« ごえちん 看護5日目~初心者看護母は不安だらけ~ | トップページ | ごえちん 再入院5日目~不調は続く~ »

2012年11月30日 (金)

ごえちん 再入院 ~体重激減、強制給餌~

ごえははであります。

前回のUPの時に書きました
お薬水の効果は少しはあったようで
26日は1度も茶色のうんPは出ず
順調に思えていました。

こころなしか
すこし元気になった様な気すらしてました。

27日の朝。
体重は23.7g
まずまずでしょうか。

お薬も効いている様だし
このままご飯を食べてくれたらなぁ~と思っていました。

しかし、
夕方に体重を量ると
22.7gに減っていました。

その日はうんPの状態はまずまずですが
あまり食べている様子がなく
なるべく手で与えるようにはしていたのですが
どうも、あまり食べない。

201211271

これではマズいと思った母は
夜中に強制給餌を行いました。
ただ、前から書いている様に
あたしのスポイト給餌では
本当に数滴お口に入ったかどうかの怪しいもの。
ただ、それによって食べ始める事もあるので
微かではありますが期待をしての行為でした。

しかし、その後見ていても
ペレットの粉は少し食べても
大好きなオーツ麦を余り食べない。
剥いてるだけでほとんど食べてなくて、
うんPもすっかりでなくなってしまいました。

結局朝の6時近くまでうんPは出ず・・・

201211272

28日、朝の体重は22.7g

朝、もう一度スポイト給餌をしてみたものの
食べない状態は変わらず。
出始めてたうんPは茶色うんP→絶食便と変わっていきました。

また、給餌をしてみたものの
これではダメだと思い、焦ってしまって

パニック状態になってしまって
病院に電話をしました。

29日に診察予約は入っていたのですが
1日持たなかったら・・・と思い
緊急で給餌だけでもしてもらえないか?と。

幸い、ごえの状態は病院のみなさんはわかっているので
予約を入れてもらい、
早めに行っても状態によっては緊急で診て貰える事になり
キャリーをがっつり温めて
病院へ向かいました。

201211274

病院に付き、
まずは体重を量ってみると
22g

どんどん体重は減っていきます。

うんP検査をしてみると
またしても連鎖球菌が出ていました。

どうして、そんなにいろんな所に異常が・・・
こんなにごえは頑張っているのに・・・

先生に強制給餌をしてもらい
止血剤のお注射もしてもらい
その日は帰ってきました。


201211282_2

帰ってきたごえちん。

お口周りが汚れているのは
あたしが下手な給餌を何度もしたから。

でも、止血剤が効いているのか
お顔は元気そうです。

体重も帰宅後の夕方量ると
23.2gになっていました。

少し増えてくれたので
ご飯を食べてくれたら維持出来るかな?って思ってました。



201211283

その後のごえは
退院後では見なかった元気ぶりで
プラケの中を飛んだり跳ねたり・・・

プラケから出る勢いだったので
外しておいた蓋をして
飛び出してこない様にしました。

それにしても動きすぎる・・・

ご飯をあげても食べずに飛んだり跳ねたり・・・

201211284

なんだかおかしいな・・・

これが元気なら問題ないけど・・・

うんPも久々に渦巻状の物も出て、
給餌うんPもちゃんと流れてきてました。

201211285

病院階下にてオーツ麦も買って
どんどん与えていました。

でも、どう見ても食べてないんです。

201211286

お薬も自分で溶かしてではなく
点鼻瓶に作ってもらったお薬に変わり
(抗生剤も変更になったので内容も少し変更)
これならスポイトよりもスムーズに飲ませられて
痛くなく、出血も止まれば
ご飯は食べてくれると思っていました。

29日、朝。
13時台に予約が入っていたので
昨日の給餌もあるし、お薬が変わったのもあるので
うんPの状態もちゃんとみないと
なんて、思っていたのですが・・・

朝、体重が21.6gでした。

やはり夜中、まったく食べてなかった。

あげてもあげても
つまむだけでちゃんと食べてくれなかったのですが
自分でも本当に全然食べてなかったって事が
この体重をみたら一目瞭然でした。

一応、給餌もどきをしてみましたが
そんな事では食べ始める事はなく
ごえの躰はパッとみでわかる位
ガリガリになっていました。

それでも、この日も
飛んだり跳ねたりしていたんです。

どこにそんな体力があるのか・・・
痛いとか辛いとかそういうので暴れているの?

ご飯を食べさせようとプラケに手を入れて
ペレットやオーツ麦を直に与えても
ほんの2~3口食べるだけで
後はあたしの手の中に入ってきてカキカキをねだります。

そのうちよじ登って出ようとします。

もう、これは予約時間まで待っていられない!と
病院開院時間前にはうちを出ていました。

11時開院と同時に今向かっていると事情を説明し
朝、またしても急きょ診てもらいました。

病院についたら体重は21g

それでもます箱の中でぶら下がったり
あたしの指を噛んだり・・・

うんPは出てませんでした。

そのうに入るだけの給餌をしてもらい、
連れて帰るにはあまりに危険だと判断して
夜、もう一度給餌をしてもらってから連れて帰る事にして
1日の入院扱いで、取りあえず母は帰宅することに。

2日連続で緊急に強制給餌をしている事もあり
給餌だけでも近くで出来ないか?と先生と話をして
鳥専門病院ではないものの
鳥にかなり強い先生の所なら給餌なら出来る筈と
教えて貰った病院は
過去、しんちゃんが通っていた病院でした。
鳥専門じゃなかったのですっかり頭になかったのですが
お二人いる先生で、一人は犬猫専門、もう一人がエキゾ専門といった風に
わかれて診てくれている病院なので
取り敢えずの給餌は出来るし、
何より近い(1駅分)ので、そこに頼もうという事になりました。

今の先生の方から事情は説明して貰えると事になり
今のごえの状態等の情報を伝えて貰う事になりました。

しかし、29日夜。お迎えにいくと
ごえは動きまわってはいるものの
体重はまだ22g
今給餌してもらっても、30日に給餌予約が取れるかは確実ではない現状から
(情報を伝えてはもらえるものの、29日は後者の病院は休診。30日はかかりつけが休診と、動きづらい状態で、先生の連絡もスムーズに行かなかった現状)
最悪、30日にどこにも診て貰えないという事態になると大変なので
結局は木曜日から土曜日まで
がっつり給餌をしてもらうべく
入院になりました。予定では2泊3日になります。

しかし、この食べなさぶり・・・
給餌をしてもすぐに体重は減ってしまう。
うんPは出るけど、吸収が出来ないのではないか?という現実。
もしかして、給餌してもご飯が躰の中を通っているだけかも?という疑問。

胃に問題はあるのはわかっていますが
体力も落ち、もしかしたら多臓器が機能低下している可能性・・・

悪い事ばかりが頭をよぎります。

先生は、どう進んでいくのかはわからない、と・・・

なら希望があるなら給餌をしばらく続けて
お腹が空にならない様にするしか・・・

長期入院という手ではなく
自宅看護をして給餌に通うという選択になりました。
というか、長期入院の話は出なかったのですが。

お薬と、給餌でどこまでいけるか・・・

正直1日何度も外に連れ出すのはリスクがあると思います。
その間、食べ始めてくれれば終了できますが・・・・
凄く怖い事だと思います。
しかも電車なのでもろ外に出るし・・・

明日、ごえのお迎えに行った時に
ごえの体調によってはまた判断が求められると思います。

あの体重、あの体格は看ていて辛いものがあります。
竜骨はすでに外からみても出っ張っていて
筋肉は落ち、そのうはぺったんこ。
その躰で飛ぶのだから見ている母は正気ではいられない状態です。

もう、一人の時はこみ上げたら思いっきり声を出して
泣くことにしまいした。
泣かないと耐えてるとおかしくなりそうです。
さすがに28日病院に飛び込んだ時は始終泣いてましたが・・・

ちゃんとした判断が出来なくなったら
頑張って生きてくれているごえに申し訳ない。
だから、まだ正しい判断が出来るようにしっかりしないと。

昨夜、今夜と病院からの緊急連絡はありません。

ただそれだけが今は救いです。

どうか、どうか・・・

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

« ごえちん 看護5日目~初心者看護母は不安だらけ~ | トップページ | ごえちん 再入院5日目~不調は続く~ »

コメント

いつもこっそり見ていて、とても他人事だとは思えなくてコメントしました。
私は胃腫瘍(だろう)と診断されたセキセイインコの看病しています。
22gまで落ちた時は泣きました。でも吐き気と戦いながらぴーちゃんは頑張ってくれています!
本当に生き抜く力って凄いと思いました。
だからごえちゃんもきっと大丈夫だと思います!
ごえははさん、一緒に頑張りましょうpunchshine

こんばんわ。ごえちん、かわいそうに、信じ難いほど頑張ってますね。それが明日に繋がるんですね。お陰で自分も気合いがはいります。セキセイインコ学的にも目を見張るものがあるのではないでしょうか。ごえははさんも、くじけそうになると思いますが
ここまで来たら、ただただがむしゃらに気強く耐えるしかありませんね。一杯泣いてください。今は、先生方との連携がとても大事だと思います。それから、麻布獣医大には鳥の外来はないのですか? ごえちん、見守っているからね。前にも書いたけど、心は、距離と方角に無関係だからね。

ぴっちゃんさんへ

こんばんわ。
コメントありがとうございます。
看病なさっているのですね。
ぴーちゃんは闘病は長いのですか?
是非お話が聞きたいのですが・・・
ごえは、結局入院になってしまいましたが
まだ家に帰ってくると信じています。
その時の為にも看護の仕方とか
どうやって体重回復まで頑張っているのか
お話したいです。

アナさんへ

こんばんわ。
コメントありがとうございます。
ごえは頑張ってます。
本当にこんなに痩せてしまっているのに
まだ一生懸命生きています。
母も気合いを入れなおして、嘆くばかりではなく
もう一度面会から始めます。
なかなか先生達の連携というのは難しいようですね。それぞれの病院のやり方とか都合もあるようで・・・
あたしの様にいろんな病院を巻き込む人も少ないと思いますし。
兎にも角にも、ごえの為に動くだけです!
頑張ります。

ごえははさん、病院から戻られましたね。

上記での状況とても心配でした。
1時間の通院、数日で行ったり来たりではとても大変ですよね。
再度入院ということで、まずは給餌で体力の回復を期待しましょう。

いろいろネットで調べていても、病鳥に関しての情報があまりにも少なく、重篤な病はもっと少ないですね。

病院ですら解らない事が多くて、もうこうなると、飼い主さん同士の情報交換が頼りだと思います。病を直ぐには治せないにしても、その中にはとても希望が持てたり心強くなれる情報もあると思います。

ぴっちゃんさんも、看護とても大変だと思います。
どうか、お話、ごえははさんへ宜しくお願い致します。

ウケケの黄ちゃんが元気(卵蓄克服)になったように、病は違うけど、ごえちゃんも、きっと、きっと元気になりますように。

さっそくの返事、ありがとうございます。
話がしたいと言ってもらえて嬉しいです。
でも、ごえははさんを参考にしているので看病について話せることがないです…。力になれなくてすみません。
ぴーちゃんの闘病は胃腫瘍だろうと診断されてからだと1ヶ月半ぐらいです。
体重は最初は36gあったんですが胃腫瘍と言われた頃には28gにまで落ちてそれからも減らさないようにと言われたけれど22g近くまで落としてしまいました。
なかなか体重が上手く上がってくれなくて悩みました。
そんな時に足が曲がって歩けなくなることがあり、先生に相談すると胃が腎臓を圧迫しているか癌が転移したかも…と言われて腎臓の薬を送ってもらいました。
あげる前に足は段々回復していていらなかったかも…と思ったんですが、あげ始めて2日目頃から体重が少し上がるようになりました。
本当に体重を増やすのは大変ですよね…。
一週間かけて2gあがっても食べないと半日で元通りになったりしますし…。
ぴーちゃんは吐き気が酷いとすぐに食べてくれなくなって体重が減ります。
その時は葡萄や芋など少しでも食べてくれそうなものをあげています。しかし、それでは体重は保てないので食べるきっかけぐらいにしかなっていないと思います…。
今はそれでなんとかやっていますが、いつ吐き気がきて食べなくなるか不安で少しでも食べていない時間があると心配になります。
オーツ麦以外で体重を保てるような餌はないのかと日々考え中です。

あまり力になれなくてすみませんdespairsweat01
しかもかなりの長文、失礼しました!


ウケケさんへ

おはようございます。
コメントありがとうございます。

結局は再入院になってしまいました。
ご飯を食べ続けさせる事がここまで困難だとは、と、今更ながらに思っています。
病気の事とか些細な気になる仕草とか、そういうのが気になって、夜な夜な看護しつつ調べてたものですが、そういうのってほとんどわからないですね。
体験している人がネットにつながっているとは限らないですしね。
なので、こういう場で、同じように看病している方や克服された方の話はとても貴重です。
ありがたいと思っています。
黄ちゃん、本当に克服出来たようで良かった^^
あれから元気にご飯食べているでしょうか?
ごえも今は辛い時だと思います。
でも頑張ってくれてます。きっと回復してくれると信じてます。

ぴっちゃんさんへ

おはようございます。
コメントありがとうございます。
看病、そうだったのですね。
少しでもお役に立てましたでしょうか?
ぴーちゃんは入院処置ではなく、ずっと自宅看護ですか?
だいたいごえの体調が崩れた頃と同じ位にぴーちゃんも診断を受けたのですね。
腎臓のお薬で食べ始めるようになったのですか?
ではお薬がどんぴしゃだったのかな。
今はどうですか?頑張って食べてくれているのでしょうか?
36gから22gに落ちたのですね・・・
それは心配を通りこして怖かったでしょうに。
あたしも同じです。とても怖いです。
鳥さんはとにかく食べないといけないから、食べてくれないと先に進まないですしね。
人間と違って食べないとダメだよって言っても、吐き気や食欲がないと食べてくれないし・・
こちらもどうやったら食べてくれるかと悩みますよね。
ぴーちゃんは果物とかお野菜とか食べてくれるのですね。そういうのもきっかけとして良いと思いますよ。うちはそれが「大好きん」でしたが、お野菜もあげてみようかな、なんて思っていたら行動に移す前に入院になってしまいました。
ぴーちゃんはシード類は食べてくれませんか?
ごえの様に食べさせられない物ですか?
カナリーシードとかも食べないのかな。
ペレット類等は食べないのかな?
いろいろと試してみて下さいね。
うちも粟穂を食べさせることが出来たらと思うと
悔しい気持ちです。制限があるのは悲しいです。

ぴっちゃんさんはここのブログは携帯で読んでくれているのでしょうか?
pc表示に切り替えるとメール送信のリンクがあります。
良ければ情報交換しませんか?
こちらからで良ければメールしますが、いかがでしょう?

こんにちは。
またまたありがとうございます。
凄く参考になっています。食べなくなって検査のために2日ほど入院してからずっと自宅看護をしています。
食べ始めたのはインターフェロンという抗がん剤の一種を与え始めた頃かららしいです。
吐き気が収まると食べてくれるって感じです。
食べてくれても体重が上がらず、腎臓の薬を上げたぐらいから体重が少しずつでも上がるようになりました。
今は29gまで上がってくれています。

ぴーちゃんは固いものを食べると吐き気がくるみたいです。なので今は食べると粉になるオーツ麦が主食になっています。オーツ麦も吐き出してしまうこともあるんですけどね…。
ペレットは食べなかったと先生に言われました。小さい頃にあげればよかったと後悔しています。

携帯からなのでメールしていただけると嬉しいです!


ぴっちゃんさんへ

早速ですがメールしました~
一緒に頑張りましょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごえちん 看護5日目~初心者看護母は不安だらけ~ | トップページ | ごえちん 再入院5日目~不調は続く~ »

フォト

いくつになったの?

絶賛更新ちう

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ