がつまっていて荒れている場合
今まで通りの胃のお薬(痛み止めや消化薬、胃粘膜保護など)を
そのまま続けても良いと思う、だそうです。
ただ、ビタミンはしみるかもしれないので
ビタミン剤を抜いて(ネクトンSも含む)いくのも
やってみる事のひとつになるかも。との事でした。

ただ、M先生なら
今与えている抗生剤は吐き気を強くするかもしれないので
使用しないだろうと言っていたそうです。

尚、アガリクスについては抗がん剤として服用してましたので
必要ないと思われるが
あれ自体が健康食品なので(免疫効果などもある)
どちらでもいいかも。とのことです。

そしてこの異物誤飲ですが
試験的開腹手術もあるけれど
現実的ではないらしく
開けても膿瘍だったり穿孔だったりして
出血で危ない状態になる可能性があるとの事でした。

要するに、食べ物でごえ自身が吐くなりうんPで出すなりしないと
出てこないので
なら、食べ物で刺激せず、つまらせない様に
パウダー状のご飯を与えつつ水を沢山飲ませるというのが
出来る事だと。

P1001775

2012.11.21 食べる時だけ動く感じ。

M先生の意見をうけてT先生のこれからの治療ですが
布類の繊維等ならそれを流す為に
流動パラフィンを与えてみる方法を少しやってみて
運が良ければそれで少しは下に降りていくかもしれない。
ただ、この流動パラフィンは与え続けると胃腸障害を起こす可能性があるので
与え続ける事はしない。

また、食べ物ですが
今少しペレットを食べたりしている事から
細かくしたペレットと
強制給餌の時に溶いて与えていた
パウダーフードを食べさせていこうという考えでした。
シードよりもペレットの方が全体的な栄養はカバーしている筈なので
食べてくれるならシードを砕いた物よりも
食べて栄養になるペレットの方がいいですよね。
あと、オーツ麦も中の粉を食べるので大丈夫らしいです。
でも、ごえは食べ物をちらつかせたり
水を1滴口元に持っていったりと
気分的な刺激を与えると食べたり飲んだりをしだす傾向があるので
大好きな粟穂はかかせないかな~と言っていました。

お薬の件ですが、大体の胃腸のお薬は続行でOKだけど
抗生剤は実際うんPから菌ちゃんが出ているので
今は外せないかな~と言ってました。

あと、メガバクに効くお注射も
打ち始めたので3回は打っておきたいと言う事でした。
これは入院が続けば5回は続くのかもしれません。

今のごえの状態ですが、
完全につまってしまって閉塞したら
出血、食べ物が下におりて行かない為
吐いたり、うんPが全くでない、通過が止まるといった症状が出る為
今は細いながらもまだ繋がっているので
食生活を変える事で吐きだすのを待ちつつ
つまらせない様にするというのが大事だそうです。

また、繊維ではなく、固形物だった場合ですが
筋胃まで行ってくれれば砕いてしまうので
うんPで出てくる事もあるそうです。
布などの繊維がつぶれなく、砕けなく
絡まったらなかなか体外に排出するのは難しいみたいです。

癌ではない可能が高まったものの
異物誤飲か。と、楽天的な結果だったわけではなかったですが、
セカンドオピニオン(受診はしてないが)として意見を伺えたのは
本当に良かったと思います。

結局は確定的な結論が出たわけでもないけれども
これからの治療や気を付ける事などが変わったので
これは前進だと思います。

セカンドオピニオンを考えた時に
少しでも役に立ったらとも思います。

P1001776

今日のごえちん。

面会に行くとご飯は様変わりしており
ペレットの砕いた物の中にオーツ麦が入っているご飯入れと
気に入った容器に入っているペレット。
撒き餌もシードはなくなっていました。

それでもペレットを食べてくれているので
ちょっと安心です。

体重は

24g

ほんの少しだけですが増えました。

このまま少しずつ体力がついて
食べ物もペレットの粉を食べる事で
吐く等の余計な行為がなくなれば
そのうち
小さいケージ、普通のケージになる事もあり得るし
体力が付くことで
今の高温の保温もだんだん温度は下がってくるだろうと
今日みて下さった先生はいっていました。
(T先生お休み)

本当なら今日退院させる予定だったのですが
前回の記事でちょっと載せたように
保温室の具合が悪かった為に
退院は先送りになっています。

今、異臭の方は原因だろう物を取り除いた事で
感じなくなり
(といっても鼻についているので完全かは正直不安だが)
水槽の使い方も中にプラケを入れる2重構造にする事で
温度をあげていく方法を試みる起動実験を行っていますが
1枚隔てる事でやはりプラケ内の温度はなかなかあがりません。
起動から3時間。35度でうろうろしています。
前回の扉になる壁が1枚無い為
水槽の使い方は普通に天井のない箱になっています。
その上にプラスチックの板を載せていますが
やはり暖気は上にいくのでしょう、どうも抜けているようです。
困ったな・・・
線が出ているので完全に密閉は出来ないだろうから
上の蓋にブランケットを乗せるとか、ビニール袋をかぶせてみるとか
しないとダメかもしれないです(涙)。

めちゃめちゃ長くなってしまいました。
ここまで読んで下さったみなさま
お疲れ様でしたsweat01
実際あたしもまとめながら書いていたため
文章が読みにくい物になっているかもしれません。
ついでに考えすぎて途中で寝ちゃいましたしsweat01
今日、先生に
「倒れますよ~sweat01」って言われちゃいました・・・
倒れる訳にはいかないので踏ん張らないと!


っていうか温度上がれ~~~up

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

« 起動実験中2 | トップページ | ごえちん 退院 ~看護はじめました~ »

コメント

頑張ろうね!
きっと良くなるよ!

ragazzoさんへ

おはようございます。
コメントありがとうございます。
いつも早い時間にわざわざ見に来ていただいて感謝します。
長々とした記事を読んでいただいてありがとうございます。
良くなる事だけを願ってます・・・
ごえともども頑張ります!

こんにちわ。今日の写真のごえちん、何故か寂しく、悲しそう。胸がつまりますよ。セカンドオピニオンは大正解だったと自分は思います。二人の先生の見解を180度違います。M先生は、手術の効果の可能性を否定してません。もちろん、する、しないは今は不問です。 がんなどの悪い病気でなさそうなのは、本当によかったではありまんか!今後は、嘔吐、体重、うんp に注意してごえちんと楽しく、幸せな日々を過ごされるのがいいと思います。先のことは考えず、「その時は、その時に考える」みたいなのでいいのではないしょうか。その時は思い切って手術という選択肢があることがわかったのですから。吐かなくなって体重が回復すれば大丈夫ですよ!ごえちん、早くママ、パパの所に帰っておいで!

お久しぶりのコメントです…
毎回心配で拝見させて頂いてます。


ごえちゃん体重増えてないのですね
でもまき餌やオーツ麦等食べてくれて
ごえははさんを安心させていますね


注射ですか><
痛そうですがごえちゃん耐えてますね

お家での
準備や温度管理大変だと思いますが
どうかごえちゃんの一日でも早い快復
お祈り致します…


ごえははさん
休めるときは身体やすめて下さい…

ごえははさん、こんばんは。

M先生の知識の広さはさすがですね。
短時間で今までの情報からこれらの事を割出されるとは。

「M先生なら、今与えている抗生剤は吐き気を強くするかもしれないので使用しないだろう」と

T先生の
「抗生剤は実際うんPから菌ちゃんが出ているので今は外せないかな~」とでも違いがあり、

アナさんが言われているように、ウケケも二人の獣医師の見解が分かれてるように思われました。

胃癌ではないようで、ウケケもホッとしました。が、閉塞も安心してはいられないようで。

ごえちゃんが全快できるよう良い治療をお願いしたいとウケケは切に願います。

誤飲の可能性ですか…
うちの先代オカメが誤飲で亡くなりました

内臓からの出血で
真っ黒なうんPが出た時には手遅れでした

ごえちゃんを見ていると
あたしもセカンドオピニオンを考えていたら
助かったのかな?と思いました

ごえちゃんの体力はホントに凄いと思います
だからこそ、頑張ってほしいです

結果はハッキリしないものの
色々と考えてくれる獣医さん、素晴らしいです

ごえははさん、ちゃんと体休めて下さいね(/_;)

アナさんへ

こんにちわ。
コメントありがとうございます。
あたしもセカンドオピニオンは正解だったかと思います。
どのみち本当の事はわからないのは変わらないのですが(確定ではないので)、
それでも違う診断が受けられた分、対応も変わったので。
獣医師により意見が違うというのは正直少し怖い所もありますが、あたしの言葉をくみ取ってくれたのはとても感謝しています。
今はこの時間、ごえがここにいれくれる事、それがすべてだと思っています。
ありがとうございます。

明菜さんへ

こんにちわ。
コメントありがとうございます。
ごえは体重いよいよ増えなくなりました。
一時期は結構増えてくれたのですがね。
今はオーツ麦と細かくしたペレットでなんとか・・・といったところでしょうか。

保温室の準備は少しかかってしまいましたが、
なんとかなりました。
ホッとしてます。

ごえ共々、頑張ります。ありがとうございます。

ウケケさんへ

こんにちわ。
コメントありがとうございます。
セカンド~してもらい、M先生の診断とT先生の診断に違いがあったのは、良かったというか、悪かったというか。
でもどちらも確定ではないので、それがすべてではないのですが、その中で最適な治療、看護が出来ればと思います。
病名はともかく、ごえは体力を回復させられるように頑張ります。
ありがとうございます。

てんさんへ

こんにちわ。
コメントありがとうございます。
誤飲でオカメちゃんをなくされたのですね・・・
詰まってしまうとやはりどうにも出来ないみたいですよね。
今はうちはなんとか繋がっている様なので
そこを詰まらせないようにする事くらいしか出来ないです。
出血もあったようですが、何とか薬で止血出来ているので、少しだけ安心しています。
ごえも辛かったり痛かったりしても、今も頑張ってくれているのが何より凄い事だと思います。
出来る限りの事はしてあげようと思います。
ありがとうございます。

初めまして、マオです^^

うちはホオミドリ、コザクラ、
キンカチョウ、十姉妹を飼っています。

たまたまブログを拝見させて頂いたのですが、
退院の記事を見かけ、
思わず「おめでとうございます」
と言いたいばかりにコメントさせて頂きました。

突然のコメント失礼しました><

ブログ少し前から
拝見させて頂いてました

掲載されている写真などを
見ていてたぶんそうかもと
思っていましたが
私も同じ病院に通ってます
うちの仔全員の定期診断と
以前は嘔吐と食欲減退の
うちのオカメを入院させて
頂き治療をしてもらいました
(原因の特定には至りません
でしたがおそらく何かの
中毒だったのではないか
とのことでした‥)
一週間程度の入院でしたが
今では通常通りの元気を
取り戻し普通に生活できてます

今は膵臓が悪い(外分泌不全)の
セキセイの通院をしています
やっと25〜26gまで体重が
戻りましたが一時期は
ごえもんちゃんと同様に
23gまで減少してしまいました

なのでごえははさんのお気持ち
がとてもよくわかる気がします

そして頑張ってほしい
ごえもんちゃんに元気に
なってほしいと心から思います

まとまりのないご挨拶に
なってしまいましたが

またお邪魔させて
頂きますので
宜しくお願い致します

マオさんへ

こんにちわ。
コメントありがとうございます!

マオさん宅では沢山のいろんな鳥さんを飼ってらっしゃるのですね^^
とても賑やかな事でしょうね^^

うちも何とか退院となり、今は自宅で看護してます。
時間はかかってもまた元気に飛び回るごえをここで報告したいと思っています。
おめでとうございますをありがとございます!

HB★さんへ

こんにちわ。
コメントありがとうございます。

ブログ見て下さってありがとうございます。
同じ病院でしたか~
もしかしたら、待合室なんかで会っていたかもしれないですね!
あそこの病院も鳥専門なので、こういうブログを書いていたら誰かに逢わないものなのかな~って思ってたのですよね~
セキセイさんとオカメさんを飼ってらっしゃるのですね!
オカメさんは元気になって良かった!
中毒ですかぁ。
セキセイさんはまだ治療中なのですか?
同じ様に体重落ちたのですね…
23gって、正直立ってる事も奇跡な体重なのではないのか?と思っていたのですが、こうやって体重が戻りました!っていうコメント頂けると、あたしも頑張ろうって気持ちになります。
ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 起動実験中2 | トップページ | ごえちん 退院 ~看護はじめました~ »

フォト

いくつになったの?

絶賛更新ちう

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ