« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

ごえちん 再入院 ~体重激減、強制給餌~

ごえははであります。

前回のUPの時に書きました
お薬水の効果は少しはあったようで
26日は1度も茶色のうんPは出ず
順調に思えていました。

こころなしか
すこし元気になった様な気すらしてました。

27日の朝。
体重は23.7g
まずまずでしょうか。

お薬も効いている様だし
このままご飯を食べてくれたらなぁ~と思っていました。

しかし、
夕方に体重を量ると
22.7gに減っていました。

その日はうんPの状態はまずまずですが
あまり食べている様子がなく
なるべく手で与えるようにはしていたのですが
どうも、あまり食べない。

201211271

これではマズいと思った母は
夜中に強制給餌を行いました。
ただ、前から書いている様に
あたしのスポイト給餌では
本当に数滴お口に入ったかどうかの怪しいもの。
ただ、それによって食べ始める事もあるので
微かではありますが期待をしての行為でした。

しかし、その後見ていても
ペレットの粉は少し食べても
大好きなオーツ麦を余り食べない。
剥いてるだけでほとんど食べてなくて、
うんPもすっかりでなくなってしまいました。

結局朝の6時近くまでうんPは出ず・・・

201211272

28日、朝の体重は22.7g

朝、もう一度スポイト給餌をしてみたものの
食べない状態は変わらず。
出始めてたうんPは茶色うんP→絶食便と変わっていきました。

また、給餌をしてみたものの
これではダメだと思い、焦ってしまって

パニック状態になってしまって
病院に電話をしました。

29日に診察予約は入っていたのですが
1日持たなかったら・・・と思い
緊急で給餌だけでもしてもらえないか?と。

幸い、ごえの状態は病院のみなさんはわかっているので
予約を入れてもらい、
早めに行っても状態によっては緊急で診て貰える事になり
キャリーをがっつり温めて
病院へ向かいました。

201211274

病院に付き、
まずは体重を量ってみると
22g

どんどん体重は減っていきます。

うんP検査をしてみると
またしても連鎖球菌が出ていました。

どうして、そんなにいろんな所に異常が・・・
こんなにごえは頑張っているのに・・・

先生に強制給餌をしてもらい
止血剤のお注射もしてもらい
その日は帰ってきました。


201211282_2

帰ってきたごえちん。

お口周りが汚れているのは
あたしが下手な給餌を何度もしたから。

でも、止血剤が効いているのか
お顔は元気そうです。

体重も帰宅後の夕方量ると
23.2gになっていました。

少し増えてくれたので
ご飯を食べてくれたら維持出来るかな?って思ってました。



201211283

その後のごえは
退院後では見なかった元気ぶりで
プラケの中を飛んだり跳ねたり・・・

プラケから出る勢いだったので
外しておいた蓋をして
飛び出してこない様にしました。

それにしても動きすぎる・・・

ご飯をあげても食べずに飛んだり跳ねたり・・・

201211284

なんだかおかしいな・・・

これが元気なら問題ないけど・・・

うんPも久々に渦巻状の物も出て、
給餌うんPもちゃんと流れてきてました。

201211285

病院階下にてオーツ麦も買って
どんどん与えていました。

でも、どう見ても食べてないんです。

201211286

お薬も自分で溶かしてではなく
点鼻瓶に作ってもらったお薬に変わり
(抗生剤も変更になったので内容も少し変更)
これならスポイトよりもスムーズに飲ませられて
痛くなく、出血も止まれば
ご飯は食べてくれると思っていました。

29日、朝。
13時台に予約が入っていたので
昨日の給餌もあるし、お薬が変わったのもあるので
うんPの状態もちゃんとみないと
なんて、思っていたのですが・・・

朝、体重が21.6gでした。

やはり夜中、まったく食べてなかった。

あげてもあげても
つまむだけでちゃんと食べてくれなかったのですが
自分でも本当に全然食べてなかったって事が
この体重をみたら一目瞭然でした。

一応、給餌もどきをしてみましたが
そんな事では食べ始める事はなく
ごえの躰はパッとみでわかる位
ガリガリになっていました。

それでも、この日も
飛んだり跳ねたりしていたんです。

どこにそんな体力があるのか・・・
痛いとか辛いとかそういうので暴れているの?

ご飯を食べさせようとプラケに手を入れて
ペレットやオーツ麦を直に与えても
ほんの2~3口食べるだけで
後はあたしの手の中に入ってきてカキカキをねだります。

そのうちよじ登って出ようとします。

もう、これは予約時間まで待っていられない!と
病院開院時間前にはうちを出ていました。

11時開院と同時に今向かっていると事情を説明し
朝、またしても急きょ診てもらいました。

病院についたら体重は21g

それでもます箱の中でぶら下がったり
あたしの指を噛んだり・・・

うんPは出てませんでした。

そのうに入るだけの給餌をしてもらい、
連れて帰るにはあまりに危険だと判断して
夜、もう一度給餌をしてもらってから連れて帰る事にして
1日の入院扱いで、取りあえず母は帰宅することに。

2日連続で緊急に強制給餌をしている事もあり
給餌だけでも近くで出来ないか?と先生と話をして
鳥専門病院ではないものの
鳥にかなり強い先生の所なら給餌なら出来る筈と
教えて貰った病院は
過去、しんちゃんが通っていた病院でした。
鳥専門じゃなかったのですっかり頭になかったのですが
お二人いる先生で、一人は犬猫専門、もう一人がエキゾ専門といった風に
わかれて診てくれている病院なので
取り敢えずの給餌は出来るし、
何より近い(1駅分)ので、そこに頼もうという事になりました。

今の先生の方から事情は説明して貰えると事になり
今のごえの状態等の情報を伝えて貰う事になりました。

しかし、29日夜。お迎えにいくと
ごえは動きまわってはいるものの
体重はまだ22g
今給餌してもらっても、30日に給餌予約が取れるかは確実ではない現状から
(情報を伝えてはもらえるものの、29日は後者の病院は休診。30日はかかりつけが休診と、動きづらい状態で、先生の連絡もスムーズに行かなかった現状)
最悪、30日にどこにも診て貰えないという事態になると大変なので
結局は木曜日から土曜日まで
がっつり給餌をしてもらうべく
入院になりました。予定では2泊3日になります。

しかし、この食べなさぶり・・・
給餌をしてもすぐに体重は減ってしまう。
うんPは出るけど、吸収が出来ないのではないか?という現実。
もしかして、給餌してもご飯が躰の中を通っているだけかも?という疑問。

胃に問題はあるのはわかっていますが
体力も落ち、もしかしたら多臓器が機能低下している可能性・・・

悪い事ばかりが頭をよぎります。

先生は、どう進んでいくのかはわからない、と・・・

なら希望があるなら給餌をしばらく続けて
お腹が空にならない様にするしか・・・

長期入院という手ではなく
自宅看護をして給餌に通うという選択になりました。
というか、長期入院の話は出なかったのですが。

お薬と、給餌でどこまでいけるか・・・

正直1日何度も外に連れ出すのはリスクがあると思います。
その間、食べ始めてくれれば終了できますが・・・・
凄く怖い事だと思います。
しかも電車なのでもろ外に出るし・・・

明日、ごえのお迎えに行った時に
ごえの体調によってはまた判断が求められると思います。

あの体重、あの体格は看ていて辛いものがあります。
竜骨はすでに外からみても出っ張っていて
筋肉は落ち、そのうはぺったんこ。
その躰で飛ぶのだから見ている母は正気ではいられない状態です。

もう、一人の時はこみ上げたら思いっきり声を出して
泣くことにしまいした。
泣かないと耐えてるとおかしくなりそうです。
さすがに28日病院に飛び込んだ時は始終泣いてましたが・・・

ちゃんとした判断が出来なくなったら
頑張って生きてくれているごえに申し訳ない。
だから、まだ正しい判断が出来るようにしっかりしないと。

昨夜、今夜と病院からの緊急連絡はありません。

ただそれだけが今は救いです。

どうか、どうか・・・

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月26日 (月)

ごえちん 看護5日目~初心者看護母は不安だらけ~

ごえははであります。

看護生活も5日目になります(退院日を1日目と数えて)。

正直こんなに自宅看護がキツイものだとは
思っていなかったです。

201211245

水槽内のごえ。プラケの蓋を外して
ちょっとすっきり。
ご飯を取り替えたり、捕獲するときも
ちょっと便利になりました。

201211236

ごえちんですが、
正直元気になった訳ではありません。

1日のほとんどは寝て過ごしています。

201211238

体重は前後はあるのですが
だいたい23gちょい。
1度22.5gまで落ちてしまったのですが
なんとか持ち直しました。

まぁまだまだ足りないのですが。

こんな姿はめったに見られません。

こうやって見るとそんなに具合悪そうには見えないのですがね。

でもやせっポッチになってしまいましたね。

201211239

こういう姿が見られるのは
比較的夜遅くです。

それでもカメラを向けたらこうやってピッと立ってくれてる時もあります。

この写真は午後6時位のものです。

2012112310

看護が始まったばかりの時は
食べている時以外は不安と緊張の連続でした。
今でももちろん不安だし、緊張状態は続いています。

それでも、何となくですが
じーっとして動いていない時も
その時の感じで
「あ~今はちょっとだるいのかな」
「今はお腹痛そうだな~・・・」
と感じる事も出来ます、まぁ本当の所はごえにしかわかりませんが。

じーっとしている時間で
フラフラしている時があります。
頭がだんだんうなだれてきたり
頭を前後左右に不規則に動かしてみたり。
そういう時が一番怖いです。

そのまま崩れてしまうのではないかと
気が気じゃありません。

201211243

こういう状態になるのは
比較的お昼近くから午後、または早めの夜にかけて。

時々、ものすごく膨らんだりします。

始めは寒いのかなって思ったのですが
5分もしたらシュッとなるんですよね。

温度はだいたい33度位。
その時に応じて35度位まで上げますが
そこまであげるとちょっと暑そうにしています。

その膨らんだり、シュッとなったりの様子を見ていると
なんとなく、
膨らんだ時に痛いのかなって感じるようになりました。

201211244

こういう時間はだいたい1日に5~6時間あります。
連続でです。
こういう時は食べないし、飲まない。
羽とか触られたら嫌な所を触っても知らんぷりです。
そうとうキツイのだろうと予測します。

201211251

こういう時間が過ぎるとパクパクと食べだすのですが
そういう時に上の様なこげ茶のうんPが出始めます。

出血です。

こういうサイクルでこげ茶うんPが出る前の
動かない時間は痛みに耐えていると思ったのです。

こげ茶うんPはずっと出てる訳ではありません。

だいたい、夜中から朝方にかけて数個でます。

朝方になると

201211235

上の様な緑のうんPに戻ります。

日中はこういう緑のうんPがほとんどです。

食べている量が少ない為か
見た目ジェル状?というか、うんPの実が少ないというか。
薄いうんPというか?

ご飯は給餌を数回行ってみましたが
どうしても保定で嫌がるごえを捕まえる事が大変で
給餌自体はお顔を汚すだけで余り入れられないと気づき
出来るだけ自分で食べてもらえるように
ご飯入れに指を入れてグルグル回してみたり
ペレットは口元まで容器を近づけてみたり、
オーツ麦もペレットも
食べきらなくても、どんどん交換して
新しいご飯を与えるようにしています。
少しは気が引けるので、そうしたら食べてくれたりします。

ご飯をちゃんとした量食べてくれないのと
お薬水はまずいのでしょう、お水入れからはほとんど減らない。
具合が悪そうにしている時のフラフラした感じ。

201211261

それで先生に聞くまえの見切り発車的だったんですが、
ごえの大好きな「大好きん」。
これは乳酸菌のサプリ的おやつですが
小さい粒なので少しなら・・・と与えてみたら
余程、今食べてる物では満足いかないんでしょうね。
これを見せると
このフィルムケースの様な容器に両足をかけて
頭全部つっこんで食べてくれます。

なので食べるきっかけ、保定した後のご褒美的に
少しだけ与える事にしました。

それと「OS-1」。
これは以前、お友達のブログで見た物だったのですが
OS-1は電解質とブドウ糖が少しの飲料なので
試してみてもいいのではないか?と思い立ち
昨夜の晩から少しだけ与えてみました。

すると、劇的な変化ではありませんが
うんPの数が増えてきました。
ごえは閉塞してはマズイのでうんPはチェックしないといけません。
出てないとヤバいんですね。
昨日はトータル17個程でしたが
今日はすでに22個。ちょっと流れが良くなったのかも。

この事は今日病院に確認の電話をして
「大好きん」も「OS-1」も
1日に数回なら大丈夫だろうと言われたので
少しだけでもごえの好きな物を飲み食べさせてみようと思っています。


201211252

先ほども書きましたが
こげ茶うんP。出血している時のPです。
お薬水には止血剤が含まれているので
これを飲まない事にはお薬を置いていても意味がなく
どうにか飲ませようと気を引こうとしたのですが
やはりおいしくないんでしょう。無視されます。

201211253

そこで、これもお友達からのアドバイスで
スポイトで数滴、
体重測定時に保定した時
与える様にしました。

この事も先生に相談したのですが
そうするとお薬水を数滴飲ませるだけでは
お薬の濃度が薄くなってしまうので
30mlに溶かす粉末を2mlで溶かして
1日4滴程与えればいいとアドバイスを頂き
どうにか止血剤が効くように変更することにしました。

これでお薬が効かず、出血が続くようなら
病院に行って止血剤のお注射を打つ事になります。


201211254

なんとか、お薬が効いてくれるといいのですが。

201211255

昨日、OS-1を少し飲ませた事で
多少は水分補給が出来たのか
今朝は今まで下がり気味だった体調も
少しよくなったように見えました。
朝からご飯をちゃんと食べてくれています。

201211262

時々、こんなお顔もみせますが・・・

先ほど、お昼の体重測定の時に
先生にアドバイス頂いた濃いお薬水を
スポイトで与えてみたところ

201211263

こんなお顔になってしまいました・・・orz

今までは薄いお薬だったのでなんとかなってましたが
濃く溶かすと結構凄い色でして、
こげ茶なんですよね~・・・
なので乾く前は黄色の羽色が赤くなりますΣ(`0´*)

P1001846

お口からはみ出たお薬がこんな事に・・・

大変なお顔ですぅ><

拭いてあげたのですが拭ききれてなくて
先ほどやって許してくれたので
ちょっとほぐしてあげました(苦笑)。

これを続ける事で
お水をもっと沢山飲んでもらえれば
もしかしたら、フラフラしていたのが
水分補給出来て多少は良くなるかもしれないのにな。
まだ気づいていないみたいです←真水。

なんとかこの数日の事をまとめようと思ったのですが
残念ながらチンプンカンプンになってしまいましたsweat01

まぁ、2人で頑張っています!

最近茶々がめちゃくちゃ甘えてくるので
(淋しいのか?)
左手でごえにご飯を与えつつ
右手で茶々をなでる日々です(笑)

いつかベッドで寝れる様になったら
その時はごえが回復している時。
きっとケージに戻る日がくると信じて
自宅看護は続きます。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月23日 (金)

ごえちん 退院 ~看護はじめました~

ごえははであります。

皆様には本当にご心配をおかけしております。

タイトル通り、
昨日11月22日、15時頃、
ごえちん、退院しました。

といっても、完全回復の退院ではありません。
ご承知の通りです。

ある意味、病院でやる事と、家でやれる事の差が
縮まったと言う感じでしょうか。

それでも退院時はごえの体重は23g

先生に退院前の給餌をしてもらって23.5g

とても連れて帰るなんて尋常ではないとも思いますが。
あたしが出来る事ならそばにいたいという思いもありました。

1週間後に診察する予約を入れ、
先生に食べ物について、お薬について
吐いた時について、給餌について、と
お話を聞いて帰ってきました。

約1か月、入院していました。
入院生活26日。それでも完全に回復せず
連れ帰ってくるとは
当初も思ってもいなかった事でした。

でも、ここまでの経緯から
ごえがどれだけ頑張っているか分かっているので
あたしはそのサポートを精一杯するしかありません。

201211221

病院から出してもらった
ごえのご飯とお薬。
フォーミュラAAは給餌用のご飯ですが
粉のままでも食べるならもちろんOKです。
ラウディブッシュのハイエネルギーは粉にして与えます。
左下のが病院で粉にしたものです。
お薬は1週間分、飲み水に溶かすタイプで1日2回に分けて。
朝作ったのを夕方変えてあげます。
シリンジは給餌が必要な時に使います。パウダーはAAです。

入院費ですが、だいたい14万位でした。
病院によって違うと思いますが、参考になさってください。

201211222

帰ってきてまもなくのごえちん。

なかなかうまくいかなかった保温室も
どうにかなりました。

201211223

水槽の中にヒーター2個、プラケを入れての保温になりました。

201211224

病院で使っていた止まり木や低めのご飯入れ、
病院からもらったごえがお気に入りにしていた
ちいさい計量カップをいれて
自宅看護の始まりです。

201211227

帰ってきてすぐはちょこちょこと動き回っていたのですが
夕方からしばらく
隅でこうやってじーっとしている時間が過ぎました。
止まり木にも止まらず、若干俯いてる感じで
目を開けたり閉じたりしてました。

その後、22時頃からパッと起きて
オーツ麦を剥き食べ始めてくれました。

夕べは温度の管理も心配でしたし
ご飯をちゃんと食べてくれるのかも心配だったので
ずっとついていました。

夜中にこんな場面もあったんですよ。

携帯の方

お気に入りの計量カップでオーツ麦を食べる場面です。

朝までこんな風に食べては少し寝て、食べては寝てを繰り返し
意外と食べてくれたなって思っていました。

今朝、かかりつけのT先生が
わざわざ電話をくれて、様子を聞いてきましたが
夜は食べていたし、たまぁにじっとしてますが
動いてもいますと答えたのですが、
その時はまだ、ごえの体重を量る前でした。

今朝の体重

22.5g

昨日から1g減です。
帰宅して1g減・・・
食べていたと思っていたのに
結局は身になっていない。
昨夜はAAを給餌したのですが
やはりシリンジでの給餌は上手に出来なくて
ごえも掴まれているのが嫌で暴れてしまったので
余計な体力も使わせてしまったんだと思います。

201211232

その後、今日の午前はずっとこんな感じ。

201211233

隅っこでじーっとしてました。

昼過ぎ位から、昨夜の様にまたパッと起きだして
ご飯をつつき始めたので少しほっとしたのですが
昨日の様にオーツ麦も食べているようで
身になっていないという事態は少しでも回避したくて
ちょっと工夫をしてみました。

201211234

右→病院でもらった粉にしたペレット
左→あたしがすり鉢で砕いたペレット
下→粟

粉だとどうしても食べてくれないペレット。
オーツ麦もいいのですが
やはりこれしか食べさせられないのなら
ペレットの方が総合的に栄養価があるので
こちらも多く食べさせたい。

そこでシードの粒ではダメだけれども
粉は食べないので間をとって
荒目の粉にしてみたのです。(左)

そうしたら、少しプチプチとするのがいいのか
沢山ではないですが食べ始めてくれました。
AAはもともとが粉なのでオーツ麦にまぶして
少しでも口に入れば、といった感じで与え始めました。

その後、夕方前の体重は

23.3g

少しだけ増えてくれましたが、
落ちるのはあっという間なのに増えるのにこんなに時間がかかるとは
もう少しだけ身になって欲しい。

それでもこの後体重は落ちるかもしれない。
まったく油断が出来ません。

四六時中看ていられるのは安心なようで
実は絶対サインを見逃せない。
そう思うとかなり気を張っていないと
今のごえを看る事は出来ないかと思います。

少しの事でも疑問になったり
自分がしてる事がわからなくなったり・・・
まる1日だけでも不安でどうにかなりそうです。

でも出来るなら、今の状態を維持するだけでも
1週間は安静にさせて看たい。
通院の時に、今と変わらずでもいいから
体調を崩すような事がないように、と思ってます。
もちろん、体重が増えてくれれば良いのですが
今は落とさない事の方が重要かと思います。

そんな状態で今は分刻みで看護している状況です。

みなさんには沢山応援してもらって
沢山励ましてもらって
本当に感謝します。

その思いを胸に全力で頑張ります。

今はなかなか集中してこちらもUP出来ないかもしれないです。
日々の事はお知らせしたいと思っていますが
コメント欄は閉じさせて頂きますね。

まずは1週間。あと6日。頑張ります。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月21日 (水)

ごえちん 入院25日目~セカンドオピニオン~

ごえははであります。

何だかバタバタしております(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

ブログも2度程手抜きでした人( ̄ω ̄;) スマヌ

今日は昨日、入院24日目と
今日、入院25日目のまとめにしますsweat01

201211201

昨日のごえちん。
このちっさい計量カップがお気に入りになったそうです。

ごえちん 入院24日目

強制給餌はなしで自力で少し食べているそうで
2日連チャンです。
吐かないだけでも安心です。

体重

23.5g

うんPには相変わらず菌ちゃんがいるらしく
もうこれは体調を崩しているのが原因かと。

先生がある手段として始めた事があり
それはメガバク撲滅のお注射。

ごえは今まで一度もメガバクにひっかかった事はないのですが
胃の症状がメガバク感染時の症状に似ていると言う事で
飲ませるお薬ではなく
短期間で撲滅可能な(?)お注射を始めたそう。

まれに排菌されず菌が胃に残っていることもあるそう。

または過去に菌はいたけれども発症せず、
大人になってから発症すると
メガバク菌がいなくても胃などに症状が残る事もあるそうで。

だいたい5日のお注射でキレイに菌がいなくなるというお注射を
補液と一緒に打つ治療を始めたそうです。

メガバクではないだろうと言う話でしたが
少しでも何か変化がないかという
手さぐり状態なのでしょうね。
このお注射は痛いそうで(涙)
でも効くと菌はいなくなるし、体に悪いものではないからとおっしゃってました。

そして、以前は全く食べなかった
ラウディブッシュのペレットを少し食べるようになったそうです。
(うちではケイティを与えていた、過去に試したがラウディは食べなかった)

そしてこの時点で
セカンドオピニオンを頼んでいた病院の話になり
この日20日はその病院(A病院(仮))が休診で電話がつながらない為
先生(M先生)にメールを打っておきましたと言っていました。
メールがちゃんと届いているといいのですが・・・とも(苦笑)。

そしてその日は21日に退院をさせますと言って
帰宅しました。

201211202

久々のおちり。キレイです。

そしてその日の夜。
先生から電話が来ました。(かかりつけのB病院のT先生(仮))
先日の様に驚く事はなかったのですが
T先生、まずは「ごえちゃんは大丈夫ですよ」と言ってくれました^^。

そして内容がセカンドオピニオンの話でした。

あたしは「あ~M先生と連絡が取れたという知らせかな?」と思っていたのですが
なんとメールを見たM先生が直接B病院へ来てくれたそうです!

これにはT先生も驚いたそうで。

あたしもびっくりですw(゚o゚)w

そして、受診という名のセカンドオピニオンではなく
先生同士でごえについて相談する場になったそうです!

M先生のご厚意、感謝しきれないほどです(涙)・・・

M先生は結局のところごえちんに面会したのですが
ごえをみて

「具合悪そうですね~・・・触らない方がいいかな?」といって
触診はしなかったそうです。
きっと診察という名目ではないというのもあったのかも?
更にごえの今の体重を聞いて
「しょえ~~~!」と言ってたそうです(とT先生が教えてくれた(笑))

まぁ普通ありえない体重ですものね。
どうも、先生もあたしもちょっと慣れてた感がありましたね。
ごえ自身、体重が減って細マッチョな筋肉も多少落ちてはいるものの
痩せてガリガリではないので
まだ大丈夫と思ってたそうです(T先生が)。

そして、M先生が来てくれたお蔭で
カルテやレントゲン写真をまるまる見て貰えたそうです。

201211203

お疲れなの?背寝です・・・

いよいよM先生の意見です。

まずは一番怪しいと言われていた胃癌。
これは「まずないでしょう」だそうです!
胃の横にあるまるい物は
↓ピンクの2の所です。

20121115
2012.11.15 夜に撮影

胃癌ならこうやって塊になって写る事はあまりないらしいです。

ならこの塊ななにか?
M先生の経験では胃潰瘍、または胃穿孔が過去に起きて塞がった時に似ているそうです。
又は膿瘍が現在進行形で出来ているか、どちらか。
ただお腹の中がキレイに写っているので
腹膜炎等は起こしていないだろう、という事でした。

このレントゲンではこのピンクの2よりも
黄色の1の方が異常だそうです。

T先生は何故写らないのかわからないという診断でしたが
M先生はこれはおそらく異物誤飲だろう、と言ってたそうです。

異物・・・もうこれは完全にあたしの管理ミスです・・・・orz

腺胃が白くハッキリと写っているのに対して
胃間は見えず
筋胃はぼやっと写ってます。
腺胃に濃くバリウムが残っているのはおかしいかな、と。

M先生の見てきた症例では
布類の繊維が胃に詰まっている場合
バリウムだけは流れて異物は残っている可能性がある、
流れを障害する何かがあるのではないか?と思う。そうです。

そこがつまらない様なご飯を食べてもらって
すごく運が良ければ吐きだす事はあるけれど
自分で吐かないとアプローチのしようがないと。

なので食べさせる物はシードを砕いた物とか
オーツ麦など。
ペレットを砕いた物が良く
水を沢山飲んでもらうと良いらしいです。

今までの食べ始めては吐くというごえの行為は
シード類の粒を食べていると
それが刺激になり、痛みで吐いてたのかも?
吐いて、しばらくして刺激がなくなりまた食べて
そして痛みで吐く。その繰り返しだったのかも?と。
食べた物も結局身にならず体重が増えないのも
ちゃんと全部が胃腸を通ってないのが原因かも。

なるほどです。

お薬ですが、今までのお薬を
お薬水ではなく、経口直接投与にして
お水は真水をあげたらどうかな。という提案がありました。

そのお薬ですが、
胃に異物がつまっていて荒れている場合
今まで通りの胃のお薬(痛み止めや消化薬、胃粘膜保護など)を
そのまま続けても良いと思う、だそうです。
ただ、ビタミンはしみるかもしれないので
ビタミン剤を抜いて(ネクトンSも含む)いくのも
やってみる事のひとつになるかも。との事でした。

ただ、M先生なら
今与えている抗生剤は吐き気を強くするかもしれないので
使用しないだろうと言っていたそうです。

尚、アガリクスについては抗がん剤として服用してましたので
必要ないと思われるが
あれ自体が健康食品なので(免疫効果などもある)
どちらでもいいかも。とのことです。

そしてこの異物誤飲ですが
試験的開腹手術もあるけれど
現実的ではないらしく
開けても膿瘍だったり穿孔だったりして
出血で危ない状態になる可能性があるとの事でした。

要するに、食べ物でごえ自身が吐くなりうんPで出すなりしないと
出てこないので
なら、食べ物で刺激せず、つまらせない様に
パウダー状のご飯を与えつつ水を沢山飲ませるというのが
出来る事だと。

P1001775

2012.11.21 食べる時だけ動く感じ。

M先生の意見をうけてT先生のこれからの治療ですが
布類の繊維等ならそれを流す為に
流動パラフィンを与えてみる方法を少しやってみて
運が良ければそれで少しは下に降りていくかもしれない。
ただ、この流動パラフィンは与え続けると胃腸障害を起こす可能性があるので
与え続ける事はしない。

また、食べ物ですが
今少しペレットを食べたりしている事から
細かくしたペレットと
強制給餌の時に溶いて与えていた
パウダーフードを食べさせていこうという考えでした。
シードよりもペレットの方が全体的な栄養はカバーしている筈なので
食べてくれるならシードを砕いた物よりも
食べて栄養になるペレットの方がいいですよね。
あと、オーツ麦も中の粉を食べるので大丈夫らしいです。
でも、ごえは食べ物をちらつかせたり
水を1滴口元に持っていったりと
気分的な刺激を与えると食べたり飲んだりをしだす傾向があるので
大好きな粟穂はかかせないかな~と言っていました。

お薬の件ですが、大体の胃腸のお薬は続行でOKだけど
抗生剤は実際うんPから菌ちゃんが出ているので
今は外せないかな~と言ってました。

あと、メガバクに効くお注射も
打ち始めたので3回は打っておきたいと言う事でした。
これは入院が続けば5回は続くのかもしれません。

今のごえの状態ですが、
完全につまってしまって閉塞したら
出血、食べ物が下におりて行かない為
吐いたり、うんPが全くでない、通過が止まるといった症状が出る為
今は細いながらもまだ繋がっているので
食生活を変える事で吐きだすのを待ちつつ
つまらせない様にするというのが大事だそうです。

また、繊維ではなく、固形物だった場合ですが
筋胃まで行ってくれれば砕いてしまうので
うんPで出てくる事もあるそうです。
布などの繊維がつぶれなく、砕けなく
絡まったらなかなか体外に排出するのは難しいみたいです。

癌ではない可能が高まったものの
異物誤飲か。と、楽天的な結果だったわけではなかったですが、
セカンドオピニオン(受診はしてないが)として意見を伺えたのは
本当に良かったと思います。

結局は確定的な結論が出たわけでもないけれども
これからの治療や気を付ける事などが変わったので
これは前進だと思います。

セカンドオピニオンを考えた時に
少しでも役に立ったらとも思います。

P1001776

今日のごえちん。

面会に行くとご飯は様変わりしており
ペレットの砕いた物の中にオーツ麦が入っているご飯入れと
気に入った容器に入っているペレット。
撒き餌もシードはなくなっていました。

それでもペレットを食べてくれているので
ちょっと安心です。

体重は

24g

ほんの少しだけですが増えました。

このまま少しずつ体力がついて
食べ物もペレットの粉を食べる事で
吐く等の余計な行為がなくなれば
そのうち
小さいケージ、普通のケージになる事もあり得るし
体力が付くことで
今の高温の保温もだんだん温度は下がってくるだろうと
今日みて下さった先生はいっていました。
(T先生お休み)

本当なら今日退院させる予定だったのですが
前回の記事でちょっと載せたように
保温室の具合が悪かった為に
退院は先送りになっています。

今、異臭の方は原因だろう物を取り除いた事で
感じなくなり
(といっても鼻についているので完全かは正直不安だが)
水槽の使い方も中にプラケを入れる2重構造にする事で
温度をあげていく方法を試みる起動実験を行っていますが
1枚隔てる事でやはりプラケ内の温度はなかなかあがりません。
起動から3時間。35度でうろうろしています。
前回の扉になる壁が1枚無い為
水槽の使い方は普通に天井のない箱になっています。
その上にプラスチックの板を載せていますが
やはり暖気は上にいくのでしょう、どうも抜けているようです。
困ったな・・・
線が出ているので完全に密閉は出来ないだろうから
上の蓋にブランケットを乗せるとか、ビニール袋をかぶせてみるとか
しないとダメかもしれないです(涙)。

めちゃめちゃ長くなってしまいました。
ここまで読んで下さったみなさま
お疲れ様でしたsweat01
実際あたしもまとめながら書いていたため
文章が読みにくい物になっているかもしれません。
ついでに考えすぎて途中で寝ちゃいましたしsweat01
今日、先生に
「倒れますよ~sweat01」って言われちゃいました・・・
倒れる訳にはいかないので踏ん張らないと!


っていうか温度上がれ~~~up

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

起動実験中2

ごえははであります・・・

P1001774


昨日頑張って温度を上げ続けて

扉を開けてみると

クサイ・・・

これ使えないかも・・・

何の臭いなのかわからない・・・

ショック・・・

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

起動実験中

ごえははであります。

看護に向けての準備中。

P1001773


38度の壁が破れない・・・

この後、ブランケットを被せてみる。

40wヒーター2個。
1個はアサヒのサーモスタット
1個はGEXのサーモスタットに接続

35度を超えるとGEXが切れてしまうので
作動するのはヒーター1個
40wでは弱いか。

ガラス水槽に扉はアクリル板にて作成。
(ごえちち作、左側は固定、右側だけスライド式、ヒーターの設置に苦労sweat02
あたしの希望だったが失敗sweat01
ヒーターはステンレスラック内に設置(登る様ならこの案は却下、多少熱くなってるので注意)。
ヒーターの左にコップに入れた水を設置(乾燥対策)。

コメントのお返しが出来ずに申し訳ありません。
ちょっとバタバタしていまして。

みなさん気にしてくださっている
セカンドオピニオンについても記載したのですが
明日に持ち越します。

体調が悪くなければ
ごえ、明日退院予定です。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月19日 (月)

ごえちん 入院23日目~人間達は急展開~

ごえははであります。

いつも見守って頂いてありがとうございます。

今日もごえはちゃんと頑張ってくれてました!

P1001765

ごえの様子ですが、この写真はちょっとお疲れ顔ですね。

少しだけですが、ちょこちょこ動いてもくれてました。

昨日から今日にかけては

吐かずにいてくれて
給餌もしてないそうです。

そう、昨日の朝以来、自力で食べだしました!

うんPも少し濃いのが出た時もあったらしいのですが
そのすぐ後には正常うんPが出たそうです。
ここらはちょっと心配な所ではあります。

食べてくれているなら気になる体重は?

23g~24g

微妙に揺れているみたいですが
24gまでは増えたみたいです!

良かった!

P1001766

ちょっと俯いててお疲れかな?

さて、今日はタイトルの様に
ごえではなく、人間の方に急展開が起きました。

母はずっと考えていたセカンドオピニオンについて
院長先生に言う事にしました。

黙って退院してごえを診察させるという手もあったのですが
あまり移動させたくないという思いから
どうにか今のごえの
カルテをレントゲン写真を貸して貰えないか?と思ったからです。

もしかしたらセカンドオピニオンに行く病院で
ごえを直接診ないとダメだと言われるかもしれませんが
取り敢えず意見だけでも、と思って。

先生には正直に思っていた事をお話ししました。

もちろんいい気分ではなかったでしょうが
ちゃんと聞いてくれました。

そこで、どこの病院へ行くんですか?と聞かれたので
実はまだ決まっていないのですが、と
検討していた数件の病院をあげてみました。

すると、その中に同県の病院があったのですが
そこならレントゲン写真をお貸ししてもいいですよ、と言って下さいました。

先生同士が知り合いだったんです。

それで、それならそこの病院へ行く事にするので
レントゲン写真を貸して下さい!とお願いしました。
ただ、カルテは貸出出来ないので診断書という形で書いてもらう事になりました。

その後は
今後、連れ帰った時の看病についてのお話をしました。
看護ケースについて(病院の物ではなく)
先生が過去にしていた自作出来る方法(水槽などを使って)や
高温の保温状態を保つコツ、
乾燥するので湿度をあげるコツ等。
いろいろとアドバイスを頂きました。

後はもしかしての応急処置の為に
パウダーフードを処方?して貰うようお願いもしました。
強制給餌としてそのうに入れる技術は持ちませんが
食べなくなった時にオロオロしても仕方ないので
入院中にも行ったという
シリンジで少しずつ与えるという事が出来るように
市販ではなく、今病院で使っているパウダーフードを買わせてもらう事もお願いしました。

少しずつですが、退院に向けての準備が進んでいます。

あたしも自宅で
ごえをちゃんと看られる様に場所を作り
看護ケースに使う細かい物や
退院時に使う湯たんぽなどを購入して
明日にでも起動実験が出来るように準備していました。

すると、夜22時頃に携帯に病院から電話が!

間に合わなかったのか?!と心臓が止まりそうに。

何かあったらすぐに携帯に連絡をとお願いしていたので。

すると慌てて出たあたしに先生は
「驚かせてしまってごめんなさい、ごえちゃんは大丈夫ですよ」と。

良かった~、でも何故今電話を?

すると先生が、今日お話ししたセカンドオピニオンについてお話したいと。

まずかったのかな、って一瞬思ったのですが
先生の口から出た言葉は余りに意外で。

先生曰く
「今日のお話で他の病院で意見を聞くという事だったのですが、
本来なら獣医である自分が話をするべきではないかと思い
社長に相談したのです」

「すると社長は、「行こうか」と言ってくれたので
病院側でセカンドオピニオンに行こうとごえははさんが言っていた病院へ予約を入れ
獣医師と社長で意見を聞いてきたいのですが」

あたしは驚いてしまって、
そんな大事になってしまったのか?
社長さんまで巻き込んだのか?
セカンド~で獣医さんが直接出向くなんて聞いた事がない・・・

「ごえははさんが、今までの経緯を診断書と共にお話しするのもいいと思うのですが
獣医師同士なら、カルテと共に分かりにくいであろう専門的な話でも意見を聞けるかと思うのですが、どうでしょうか?」

と。

取り敢えずは医者同士の話し合いという事ではなく
ちゃんと予約を取り、診察として先生達が正式に意見を聞きにいくと言う事らしいです。

そして、こういう機会はこちらに取ってもなかなかないので
ごえははが良ければ行かせて欲しいと。

まさかの急展開です。

先生達の間でどう話し合われるのかはわかりませんが
(まずはあたしは抜きです、何か今まで言えなかった事があったら一緒にとも言われましたが)
他病院の先生達がごえの事を話し合ってくれるなんて事は
そうそうないと思うんです。

もちろん、その時の診察代というのは
こちらに請求してもらう事になってます。
あくまで診察としてあたしの代わりに受診してもらうと言う事ですので。

でも、あたしが良くわからない中で話すよりも
ちゃんとわかっている獣医師の話の方が
きっと今のごえの事を伝えられると思います。

きっと、この事が良い方向へ向かわせてくれると思うのです。

いろいろとイライラしたり
上手くいかなかったり
泣いたり、悩んだり、
それを先生に詰め寄ってしまったり
そんな事をしたごえははですが
こうしてごえの事を真剣に考えてくれてるのが
何より嬉しい事です。
助けたいと思ってくれているのがひしひしと伝わってきます。

ごえの退院はこの事でどう変わるかわかりませんが
(もしかしたら今の病院からセカンド~へ行くかもですし)
でも確実に前進したと思います。

諦めなくてよかった。
食い下がってよかった。

結果はわかりませんが、
もしかして同じ結論に達するかもしれませんが
それでもやれる事はしたい。
その思いがこうして一歩進むきっかけになったのかもしれません。

みなさんが勇気をくれて
励ましてくれたお蔭で
あたしもこうやってまた道を開くことが出来ました。

本当にありがとうございました。

そして、もう少し
頑張っているごえちんを
見守って下さい!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月18日 (日)

ごえちん 入院22日目~少しずつ~

ごえははであります。

みなさまにはご心配をおかけしています。

ごえちんですが、頑張ってくれています!

P1001763

昨日は結局3回の強制給餌を行ったそうです。

今日は朝に1回。その後は少しずつですが
食べてくれるようになりました。

体重も昨日の22.5gから

23.5g

と、少しですが増えてくれました。

本来ならまだまだ増えて欲しいところですが
このまま吐かずに強制給餌なしで食べられる様になったら
お家に連れて帰るつもりです。

それは前向きな決断です。

先生とのお話も
今では

吐いていないか
強制給餌はしているか
自力で食べてくれているか
体重は何gになったか

そんな話くらいしかしなくなりました。

そして、今まで22日間の入院代などの計算も
してもらい始めました。

あたしに出来る事は
今はお迎えする準備をする事です。

保温室を用意して常に温度を管理できる様に。

難しい場合には看護ケースのレンタルもしてくれるそうなので借りるかもしれませんが。

もう少しでお家に帰れるよ。

ごえちん。

P1001764

今日の様子は
始めは少し動いてくれていて
キッチンペーパーをホリホリしたりしてました。
でもすぐ疲れてしまうのか
止まり木で目を閉じてじーっとしてました。

体力がないぶん、
温度の管理はかなり重要になりそうです。

頑張らないと。

ここで記録として
今、ごえが飲んでいるお薬を書いておきます。

*ビタミン剤 : ビタミンB群、ビタミンKを重点的に
*止血剤 : トラネキサム酸、カルバソクロム
*胃腸薬 : ガスモチン(胃腸活発、吐き気、嘔吐、食欲不振の改善)
        プリンぺラン(同上)
*抗生剤 : リンコマイシン(抗菌性抗生物質)
*消炎剤 : カルプロペン(消炎鎮痛剤)
*強肝剤 : ウルソデオキシコール
*抗ガン作用サプリメント : アガリクス

沢山飲んでますね。

これだけ飲んでるのに
やっぱり吐いてしまうのは辛いだろうと胸が痛みます。

でも、ごえは頑張って今日も生きてくれています。

ありがとう。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月17日 (土)

ごえちん 入院21日目~微かな希望と最悪と~

ごえははであります。

今日は寒かったですね。

雨も降りだすとの事で傘を持って面会です。

201211172

今日のごえはこんな感じでお出迎え。

やはりお疲れのお顔です。

先日の記事では元気そうに見えると
みなさまに言って頂いたのですが
今日は流石に・・・

201211171

面会時間、先生が来る前に撮ったうんPの写真です。

給餌色と濃い色のうんPさん。
数はすごい少なく。

201211173

15日の診察の時、
食べなくなって、強制給餌を再開したと書きました。

どうにか原因がわからないかと検討し
血液検査は体力的に無理だということで
レントゲンと撮る事になりました。

15日の夜にレントゲンを撮ったらしいのですが、
その1時間後に吐いてしまったそうです。

それから給餌食はすべて吐く状態。

すこしシードをつついても
全部吐きだしてしまう。

ついにそのうに直接入れる事が出来なくなり
シリンジでほんの少しずつ
食べさせることになったそうです。

今日は朝1度強制給餌をした後
吐かずに面会の時間まではもってくれたみたい。

動きも少しずつ戻ってきたと先生のお言葉。

201211174

ずっと調子が良くていい感じだったごえちん。

15日から調子を崩し、
16日は吐く。

そんな事になってしまい体重は

22.5g

こうやって立っていられる事が奇跡だと思ってしまう。

どれだけ頑張ってくれてるんだろう・・・

うんPも濃い色の物が見られましたが、
前日は黒色便で
再度の止血剤と今回は補液をお注射したそうです。

問題のレントゲンですが、
バリウムで造影してのレントゲン。

20121115

見にくいかもしれませんが。

腺胃はキレイに白く写っています。
前回のレントゲンでは大きくなっていると言われていたのですが
バリウムで見ると内径は通常だそうです。
それは筋胃も同じ。
胃壁が腫れているのかもしれません。

で、この写真でまだ問題がありました。

黄色1の矢印の所。
腺胃と筋胃の間にバリウムが写っていないのです。
ここはもちろんつながっています。
でも写っていない。
ここが異常。

もう1か所。
ピンクで半円を描いている2の矢印の所。
これは見にくいかと思いますが。
筋胃の右に大きい出来物がみえます。
胃の1/5位の大きさでしょうか。
これは前回のレントゲンでは見られなかったものです。

黄色1の所は胃と胃の間が狭窄して写らなかったと思われます。
ピンク2の所は先生もなんだかわからないそうです。
初めてみたそうです。

狭窄の原因も、出来物も写った(写らない)けど
理由はわかりません。

出来物が腫瘍だった場合に効くかもしれない
アガリスクの投与が追加で始まりました。

でも、本当にそうなのかもわかりません。

いろいろと話はしましたが、最終的に

「申し上げにくいのですが、開腹してみないとわかりません」

と、言われました。

その時点で手術はしないと決めていたので
お断りしました。

何故なら、麻酔や体力の低下等の問題も怖いのですが

「この出来物を開腹手術で取ったとしても
それは治療にはならない」

と、言われたから。

開腹してこれが何だか見ない場合は
アガリスクを飲ませる他は・・・と次の句がない。

ここで賛否両論あるとは思いますが
ごえの退院を決めました。

それは諦めではなく
微かな希望を持ったもの。
そして覚悟を持った最悪も視野に入れたこと。

201211175

帰る頃には少しずつ動きだし、羽繕いを始めたごえ。

この子が今22g程しかないとは・・・

そして、ここではもう手がないとは・・・

微かな希望というのはセカンドオピニオンです。

もちろん今すぐ退院させる訳ではありません。
ごえが給餌をせずとも
また自力で食べられる様になり
吐かない日が続いた場合に限りです。
吐いてしまって、給餌が必要なうちは
まだ入院させておきます。
今は今まで通りの胃腸のお薬各種、抗生剤、消炎剤
ビタミン剤、止血剤等のお薬に加え
アガリスクを飲ませつつ、少しの回復を待ちます。

動けるまでに(以前の体調が少し戻った位)なったら
連れて帰ってくる予定です。

その事は先生に承諾を得て、
先生もそれ以上は何もいいませんでした。

連れて帰った際に保温をしなければならないので
自作看護ケースを作る案を教えて頂いたのですが
(水槽と加工したアクリル板で看護ケースを作る)
その際に、今使っている看護ケースをレンタル出来る事を聞かされました。
一時帰宅という名目でだそうですが。

なので、退院が決まった時点ではレンタルするかもしれません。

具合が悪い(吐いたり食べなかったり)時は
高くて40度までの保温をしていたそうです。
そこまでしっかり保温してあげないと
すぐに膨らんで体力を使ってしまうので
かなり気を使わないといけません。

その辺りも考えないといけないです。

実際問題、連れ帰って大丈夫なのかはわかりません。
そのまま今の治療をし続ける方がいいのかもしれません。
家に帰ってきた途端、調子を崩すかもしれない。

でも、まだ少しでも希望があるなら
もし、この何だかわからない物体をどうにかしてくれるなら
それに賭けたい、そう思います。

そして、覚悟も決めないといけません。

まさか、ごえちちの言葉がこんなにすぐに
あたしの中で浮上するとは思いませんでした。
とてもショックです。

でも諦めません。

ごえの為にあたしが出来る事は
何でもしたい、そう思います。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月16日 (金)

ごえちん 入院19日目~退院させるぞ(`皿´)~

ごえははであります(´・ω・`)

入院19日目は昨日木曜日です。

今日は20日目になります。

昨日、ごえちちと面会に行ってきました。

ごえはまた
食べなくなっていました。

あんなに順調だったのに・・・

201211151

朝、強制給餌をして

やっと体重は

25g

その前、朝イチでは24.5gだったそうです。

201211152

ごえはちょっと動いたり
ちょっと楽しそうにもしてましたが。

せっかく調子が良さげだっただけに
食べなくなった、体重が減ったという事実はショックです。

201211153

どうしてなのか?

そんな事をまた先生に聞きまくり
根本をどうにか見つけられないか?
検査は出来ないか?と
話しをしていました。

その間、ごえちちはごえを見て、先生を見て。

結局、今の状態では今までと同じ、
食べさせなければいけないし
体力をつけなければいけない。
食べても身にならないのは
まだ理由はわからない。

血液検査は無理。

何か新しい発見があるかどうかは期待できないけれど
記録としてレントゲンを撮ってみましょうと。

前回のイオパークだと正直ハッキリはわからなかった。
なので体調をみてバリウムを試してみようかと。

201211154

そんな事しか出来なくて、でも自分じゃなにも出来なくて
帰り際、いつも知らんぷりするごえちんが
こちらをずっと見ている姿が切なくて。

病院を出た途端、ごえちちが
「もう、来週にでも退院させるべ、あのケースを買ってでも」と。

ごえちちには、
今の状態をどうにも出来ない葛藤を
何の手もない、どうしようもない、と
先生が匙を投げたと感じたらしいです。

もちろん退院なんかさせません。今は。
給餌が必要なのに無理です。

でも確かに今のままでは・・・

今後の事もいろいろ考えたいと思った
この2日間です。

みなさんにはご心配をおかけします。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月15日 (木)

しんのすけ 生誕4周年

ごえははであります。

今日はお☆さまになった
しんのすけのお誕生日。

2008年11月15日生まれ

2歳4か月と2日で
虹の橋へと飛んでいってしまいました。

もう1年半もたってしまったのですね。

Pb013115

今のPCの壁紙はしんです。

なんてキレイなお顔なんでしょうね。

今頃は自由に飛び回っていることでしょうね。

Pc043630

大好きだったごえちんと。

いつも一緒だったごえしん。

おっきいな~しんちゃん(笑)

元気いっぱいだったけど

多飲多尿に肥満に肝臓、腎臓と
いっぱい問題をかかえた子。

Img_3977

それでも
短い、あまりにも短かったけど
一生懸命生きていました。

Pb153333_2

いつもおいしそうにご飯を食べていたしんちゃん。

今もおいしいご飯沢山食べてるかな~?

母はいつもしんちゃんの事思ってるよconfident

我が家に来てくれた事を感謝してるよconfident

ごえちんと仲良くしてくれた事を感謝してるよconfident

だから見守っていてね。

ごえちんが元気になるように、虹の橋で見守っていてね。

大好きだよ、しんちゃんheart01

お誕生日おめでとうbirthday

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月14日 (水)

ごえちん 入院18日目~その時は近いかも?~

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

昨日はものすごく寒くて
こりゃー冬だな・・・なんて思ってましたが
今日はまた日差しが暖かく秋か?と
季節の変わり目を日々感じております。
でも朝晩はやはり冷えますねsweat02

さて、今日も面会に行って参りました。

最近は調子が良いのが続いているので
出かけるにも不安や心配で辛いという気持ちは
大分薄れてきました。

かすかな期待の方が大きくなって
元気なお顔を今日も見られるかな?と
気持ちの変化が出てきました。

201211141

おはよう!

・・・

相変わらずのクールなお出迎えですが、
今日もフライングでごえに逢う事が出来ました!
20分しか面会時間がないので
フライングの分だけ長く会う事が出来ます。嬉しいっheart02

201211142

昨日とはまた違うお顔です。

う~ん、写真じゃ同じに見えるかも?

昨日より元気に見えます、母の心の目でしょうか?

201211143

今日のごえちんの様子ですが、
今日も強制給餌なしで自力での食餌だそうです!

かれこれ、11日から3日間
給餌なしで自力で食べ続けてくれています。

おりこうしゃんですconfident

201211144

パタパタと動くことはまだないですが
それでもちょこちょこ移動したりして
昨日より体調は良さそう。

今日もちょこっと鳴いてくれたり、
ちょこっとあたしの方に来てくれたりcatface
本当に少しずつですが
元気なごえちんに近づいている気がします!

そんなごえちんの気になる体重ですが
今朝は

26g!

ふふふ、増えました~ヽ(´▽`)/

先生曰く、25~26gで彷徨う感じだそうですが
それでも落ちては来てないのが救いです。
やっとMINが安定してきたかな~
だといいな~・・・

では元気なごえちんを動画にて!

携帯の方はこちらからどうぞmovie

と、思ったのに、スマホを向けると動きが止まるのは
わざとでしょうか・・・il||li _| ̄|○ il||li

本当はもっと動いてくれてたんですよぉ~
飛んだり跳ねたりまではしませんが、
動いたらすぐ疲れちゃって目を閉じるとかはなくなりました。

201211145

って、写真にすると動く・・・

やはりわざとか・・・(笑)

こうやって動いているのも
かなりケース内の温度が高い為。
今日も37度でした。
やはりこれが2度位下がっても
動きは鈍るようです。
温度に関してはかなりシビアみたいです。
そこまでは回復していないということですね。

何人かの方に言われたことなのですが
数日間うんPの写真を載せたのを見て
尿酸が黄色いのでは?というご意見がありました。
あたしはどうもうんP自体の色や形はみてたのですが
尿酸まではちゃんと見てなくて
今日先生に確認しました(なのに今日のうんPの写真がない)。

確かに少し黄色いのは事実だそうです。
入院当初の処方では強肝剤が入っていたのですが
吐いたり、黒色便が出たりと
胃腸の方が深刻だったため
途中からそちらに重点をおいて強肝剤は抜いていたそうです。
換羽やなにかも重なり肝臓には負担がかかっているとは思いますが、
色々なお薬を投与すると
何が効いているのか判断が難しくなるため
そういう処方に変えたそうですが
今は胃腸の調子も落ち着いてきたようなので
強肝剤を追加で飲ませましょう、と言って下さりました。

ただ、尿酸の白い所は時間が経つと
黄色く変色することもあるそうで
実際、昨晩のうんPの尿酸は白かったそうです。
ちゃんと確認してくれていたのですね・・・
でも、あたしの言葉に心配ですもんね、追加しましょうね、と
安心のお言葉を頂きました。

いろいろと偏った知識を持って
先生に質問なり詰め寄るなりして
かなりやっかいな飼い主だと思われているだろうに
本当に先生やスタッフの方は良くしてくれます。
ありがたいです。

201211146

昨日の自宅看護の話を今日もしました。

昨日は院長先生との話だったのですが
今日は違う先生でした。
同じ様に、自力で食べられる様になってきて
動きも少し良くなってきているので
自宅に連れて帰って通院という選択肢もありますよ、
と言われました。

が、今日の先生はその後に
「でもこのケースは高いですよね~(汗)」と(笑)。

あれ、心の声が口から出てましたか?

実際、ここまで回復して給餌が必要なくなると
自宅に連れて帰りたいという飼い主さんは少なくないそうです。
自力でご飯が食べれるし、お薬もお水に溶かすタイプなので
温度管理と通院で治療を続けるのもアリかと思います。

例えこのケースがなくとも
いろいろ工夫は出来ますし(これは言いませんが)
そうしている方の方が多いでしょうし。

昨日からずっと考えてたんですよね。
相談もしつつ。
で、あたし的にはやはりもう少し入院させようと思いました。

本当にぐんぐんと良くなってくればもちろん連れて帰りますが
まだ増えてきたとはいえ、体重も25~6g。
普通なら病院に連れて行くレベルです。

それともう一つ。
自宅に連れ帰った場合、
今は(慣れてはきたものの)病院という環境の中
四六時中かまってもらえる訳ではなく
自由がきかない状態でおとなしくしていますが
これが家に帰ってきた途端
ケース(プラケとかでも)内で暴れるような気がするんです。
入院前のあの時の様に。
具合が悪くても鳥さんって飛びたいじゃないですか。
出たがって暴れられると療養にならない。
それも心配だったんです。

それで、思っている事をそのままお話しました。

先生は何度か連れて帰りますか?と
あたしに言っていましたが
それは、あたしがそう思ってますか?という
確認だったようで、
まだ、完全とは行かなくても
安心できる状態になってくれるまでは入院させたい、
せめて放鳥出来なくてもケージ内を動いて問題ない位の
体力はつけてから連れて帰りたいと伝えました。

たしかに入院代はバカになりませんがね。
連れて帰っても
あたしの管理がちゃんとしてないと
また体調を壊してしまうような気がして怖いのです。

それを伝えると先生は
「わかりました^^」と言って下さいました。

でも、心の中では看護ケースは無理でも
寒さに弱いであろうごえちんに
アクリルケースは買ってあげたいと
企んでいるのも事実なのであります、ははは。

それと、忘れがちだったのですが
この子の根本的な病気(があるかも)は
わかっていないんですよね。
こうして具合が良くなってきて体重も増えてきて
すっかり頭から抜けてしまいそうになってましたが、
酷い胃炎だったのか(それにしては吐くのが頻繁すぎますが)
それとも癌を持っているのか
はたまた違う病気なのか・・・

そういうのもお薬の効き具合や
体調が戻って無理がなければ各種検査など
やらなくちゃいけない事はあるのです。

そういうのも、ある程度出来る体調になったら
入院しているうちにしてしまいたい。
結果は後でも採血とかレントゲンとか
そういう検査に関わることをしてから
退院させた方がいいのかなって思うんです。
その度に通院するのでは
今の季節どうしてもリスクが高いですしあたしが怖い。

甘いかな~・・・

この調子で上向きになってくれたら
各種検査にも耐えられる様になるのは
そう遠くないと思っているのですが・・・

そんなお話をしているうちに
あっと言う間に20分が過ぎ
もう帰る時間。

さて、ごえちん、おかあしゃん行ってくるね。
お留しゅばんお願いね。


久々の言葉、お留しゅばん。もう大丈夫かな、って思って。

201211147

ごえも帰るっ!

おぉぉ~元気だhappy02
帰れないけど、こういう普通の姿が心にきます。

入院して18日、最初に思っていたより長い日々。
でもやはり入院させて良かった。
命を繋げられて本当に良かったと思う母なのでした。

きっと退院までもう少し。
もう少しだけ応援してて下さい!

頑張るぞ~punch

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月13日 (火)

ごえちん 入院17日目~鳴いたよ!~

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

昨日も元気なごえちんの姿をUPする事が出来て
とても嬉しいごえははです。

今日も期待して行って参りました!

ちょっと押し気味だった診察。
面会だからか、先生が前の患鳥さんを診察中に
ごえに逢わせてもらえました。

ご~え~~~♪

201211131

ほい。

ん?
昨日とはまた違ったお顔でのお出迎えです。

今日の位置はここらしい。

先生がいらっしゃる前にスタッフの方が
粟穂とかオーツ麦とかを手に乗せてあげると
乗ってきて食べてくれるんですよ~と
近況を教えてくれましたhappy01

ついでに洗う前の取り変えた止まり木を持ってきてくださって
こんなに良いうんPもしてますよ!と(笑)

あたしがいつもうんPの写真を撮っているのを見てたんですね~(恥)

でもそれはそれは良いうんPがてんこ盛りでしたgood

201211132

で、取り変えた止まり木にもこんな素敵なPがヽ(´▽`)/

まだまだ小さいですが、いい感じ?

大丈夫っぽい?どうでしょう?

201211133

先生が来るまでに写真を撮っていたのですが
昨日よりもちょっとだけお疲れ気味なお顔な気がします。

でも食べてるというし、うんPもいいし・・・

う~ん・・・気のせい?

201211134

角っちょから動きません。

なにやらちょっと背伸び気味でず~っとぼ~っとしてます。

いろいろ声をかけたのですが
反応は薄く、やっぱり元気ないのかな・・・と心配になったり。

お顔は小さい筆毛がチロチロ出てきているので
お疲れ顔に見えるのでしょうか。

指を動かしてみたり、声をかけたり
エアカキカキもどきをしてみたりと
アプローチしていたのですが・・・

201211135

母が移動しても角っちょから動く気配なし・・・

il||li _| ̄|○ il||li

お~いcrying

母はここだで~(。>0<。)

すると、ガタガタ、パタパタと
隣にいた先生が動く気配が?

そしたらどうですか!

201211136

待ってるΣ( ̄ロ ̄lll)!!!!

どうやらごえ的にはご飯を貰える先生を待っていたようでして(涙)。

なんとも切ないやら。

本題のごえの様子ですが、
昨日に引き続き、強制給餌なしで今日も自力で食餌をしてくれていた様です!

そのうが空になる事なく
ちゃんと食べれているようで本当に良かった!

ただ、やはり体重には反映されていなくて
今日の体重は

25g

何とも昨日より減ったんですよ・・・

昨日はMAXで25.5gだったのですがね。
ただ、24g台まで減ることはなかったようです。

ちょっとだけ底上げしてくれたのかな~

食べてはいてもまだ最低限なのかな・・・
量が食べられないのでしょうか・・・

今は食べ放題な状態だから
1日何g食べたかとかはわからないだろうし。

給餌がなくなったのは1歩前進ですが
思った様に右肩上がりにはならずに現状維持です。

そしてやはり温度には敏感らしく
まだ37度位でもワキワキしません。
それだけ普通の温度では体力温存は難しいのでしょうか。

そんな事を先生とお話ししている時に
多分待合室にいた鳥さんが鳴きだしたのですが
その時にごえが反応して鳴きはじめました!

携帯の方はこちらからmovie

何ともインコちゃんみたいな鳴き声ですヽ(´▽`)/
インコちゃんですが(^-^;
入院以来、他の鳥さんに反応して鳴くことがあるとは聞いていましたが、
ごえはは、実はここに来て初めて聞くごえの元気な鳴き声だったんです。
(前回のビャービャーというのを抜きにして)

あ~、それだけ元気になってきたんだ。
鳴けるだけの体力や他の事が気になる気力が出てきたんだと
今日もとても嬉しい出来事を持って帰ってくることが出来ました!

体重が増えないという問題はあるものの
日々少しずつでも良い意味で
変わっていくごえちんを見られるのは
本当に嬉しい。

ありがとう。

そして先生との会話でこういう話をされました。

ツイッターの方でつぶやいたので
そちらで読まれた方もいらっしゃるかと思いますが
看護ケースの話です。

9993083_3
 [More Style]飼鳥専用恒温保温ケースCURE

今まではどうしても強制給餌が必要だったので
入院という形をとってごえちんの治療をしてきましたが
ここのところ、自力で食餌が出来るようになり
体重も増えないけれども減りもしていない。

それで、このまま入院させておかずに
自宅療養といった形はどうだろう。

そういう話でした。

はっきりそうだとは言いませんでしたが、そういうニュアンス。

確かに給餌がない場合は退院して
通院で治療を行うという話は聞いた事がありましたが
まだギリギリの体重なので早いのでは?と思ったのですが。

先生曰く
今の状態なら、このまま入院費をかけるのと
看護ケースを買って自宅で様子をみるのとだと
ケースは保温にはとても適しているし
ひとつあったらずっと使えるので良いのでは?と。

確かにお薬はお薬水での投与だし
(給餌がないのでお水で飲ませている)
ご飯はいつものシードや粟穂などを食べてくれているし
温度の管理をしっかりして急変がなければ
自宅で看護してもいいのかもしれない。

そして、何より、
この看護ケースは正直欲しかった!
だってものすごく高性能!

でも・・・

悩める母なのです。

これの値段もありますが、家に連れて帰っていいものか。
大丈夫だと確信が持てるまで
入院させておいた方がいいのではないか?と。
絶対という事はないにしても、もう少し考えたい所です。

そろそろ現実的な事もちゃんと考えないといけない時期なのかもしれません。

もし回復して帰ってきても
これから寒い冬を迎えるのですから
かなりシビアに温度管理もしないといけないですしね。

ま、それは人間の話。

今はちょっとずつ回復に向かっているごえちんを応援するのみ!

今日は鳴き声が聞けた!
今度はどんな良い変化が見られるかな(* ̄ー ̄*)

やっと落ち着いてきたので
母の気持ちも良い方向に向いてます。

さすがに2週間程は毎日緊張状態にあったので
疲れとかあまり感じてなかったのですが
昨日辺りから、面会を終えて帰ってくると眠いです(苦笑)。
今日は帰宅後PCを立ち上げブログをUPしようとしたのですが
もう、なんというか・・・
首がもげそうなゾンビ状態というか(笑)
電車でうっかり居眠りして後頭部を窓にぶつけてしまったリーマンというか(笑)
可愛く言うとご飯を食べながら寝ちゃってる子供というか(笑)
まぁ、そういう感じで頭もグラングランになっちゃったので
諦めて昼寝しました(;´▽`A``

これがもうコテっと横になったらすぐに寝ちゃったようで
メールの着信音で目が覚めたのですが
寝ぼけてて
「ごえの面会に遅れる!!!」っと。

・・・・

1分位して「あ~帰ってきたんだった、テヘ♪」みたいな?

疲れてるんでしょうかね~(笑)

でもそれもきっともう少し。

大丈夫!
もうちょっとだけ、一緒に頑張ろうね!ごえちんheart02

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月12日 (月)

ごえちん 入院16日目~給餌0回へ~

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

昨日は2日ぶりのごえの変化に感動した事を
書かせて頂きました。

さて、喜びは次へ次へと繋がっていくものか?
いやはや、まだわからない。
と、今日も緊張の面持ちで病院へ向かいました。

今日は昨日と打って変わって
晴れて少し暖かい。
そんな風に晴れやかなごえに逢えるのか・・・

今日の面会は診察のお昼休み中でした。
面会は休み時間でもOKという事で
予約させてくれました。

待合室で待っている時に
診察室の中から
「ビャ~ビャ~ビャ~」という何やら聞きなれた声が?

はて、ごえの声に似てるけど。。。ごえじゃないか?

診察室に呼ばれ、カーテンを開けるとそこには・・・

201211121

すっきりとしたお顔のごえちんが!

なんだか本当にとても顔色がいい!
半目や伏し目がちなごえとは違い
キリッとしてる感じすらします。

そして、さっきの声の主を訪ねると
やはりごえちんでした(;´▽`A``
体重を量ろうと掴んだ時に鳴いていて~と
先生はおっしゃってました。

あ~、あたし、ちゃんとごえの声が
聞き分けられてるんだなぁ・・・と
何だかとてもほっこりした気持ちになりました。

201211123

先生に
「ごえ、どうですか・・・?」と聞くと
とてもにこやかに
「食べてますよ!」と答えが返ってきました!

良かった~~~゚゚(´O`)°゚

昨日の面会で
朝、一度給餌をしてから18時まで
給餌なしで自力で食べていると言っていたのですが
あれから今日の14時40分まで
丸1日半、給餌なしで自力でご飯を食べてくれているそうです!

201211122

そして待望の普通うんPも!

今日はいつも見られる給餌色うんPはなく
小ぶりながらも良いうんP!

黒色便もあれから出ず、
色も正常なうんPが出ているそうですぅ~~~

201211124

そんなごえ。
昨日のお話では粟穂類とカナリーを食べていると聞きましたが、
今日みると
赤穂カットは丸裸になっており、
オーツ麦大好きは復活して、カナリーも食べているそう。
このメニューが揃うと普通のシードは
かなり優先順位では下の方らしいです(^-^;

今日はペレットは入ってなかったので
先生諦めたかしら?
(昨日は設置してあった)

201211125

しかし、まだ活動的に動く訳ではなく
お気に入りの止まり木の端っこで
じっとしている事が多いそうです。

まだね、本調子には遠いかもね。

そんなごえちんの今朝の体重は

25.5g

なんと、昨日より1gのUPです!

給餌なし、自力で食べて、吐きもせず
やっと体に吸収され始めたのか?

それでもまだ25g。
26gまで増えて激減という過去があるだけに
両手を上げて喜ぶまではいきませんが
でも小さい万歳を心の中でした母なのでした。

ちなみに、ご飯がそのうにいっぱいじゃない時は
まだ
24.5gだそうです。
朝イチでもそのうにご飯が入っている状態で
25.5g。
最低ラインが上がるまでゆっくり体調を戻して欲しい。
またガツンと落ちると大変。

201211128

今日、ごえの顔を見ていて気が付いたことがひとつ。

嘴が剥がれてきているのは気づいていて
それはよくあることだと先生には言われていたのですが
嘴の左側が欠けてきているんですよね・・・

大丈夫かな~・・・

201211126

そして、昨日もちょいと書きましたが、
こんなに調子が悪いのに何気に換羽を続けているごえ。

わかりますかね?
ほっぺの所のツノツノがちょびっと開いているのが。

本能というか、生理現象的に止められないのか
ちっさい所でも頑張ってます。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日は凄く良いお顔の写真を撮らせてくれていますが
未だに母が来ても反応は鈍いごえ。
一生懸命アクリル板越しに話かけているのですが
そっぽ向いてしまったりしてちょっとさみしい。

そんな時のちょっとした出来事を動画で撮れましたので
こちらをどうぞ!

携帯の方はこちらからどうぞmovie

じ~っと動かずいたごえが
定位置の止まり木に移動して
その後こちらに向かってくる様子heart02

これだけで何て喜びなのでしょう!

でもこの後、先生がちらっと診察室に入ってくると
そっちに向かってダッシュしました・・・orz
ご飯貰ってる人がわかるってかい?
もうぅぅぅ~o(;△;)o

でも元気に帰ってきたら
いっぱい”おいちかった”(←ご飯の事)をあげるよ!
いっぱい遊ぼうね!と自分を慰めてしまうのでした(^-^;

201211127

少しずつ、上がったり下がったり
前進したり後退したり
そんな中でも
こうやってごえの顔をみられるだけでも幸せです。

20分の面会ですが
その間だけでも
この子の姿を見られるだけで
心から嬉しい。

どうかこのまま順調に回復の道をたどりますように・・・

もうこの子に辛い思いをさせないで欲しい。

そして元気に飛び回るごえが見たいです。

きっと明日は
もっと素敵な日になる筈と
今日も願う母なのでした。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月11日 (日)

ごえちん 入院15日目~2日間の変化~

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

金曜、土曜と面会に行けない日が続いたのですが
その間、悶々とするのかと思いきや
またしても、母の体調管理という事態が起きまして
盛り沢山な様々な症状を体験した2日間でしたが
今夜18時の面会までにすっかり治まったという
摩訶不思議な出来事が起きましたsweat01
あたしの意思に関係なく、勝手に面会日は万全の態勢で臨むように
躰が動いているかのようです。

そんな事はさておき。

今日、2日ぶりにあったごえちん。

診察室に入ってすぐの会話。

母「どうですか!」

先生「すごく元気でしたよ!」

母「良かった~~~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

ごえ「・・・?」

201211112

お口にお弁当をつけてますhappy01

っって弁当を!!!

201211111

そうなんです。

あたしが会えなかった2日間。
何と自力でご飯を食べだした様なのです!
今の所、赤穂カット、黄穂カット、カナリーシードは
食べてくれるそうです。
具合悪くても食べ続けていたオーツ麦は今はスルー。

特に昨日はとても元気だったらしく
先生が「見せたかったわ~」と(苦笑)。

もう、どうもあたしが行く時はぼーっとしてたり寝てたりするのに
あたしが帰った後や朝は元気に動いているという証言があったりするので
先生にビデオカメラでも買い与えようかと本気で思った瞬間でしたwww

自力で食べだしたといっても給餌はまだ止められないそうですが、
それでも1日3回だった強制給餌が1日1回までに減ったそうです。

9日→給餌1回
10日→給餌なし!
11日→給餌1回(18時の段階で)

10日に先生は「行けるか?帰れるか?」と思ったそうですが
今日の朝はやはり給餌が必要か・・・と1回行ったそうです。

急に給餌が減った理由はもちろん見ていて自力で食べているのもありますが、
今まで給餌を行っていた時間にちゃんとそのうにご飯が入っている状態だったから。
それだけ処方されている吐き気止めや胃腸のお薬が効いてきたという事。

でも、丸1日給餌を行わずにシードを食べている日があっても
何故か体重は増えない。
これは悩むところです。

この2日間全部の体重は教えて貰えなかったのですが
今朝は

24.5g

実は余り(というか全然?)増えてません・・・orz

これには先生も「う~ん」と言葉を詰まらせてしまいました。

食べてるけど吸収してないのか?

201211113

しかし、ちょっと心配された胃腸の出血は
止血剤がちゃんと効いてくれたみたいで
しかも、シードを食べだした事から
まだ小さいものの普通うんPさんが出るように!
(赤丸が普通うんP)
少しずつですが良い兆しが見えてきた?

ただ、今朝給餌のご飯を1滴位ペッと吐いた?みたいで
以前もそういう事があって、その数日後に全吐きしたものですから
油断大敵です。

後、うんP検査も行ったそうですが
うんPの菌ちゃんがまだ消えていないそうで
違う抗生剤の投与が始まったみたいです。
どうもうんPの菌ちゃんがなくなりません。

201211114

あ~アクリル板が邪魔でお顔が切れてる~sweat01

この写真ではわかりませんが、
まだツノツノが出続けています。
具合悪いのにな~ちょっと休めばいいのにな・・・
いつもは抜けた羽はごえははコレクションに加えられるのですが
今回入院中にも多少羽が抜けたそうで
貴重なぽっちが2個行方不明・・・(涙)

なんて事を書けるだけ
ごえの様子も母の気持ちもちょっと安定しています。

201211115

あ~またそんなお顔で・・・半目・・・eye

最近ね。
ごえの顔色?ってわかる気がするんです。
もちろんインコちゃんのお顔はカラフルで
地肌が見えてる訳じゃないのですが
いつも同じ様にこうやってぼーっとしていても
「あ~今日は大丈夫そうだな」とか
「今日は何だか顔色悪いかな?」とか?
表情なのか、何なのか、愛?
今日も動画を撮るほど動いてはいませんでしたが
それでも母にはちょっと調子が良さげに見えたのです。

この2日。
あたしから病院へ電話確認をすることはありませんでした。
まぁ携帯と腹を抱えて唸っていたのですがsweat01
でも、電話しても何かが変わる訳ではなくて
その時、そのごえを見て先生が処置をして下さる。
実際、この2日間にお薬の処方が変わったりしましたし。
(胃粘膜の保護をするお薬と抗生剤が変更)
その辺はすべてお任せなので
電話が来ないのは元気な証拠!と思い聞かせて
過ごしていました。

でもやっぱり今日行く道すがら緊張してしまい
待合室でもごえの鳴き声が聞こえないので
とても不安で頭を抱えていましたbearing
蓋を開ければ少し元気なごえに逢えました。

何だか最近忘れられてる感も否めないのですがsweat01
(ごえちち初面会の時みたいなお顔は全くなくなった)
それでもちゃんと頑張ってるんだってわかって
あたしが見えない時でもごえは生きる事を頑張ってるんだって思って
何だかとても嬉しかったです。

そして、このブログを読んでくださっている読者の皆様。
あたたかいコメント、励ましのコメント等
本当にありがとうございます。

元気玉fullmoon、ちゃんと受け取りました!

皆様が祈ってくれたお蔭でこうして良い報告も出来ました。

まだもう少し入院生活は続きそうですが
またションボリブログにならないように
母は母なりに頑張り、ごえを支えていきたいと思います。

明日はまた少しだけ
元気なごえに逢えたらと思います。

また
「あ~おかぁしゃんだ~」テコテコ。
ってこちらを向いて笑ってくれる事を願っています。

寒くなって来ましたので
皆様も風邪などにはお気を付け下さいね。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月 8日 (木)

ごえちん 入院12日目~黒色便~

ごえははであります。

昨日は吐いてしまって体重も激減と
どうなる事かと思って心配していたごえちん。

今日不安な気持ちを抱えつつも
きっとお薬が効いてくれていると信じて
面会に行ってきました。

まず目にしたのがこの姿。

201211088

端っこでじーっとしています。

目を瞑ったり開けたり。
動きはありませんでした。

ただ。ケースの汚れが昨日と変わらない?

先生のお話では
昨日の夜、吐き続けたごえちんは
体重23gまで落ちたそうですが
吐き気止めが効いてくれたのか
その後吐くことなく強制給餌を食べてくれて
少しずつですが、シードもそのうに入れてくれている様子だと言う事です。

今朝の体重は

24g

少しだけ増えました。

少しえづいたりする動作はあるものの
何とか耐えてくれているらしく、
まずは一安心です。

ただ、昨夜黒色便が出たらしく
消化器官上部からの出血があると判断され
1回目はお注射で止血剤を打ち
その後は内服で止血剤を投与する治療にて
あたしが行った時にはかなり良い色のうんPをしてくれていました。
お薬が効いてくれました。

出血するなんてやっぱり痛かったんだろうな・・・

辛かったね。でも頑張ったね。

2012110810

お薬はお薬水にて与えていたらしいのですが
(入院当初から)
今は給餌のパウダーフードを溶かす水をお薬水にして
確実にお薬が躰に入るようにしてくれているそうです。

やはり給餌も量が多いと吐いてしまうので
1回量を少なめに回数を増やす方法で
なんとか食べてくれている状態だそうです。

2012110811

今回の吐くという事、また出血があると言う事。

その辺りの原因はいまだ特定はできませんが
この状態が少しでもよくなり
胃腸の状態が安定したら
また胃などが腫れていないか検査するみたいです。

何度も出てきた可能性のありそうな病気ですが
胃自体に問題があるのでは?という部分では
可能性は高そうですが
抗酸菌症は確率的には低いそうです。

2012110812

今日出てきた言葉としては
胃腸の炎症によって腫れているか
それとも
神経によって胃腸がゆるんでいるか
といった
またしても可能性ですが・・・
新しい言葉が出てきました。

2012110813

胃自体の問題としては
癌だと特定は難しいけれど
胃の中にできもの等が出来ている場合や
レントゲンでは写らない
プラスチックやビニールなどの異物の誤飲なども考えられるので
胃の穿孔がなければ
バリウムを使ってレントゲンの検査をして確認するとの事でした。

2012110814

少し羽が下がってます。羽をあげるのもちょっと辛いみたい。

ごえちんは吐くことでかなり体力を使っているにもかかわらず、
入院前に抜けた羽を一生懸命作っていたようで
昨日みた場所とは違い
頬の部分に筆毛が出てきていました。

何だか、こんな時に
羽をつくらなくてもいいのに・・・と
思ってしまいました。
切ない・・・

ごえちん、本当に頑張ってます。

201211087

先生の話をある程度聞いて終わった頃に
突然ごえちんが動きだしました。

それまでじーっと目を瞑っていたのに
パッと目を開けて
ケースの中に撒いてあるシードをついばみ始めたのです。

携帯の方はこちらからどうぞmovie

見ていると食べているというより
つついてるといった印象ですが
食べたいけどまだ食べられないといった感じなのでしょうか。

でも、こうやって食べる気力が出てきたのは
なによりも今は嬉しい事です。

本当にこの子は強いと感じました。

先生もとてもよくしてくれています。
あたしの中途半端な質問にも丁寧に答えてくださいます。
そしてこのブログを読んでくれている読者の皆様にも励まされています。
周りのみなさんの力を沢山分けて頂いてあたしは頑張れます。

本当にありがとうございます。

明日、明後日は
休診と予約が取れず、面会には行けませんが
きっと、あたしを待ってくれているごえちんに
少しずつ元気玉を分けてください!お願いします。

どうか、どうか
ごえちんのあの可愛い鳴き声が
聞けますように・・・

あたしや家族、こうやって応援してくれている皆様の声が届きますように!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月 7日 (水)

ごえちん 入院11日目~24gに落ちて~

ごえははであります。

昨日はとても元気なごえちんの姿をアップ出来て
とても嬉しい1日だったのですが、
あたし達が帰った後、昨日夜から
具合が悪いそうです。

201211071

病院はとても混んでいて
待つ間先に面会していていいと言われたので
診察室でごえちちとあたしだけでごえちんに逢ったのですが
目を閉じてじっとして動きません。

201211072

話しかけても動かない。

ちょっと気づいて目を開けてもすぐに閉じてしまう。

なんかちょっと嫌な予感がしてよく見ると
ケージの内側は拭かれているのに、
ヒーター側の壁に給餌した物を思われる物が
飛び散っていました。

201211073

もしかして吐いたかも?と思ってごえちんを見てみると

201211074

頭が少し濡れているような感じに。

お顔は大丈夫だったのですが、筆毛とは違う気がして。

201211075

診察時間が来て先生に一番に聞いてみると、
案の定。

昨夜から吐き続けて
給餌で入れたものはほとんど出している状態だそうです。

今までずっと入院してから吐いていなかったのに・・・

体重は

24g・・・

振出しです。

そのう検査をしても菌などは見つからなかったそうです。

3日から胃腸のお薬を飲ませていたのですが
効いていないのか、それで治まる症状ではなくなったのか、
という事でした。

今日から吐き気止めを2種類にしたそうですが
まだ食べず、吐いているそうです。

ごえちん、とっても辛そうです・・・

このまま食べないでいるとまずいので
強制給餌も1回量を少なくして
回数与えているそうですが
吐き続けているので体力が激減しています。

パウダーフードは胃腸用と高栄養の物を
割合を変えつつ与えてくれているそうですが
吸収してもらえないと体力は落ちるばかりです。

今はとにかく吐き気を抑えてあげるのが先決だそうです。

201211076

胃の病気はセキセイさんには多いと言われているそうですが
最初は菌がいてカビがいて
それらを一掃することで吐き気がおさまって良くなると思われてましたが、
菌やカビがいない状態で
しかも胃腸のお薬を与えている状態で
吐くという行為は、もう胃炎などのレベルではないと言われました。

おそらく、根本に何かしらの病気があるのではないかと。

以前話に出た胃癌や抗酸菌症。
それらの事も考えなくてはいけないようです。

癌の場合は特定できないので
お薬の効き具合で判断して
胃癌らしいと言う事になったら
負担のかからないお薬を飲んで
うまく癌と付き合っていくという感じになるそうで。

抗酸菌症の方は何度か検査に出してみて確定なら
それ特定の抗生剤で年単位で治療にかからないといけないそうです。

その検査をするのがいつがいいのかわからないので
タイミングは先生に任せることにしました。

最良の方法をと。

今日はいつもの院長先生ではなかったのですが
お話の途中でこういう話がありました。

入院している子の飼い主さんにはいろんな方がいて
このまま入院を続けて良くなるのが一番いいのですが
飼い主さんによっては連れて帰りたいという方もいますし
給餌だけしに通院される方もいますが
どうしますか?と。

とても不安なお話でした。

あたしは今は入院させた状態で
先生がすぐ診られる状態で、お願いしたいといいました。
今連れて帰っても悪化させるばかりだと思うから。
あたしには何も出来ないから。

あたし達が帰る時も
ごえは目を開けずにじっとしていました。

父と母がいた事がわかったかな。

ごえをちゃんと見てるって伝わったかな。

頑張ってとしか言えなくてごめんね。
信じてるからね。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月 6日 (火)

ごえちん 入院10日目~ごえちちと共に~

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

昨日は何だか弱気な記事になってしまって
本当にごめんなさいっ!
励まして頂いてありがとうございます!

気持ちを新たに今日も面会へ!

今日は休みだったごえちちと共に行って参りました。

(本日の記事は写真が多いですsweat01没に出来なかったsweat02

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日のお出迎えの場所はココ↓ご飯入れに乗って。

201211061

ごえちん、おはよう!

201211063

今日はとっても元気そうですhappy01

おはよ!

201211064

ごえ~note

あ~とぉちゃん!

201211065

あたしでは出して貰えないと思ってるのでしょうかね。
ごえちちの顔を見たら
出して出してのお顔にcoldsweats01

もしかして出してくれるの?

201211066

ね~!
とぉちゃんいるし
出してくれるの~~?!

201211067

ごえちんね、ご飯食べたよ~
えらい?

201211058

あれ?

201211069

とぉちゃん?

お~えらいな!

2012110610

おかぁしゃん?

おりこうしゃんだね!

2012110611

わかった!
もっといっぱい食べるよ!

2012110612

ん?

2012110613

もしかしてまだ遊べないの?

ん~もうちょっと元気になってからかな~

2012110614

???

2012110615

な~んだ、そっかぁ。

ごめんね、
おいちかった、いっぱい食べて
早くお家で遊ぼうね!

2012110616

しかたないな~
なら、とぉちゃん遊んでって!

2012110617

ほれっ!(ごえちんのお気に入りライター)

ほよっ♪(もふもふ)

今日は昨日とうって変わって元気に動くごえちんを見る事が出来ました。
本当に、昨日までのごえだったら
どうしようかと思ったよ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

様子ですが
まだ食餌は強制給餌に頼っているのですが
それでも朝はシードを食べていたそうです。
でもまだ1日3回の給餌は必要みたい。
でも、昨日は食べていなかったオーツ麦なども
食べてたみたいなので、ちょっと安心しました。

ごえちん、ちゃんと頑張ってました!

うんPはまだ給餌色のをしてますが、
食べたり食べなかったりの波が
どうか、食べる方向に思いっきり傾いて
普通のうんPが見れますようにっ!

そんな中での気になる今朝の体重ですが

26g!

おめでとう!\(^o^)/
ありがとう!o(*^▽^*)o

このまま、落ちませんようにっ(>人<。)

そして昨日は見られた頭のツノツノ。
今日はなくなってました?
速いな~でも綺麗な頭になってました!
まだほっぺはツノっぽいですが
でもキレイになりました。

今日は院長先生じゃなかったのですが
状態を話してくれた後に席を外してしまったので
こんなに写真が多いですcoldsweats01

ちょっと温度が下がっていたのですが
いつもより膨らんでなかったので大丈夫かな?

兎にも角にも、昨日の重い不安な気持ちは
今日のごえちんが解消してくれました!
ありがとう!

そして今日は素敵な動画も撮れました!
羽繕いしています!

携帯の方はこちらからどうぞmovie
(鳴き声は隣のオカメちゃんですcoldsweats01

キレイキレイにして、退院に備えようぞっ!ごえ!

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

面会が終わった後、
初めて「とり村」へ行ってきました!

実は存在はなんとなく知っていたのに
場所は知らなくて
先日ayameさんに教えてもらったばっかり。

昨日の落ち込みを解消すべく計画を練ったのですが
(本日ごえちちの車の為、乗せて行って貰おうと)
そんな不安は当鳥さんが解消してくれたので
リフレッシュさせて貰おう!と考えを変えて
ドキドキしながら行ってきました!

大型鳥さんの放鳥時間に間に合ったので
中に入れて貰えました!

実際飛んでいるのを見たことがないような
大型鳥さんがバッサバッサと頭の上を飛んでいるのには
もう大興奮してしまって感動でした!

その中でもラブちゃんというオウムさんが
下(床)を歩いていてもジーンズを伝って
腕まで上がってきてくれるのは嬉しかったな~♪
何回も傍に来てくれてたので
スタッフの方が写真を撮ってくれました!

20121106


左手に乗るのはタイハクオウムさん(かな?)のラブちゃん
右肩をガン見してるのはクルマサカオウムさん
左肩後ろからそっと覗いているのはルリコンゴウインコさんの娘さん

ごえちちはどうも動物さんに好かれる人で(嫉妬)
気が付いたら何羽もの鳥さんに囲まれてました(笑)
いっぱい噛まれた~って笑ってました(笑)

20分位の時間でしたが
すっかり心癒されました、みんなありがとう!

P1001623


スタッフの方が
「よかったら記念に持って帰りますか?」と羽をくれました♪
凄いキレイです、大切にしま~す!

小型鳥さんはみんな上の方で寝てしまっていて
降りてきてもらえなかったので
ぐるっとまわって階下のショップさんへ。

店内をなめまわすように見回して(笑)
ネットでは見たことがあるものの実物を見ると
何でも感動するみたいで←あたしが
いちいち一人で「おぉ~これが!」とブツブツ言いつつ
楽しんできました。

その中でもあたしが今回欲しかったのは

P1001624

リボンステッカー 380円!

本当は大きいマグネットも欲しかったけれど
今回は小さいシールの方。
スマホに貼ろうと思って買いました。

あとは赤穂(105円)
ごえのシードは入院時に捨ててしまったので
しんちゃんのお供え用に買いました。
きっと喜んでくれるね!

そんなこんなで
昨日の落ち込みをジャンプで跳び越す勢いで
今日はとても良い1日でした。

それもこれも
みんなのおかげ。chick
皆さんのおかげです。happy01

応援してくださって
本当にありがとう!

母はこれからも頑張ります!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月 5日 (月)

ごえちん 入院9日目 ~動かな過ぎる~

ごえははであります(´・ω・`)

ごえの入院も2週目に入り
本当なら体重も増えてご飯も食べてと
順調に退院へ向かっていくと思っていたのですが
そうはうまく事は運ばないようで
今日も病院までの道程を一人歩きました。

先日から動きが悪いごえちん。

あたしが行ってもだんだん反応が鈍くなるごえちん。

201211052

今日も面会の時間が来て
診察室に入ってもこんな感じ。

お出迎えはありませんでした。

こう見ると本当に痩せたというか
小さくなったごえちん。

帰宅してから今までのごえちんの写真をずっと見てたのですが
やはり小さい。

201207314

↑7/31のごえ

3か月程前のごえはこんな感じ。

今は頭でっかちな感じ。

201211053

様子を聞くと昨日の夜は動いていたらしいのですが
どうもあたしが面会に行く時は動かない。

201211054

何だか俯いてるし。

201211055

心配になる。

201211056_2

ご飯は昨日からほとんど自力で食べてないそうです。

給餌で体重を増やしている感じです。

その体重、今朝は

25.5g

少し増えました。

でも喜べない・・・

面会時間の20分間。

ほとんど動いてくれなかった。

201211057

先生が赤穂を持ってきてくれて
あたしに手渡してくれました。

その時だけ、はっ!とした顔をして
寄って来てくれましたが
結局ケースの中に赤穂を入れても
2~3口食べた位で後は無視です。

先生が確認した限りでは
カナリーシードを少しとオーツ麦は2つしか食べてなかったと。

一番食欲がなかった時でもオーツ麦は食べてくれたのに
それも食べなくなっちゃった。

201211058

昨日から痛み止めや胃腸のお薬を飲んでもらってますが
痛み止めの効果はまだなかったみたい。

それとも痛くないのかな。

食べたくないのはなんで?

201211059

ひたすら声をかけてみますが
あたしを見ることはほとんどありませんでした。

写真を撮る瞬間は目を開けて写っていますが
この前後はずっと目を閉じている状態です。

2012110510

体重が増えてくれて嬉しい筈なのに
こんなに動かなくなったごえちんを見てると
だんだんと元気がなくなっていっている様な気がしてなりません。

そして、先ほど載せましたが
過去の写真をずっと見ていると
今年に入ってから本当に膨らんでいる写真が多いの。

いつもフワっとしてるとは言っても
ここまでとは見直すまで気づかなかったです。

今年に入って5月に吐いてから
体重も増えたり減ったり
食べる量も少なくなって
病院に通ってばかり。

ずっと、我慢してたのかな、もしかして・・・って思った。

吐いた後のお薬が効いて菌ちゃんやカビさんがいなくなっても
本当はずっと具合が悪くて
でも頑張れるだけ自分で食べて
とうとう食べられなくなっちゃったんじゃないかな。

そんな事思ってしまう。

2012110511

帰り道、何だか切なくて泣けてきちゃいました。

まだまだこれから!って思うんだけど
置物みたいに、じーっと動かないごえちんを見てると
悲しくなってしまって。

どれだけ辛いんだろう。

いつかへたり込んでしまうんじゃないかって
不安で仕方ありません。

どうしたら元気になる?ごえ。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月 4日 (日)

ごえちん 入院8日目~やっぱり減少・・・~

ごえははであります(´・ω・`)

最近めっきり寒くなってきましたが、
今日は晴天、雲ひとつない青空で
少し暖かかった気がします。
夜になったらやはり冷えますが。

今日もごえの面会に行って参りました。

診察室に入った時のごえは
今日もまた、ぼーっとしてました。

話しかけたらテコテコと寄ってきて
お決まりのホリホリを披露してくれたのですが
すぐ疲れてしまったのか
またぼーっとしてしまいました。

P1001585

ぼー

さて、今日は昨日の夜にしたという検査の結果を聞けました。
うんP検査とそのう検査です。

入院当初は
そのう→球菌多(連鎖)
うんP→菌が少し、カビが少し。

昨日
そのう→キレイ
うんP→菌あり

そのうの方の菌は薬が効いてなくなったようですが
うんPの方は前回と違う菌がいたらしく、カビはなくなっていたそうです。

そう簡単には一掃出来ないという事でしょうか。

うんPの菌ちゃん用に前回とは違う抗生剤が処方されました。

状態は低迷。

動きは昨日よりも良かったらしいですが(日中)、
何せ今日は朝からほとんど食べなかったそうで・・・

ほぼ給餌のみのお食餌だったみたいです。

食べたり食べなかったり・・・

それを踏まえての治療として
以前から飲ませていた整腸剤の種類を変更し
胃が荒れた時用の粘膜を保護するお薬と
胃炎などに使われる胃の痛み止めのお薬、
そして消化管のお薬(蠕動運動を促進する)が処方されました。
+αとしてビタミン剤も。

先日のレントゲンと食べない事等から
胃等の消化管の治療をしてみる方向で
様子を見る事になりました。

もし胃炎などで胃が痛くて食べられない等が原因なら
うまく痛み止めが作用してくれたら
すぐに効きはじめるそうなのですが
すべては推測。

でも、たまにフルフルと震える仕草は
痛みのせいかもしれないと先生は仰ってました。
あたしも震えているのは気になっていたのですが
寒さかもしれないと思ってました。
もし痛みだったのなら辛かったろうに・・・

節目と思っていた検査結果は完全クリアとはなりませんでしたが、
次のステップに進んでいます。

でもまだ、というか、まったく先が見えません。

今日は昨日の体重からぬか喜びは避けよう、
まだわからないし、と思って行ったのですが
それはやっぱりその通り、予感は当たっていました。

今日の体重

24.5~25g

底上げされてなかった様です(u_u。)

先生ももうちょっと体重が増えてくれたら
血液検査が出来るのですが今はまだ無理・・・と
やはり根本の体重増加が問題になってます。

詳しい検査をすれば、もっと明確な何かがわかるかもしれませんが
それをするだけの体力がない。
検査には0.3cc程の血液が必要なのだそうですが
それさえも体重が30g程ないと採血は無理だそう。

やはり「食べない」、これが問題です。

P1001586

今日は予想はしていたものの、やっぱりちょっとショックだった母。

ごえも元気に動いてる訳ではなかった面会時間。
何だか振り返ってみると
入院3~4日位の方がよく動いていたな~
無理してたのかな・・・

そう思うと写真を撮るのも何だか・・・いつもは大量に撮って載せるのに。

少ない写真を撮りつつ発見。

ごえ、あんよ長くなったね?

P1001587

もともと足は長いんです。

痩せてしまって、すっかりあんよも丸出しです。
ついでに何気にあった腹割れもなくなってしまいました。
それだけ痩せたのですね。
絶好調の時に比べたら7g程の体重激減ですものね。
ギリギリなんだろうな・・・(ρ_;)

P1001584_5

でも少し変化も。

以前載せましたし、書きましたが
しばらく給餌色のうんPが目立っていて
1日置きに普通のうんPが出ている感じだったのですが、
今日のうんPは小さいながらも
少~し良い色をしています。わかります?

ま、数的にはゆる給餌うんPの方が断然多いのですがね。

小さな喜びです。

そして、先生もスタッフの方も仰っていたのですが
元気な動きがみられない時でも
ケースからやけに出たがるようで
そろそろストレスもたまっているのかしら。
ケースの扉がわかっているようで
お掃除や何かで開けると一目散だそう。

まだダメだよ~っ、もうちょっと食べられる様にならないとね。

さて、ごえちん、おかぁしゃんは行ってきますですよ。
おいちかったを食べてお留しゅばんしててね。

切ないな~このセリフも。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*


家に帰ると変化がわかる男、茶々丸が待ってます。

P1001573

もちろん、元々甘えん坊ですが。

P1001572

こうやって寄り添ってずっと一緒にいてくれます。
腕や足などにピタッとくっついて
一緒にいてくれます。

雰囲気でわかるのかな。
寂しいなって、わかるのかな。

茶々にも毎日お留守番させてごめんね。

そんな茶々丸も、そろそろ病院です。

前回の歯切りからそろそろ1か月経とうとしてます。
すっかり前下歯が伸びてきました。

P1001576

こんな

P1001577

風に

P1001578

下の歯が鼻まで伸びてます。

今回はいつもよりご飯も食べられているのですが
ここまで伸びると食べにくそう。
また食べずにうっ滞を起こしては困るので
切っておかないとです。

歯きりはいいから、体調だけは崩さないでおくれよsweat01
お願いします・・・(人><。)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

明日も面会。
スタッフの方が来週の予約はどうしますか?と聞いてくれました。
どうやら今週は平日は比較的空いていたのですが
来週はすでにかなり予約が埋まっている様で
来週の日曜日までの予約を取ってきました。
でも土曜日は予約枠が全部埋まっていて
休診の金曜日と土曜日は逢いに行けません(ノ_-。)

「それまでに体調が回復してお家に帰れるといいですね」と
また優しい言葉をかけて頂きました。
不安になっている時にこういう一言は本当に癒されます。
スタッフさん、ありがとございます。

来週は久々にごえちちも逢いに行けそうです。
(今週は休みがなかったので)

言葉少ないながらも心配しています。
いつも面会が終わる頃に「どうだった?」とメールが来ます。

家族みんな、そして、
ブログを読んでくださっている方々の思いが
どうか届きますように。

みなさん、いつも心配してくださってありがとうございます。

こうしてブログを通じて力を貰っています。

なかなか良い報告も出来ず、変化のない記事ですが
どうぞ見守っていてください。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月 3日 (土)

ごえちん 入院7日目~今度こそ?~

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

昨日は病院が休診だったため
面会には行けませんでした(u_u。)

そしたら気が抜けたか、ここぞとばかりに具合が悪くなっちゃって
1日の夜から寝込むはめに( ̄◆ ̄;)
今朝まではなんだか胃がムカムカしてたのですが
午後診の面会に行く頃には治ってました(  ̄^ ̄)ゞイェイ

1日おいての面会。さすがに土曜日で多少混んでましたが
予約制なので待ったのは10分位かな~
その間、ヨウムさんが診察していたみたいで
診察室で飛んでましたc(>ω<)ゞ
出てきたヨウムさんを眺めていたら飼い主さんがケージを向けてくれて
ついつい話かけてしまいましたが、無視されてしまいました(^-^;。
とても綺麗なヨウムさんで、アクリル製のキャリーに入っていて
おりこうさんにしてました♪
まだ1歳で、やっと「おはよう」って言えるようになったんですって。
ヨウムさんは人語をはっきり話すみたいなので
これから楽しみですね~♪なんてお話してきました。

それでは、我が家のごえちんのお話です。

201211031

あ、おかぁしゃんだ。

201211032

いつもお出かけばっかりだね~
お留しゅ番も飽きちゃったよ・・・

ごめんね、ただいま♪

201211033

今日のごえは、あたしが診察室に入るとすぐにこっちに来てくれました♪

でも、やっぱりちょっと動きは鈍かったかな・・・

状態としては平行線に近い上昇。

ご飯は自力で食べたり食べなかったりを繰り返していて
強制給餌は1日2回から3回行っていたそうです。
(11/1 3回、11/2 2回)

緑の良いうんPさんは
2日に1回位の割合でしか出てないみたいで
11/1に行った時も給餌色のうんPさん、今日も同じ、
昨日は良いうんPの日だったみたいです。
なんで毎日良いうんPにならないのでしょうか?
っていうか、母にも見せてよ、良いうんP。

201211034

あ、ぶれちゃった(最近多いっす)。

お薬ですが、入院当初に作ってもらったお薬が今日で終了。
1週間の投薬が終わりました。
今まではお薬の効果を待っている状態だったのですが
ついに今夜、診察時間終了後にうんPとそのうの検査をするそうです。

その結果でもし菌ちゃんやカビさんがいなくなっていても
うんPの状態が芳しくないので
腸を動かす為のお薬は継続するそうです。
このうんPじゃ仕方ないでしょうね。←給餌色のうんPさん、水っぽい。

検査の結果は明日聞いてきます。
お薬効いていると良いけれど・・・

201211035_2

ご飯を食べ始めたので写真を撮ろうとしたら
こっちに飛んできたっΣ( ̄ロ ̄lll)
直後、アクリルケースに嘴ぶつけてびっくりしてました( ̄Д ̄;;

いや、あたしがびっくりだって!アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

先生は大爆笑!!(母、苦笑)

201211036

入院中は、オーツ麦と赤穂を食べている様です。
オーツはやはり食べやすいみたいです。
赤穂はここ数日小さいものを食べきっているらしい。
ミックスシードはたま~に殻があるくらい。
カナリーシードも同じ位だそうです。

で、注目の体重ですが・・・

今朝 26g!
昼   25g・・・down

どうもまだ、ご飯で体重が上下するのは変わらないみたい。
でも底が25gなら1g増えたということ。

でも、母は学習したのです。
ここでぬか喜びすると落胆することを!
なので敢えて控え気味に喜んだのでした(苦笑)
あ~両手をあげて万歳と叫びたいよ~
まだか~い!

201211037

相変わらずちっさいです。

昨日は敷紙ホリホリとかはしてなかったみたいです。
やはりあれは母に対するアピールみたい。
ちょっと飛んだりはしてたようですが。
このケース、ちょっとくらいじゃ頭がぶつからないので本当にいい。
この止まり木もいいです。

201211038

昨日は変わった事はなかったですか?と先生に聞いたところ
具合が悪いという訳ではないと思うのけれども
給餌後にちょびっとゲロっと出しちゃったそうです。

先生がゲロっとっていうから凄い量吐いたのかと思いましたが
本当にちょびっとだけ出ちゃったって感じらしい。

ごえは具合が悪い子にしては
給餌のご飯をちゃんとそのうに入れてくれる子で
患鳥さんでは優秀な方だと褒めて頂きました。
結構出しちゃう子が多いんですって。
それだけでも根性ありますよね!
さすが、わが息子!

201211039_3

今日は先ほどの向かって飛んできたのと
お出迎えで寄って来てくれた以外は
ほとんと動かずに止まり木に止まっていました。
どうも、これは気に入っているようで
うんP場所になっていると先生がおっしゃってました。

2012110310

多少体重は増えたし、自力でも食べられる様になっていても
アクティブ鳥のごえちんがこれだけじっとしているのは
まだまだま~~~~だ調子が悪い証拠。
暴れられても困るけど、もうちょっと動きが欲しい所。  

とは言っても通常ならありえない体重だから仕方ないね。

後はやはりあまり鳴かないかも。
鳥さんの声には多少反応するらしいですが・・・
お喋り全開になるのはいつの事か・・・

2012110311

その他の状況では多少羽が抜けていたので
その分のツノツノが出てきたことでしょうか。
羽作る体力あるのかな~ちょっと心配。

さぁ、明日、結果はどう出るか?!
ひとつの節目です。

これによって今後の治療が決まります。

せめて菌ちゃんとカビさんは退散しててくれぇ~~~!

あ、帰りの電車が満員電車で結局胃痛は再発しました(´Д⊂グスン

明日も午後診面会、今日より遅めの時間。気合い入れて行かないと!

ファイト!あたしっ(?)
もとい
ファイト!ごえ!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年11月 1日 (木)

ごえちん 入院5日目~幻だった25g~

ごえははであります(´・ω・`)

本日もごえの面会に行って参りました。
昨日は体重が増えて元気に動いていたので
今日もご飯をちゃんと食べて少し回復してるかな?と
期待で胸を膨らませて病院へ行きました。

行くと顔をみたとたん大はしゃぎで
敷紙をひっぱってめくって
その下からどうにかして出てこようと必死こいてました(笑)

201211011

ホリホリ

携帯の方はこちらからどうぞmovie

苦しくてもがいてるとかじゃないです。
脱出を試みてますsweat02
先生とお話ししながらなので話し声が入ってますsweat01

病院では最近はケースをコンコンして
喋りかけてる様子も見られるそうです。

携帯の方はこちらからどうぞmovie

こうやって動いているうちは元気なのかぁ~って思っていても。

201211012

少し動くと静かになってしまうごえちん。

状況ですが、昨日の調子だと
今日も1g位体重が増えてるだろうと思っていたのですが
そううまくは行かなくて・・・

201211013

昨日はあたしの前でもオーツや赤穂を食べている姿を見せてくれたのですが、
今日は食べる素振りがなく、
強制給餌は相変わらずの1日2回で
少し自力で食べているそうなのですが
そのうにご飯がなくなると体重が減るそうで・・・

本日の体重

24g・・・

昨日の朝は25gあったのに?!

と、思ったのですが
先生曰く、昨日の体重は前夜の造影剤が
少し体に残っていたのかもしれない、との事でして
本鳥さん自体の体重は2日目から24gキープなのではないかと。
ご飯の入り具合で多少の上下はあったとしても
この子自身の体重は変わってないみたい、との事。

なんてことでしょう・・・

201211014

それにしても、ごえ自身の動きが悪い。

見るとケース内が32~33度と昨日より低い。

その所為か、小刻みに体が震えてましたweep

普段じゃ33度にも温度をあげたら
ワキワキになる位なのに
今ではこの温度でも寒いんだ・・・
入院している場所では温度変化はないそうですが
診察室は少し涼しいみたいでさすがの看護ケースでも影響があるみたい。
もちろんすぐに先生が温度を上げてくれましたが。


なんだか、温度の数字がごえの体調を表しているみたいです。

なんか切ない・・・

201211015

うんPさんも昨日同様給餌色の物のみ。

先生も今日はちゃんとしたうんPさんはほとんど見ていないらしいです。

少し元気になったと思っていたけれど
そうではなかったみたいですdespair

201211016

今はとにかく待つのみ。

入院当初から飲ませているお薬を飲ませつつ
給餌をしつつ
ご飯を食べてくれるのを。

それしか出来ないあたしと
それ以上は今は出来ない先生の間に
沈黙が流れます。

もうこの子の頑張りにかけるしかなくて。

入院をして、お薬を飲んで5日。
まだ効かないのか・・・
それとも他に不調の原因があるのか・・・

わからないのは、やっぱり辛いです。

201211017

明日は病院が休診で面会に来られません。
今朝までは安心していた母も
今日は帰るのがまた辛くなってしまいました。

先生にはちょっとした事でも
何かあったら電話してください、飛んできますと
お願いしてきました。

携帯の方はこちらからどうぞmovie

帰ろうとすると行ってしまうのがわかるんでしょうね。
また動きだしてこちらを覗いて「待って」と言っている様。
でも、鳴きませんでした。

今日は面会中1回しか鳴き声を聞きませんでした。

後ろ髪をひかれるように診察室から出て
受付で待っていると
受付をされてる方がごえのケースのお掃除をしてくれているみたいで

「とても人に慣れてるんですね。
お掃除しようとすると手に乗ってきてとっても可愛いです。
外に出ようとしてるみたいですが、手を怖がらないんですね」

「早く元気になってお家に帰れるといいですね」

と言って下さいました。

スタッフのみなさんの優しさにちょっと救われた気持ちになりました。

もちろん信じていなかった訳ではないですが
でも、こういう一言が飼い主にとっては嬉しいものです。

明日1日会えないけれど
何とか1gでも体重が増えていればと
ただただ願うばかりです。

次は土曜日の夕方の面会です。

元気なごえに会いたいです。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト

いくつになったの?

絶賛更新ちう

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ