« 体重激減 恐怖24.8g | トップページ | ごえちん 入院2日目  (リンク修正) »

2012年10月28日 (日)

ごえちん 入院1日目 ~みなさんありがとう~

ごえははであります(´・ω・`)

昨日はなんとも情けない
4年目の母とは思えない甘い考えの記事をUPしてしまい
申し訳ありません。

ブログやツイッターなどで
いろんな方に声をかけて頂いて
自分のやるべきこと、母としてやらなきゃいけない事
やらないと後悔することが
やっとクリアになりました。

どうして昨日は
「自分でなんとか出来ないか?」などと考えたのか
先生に怒ったりしたのか
自分の甘さを棚にあげた発言、恥ずかしいです。

ごえは見た目にはプチプチと食べ始めていましたが
いくらも口には入ってなかったと思います。

あの時、みなさんが励ましてくれなかったら
ただただあたふたしたままだったら
ごえは遠くにいってしまっていたかもしれません。

本当にありがとうございました。

ブログやツイッターやってて良かった(泣)。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ごえの様子ですが
結果的には入院することになりました。

夕べから朝にかけて
粟穂やオーツ麦をぽちりぽちりと食べ始めていたのですが
実際は身になってなかった。

今朝の体重

24.5g

減ってました。

昨日のうちに今日専門病院に行く事を決めておいて良かった。

茶々丸先生を放置するわけにはいかないので
早朝から掃除やら部屋んぽやらを済ませて
診察開始時間直後に病院につくように
行ってきました。

予約は入れてなかったのですが
今の状態や今までの経緯(他の病院での処置やら何やら
15日からの体調)、
今日は最悪強制給餌だけでもやって欲しいとお願いしました。

ラッキーな事に今日は予約の2番目が空いていた様で
先にきていた鳥さんが終わってすぐに診察してもらえました。

行く時は雨で気温も18度くらいと昨日より寒かったので
とり友さんに教えて頂いたように
キャリーバッグを保冷エコバッグに入れ
使い捨てカイロと暖かい飲み物を入れて行きました。

診察でもう一度詳細を説明し
どんな薬を飲んでいたのかも説明し

「今日は強制給餌のみにしますか?」

と言われたので

「診察もお願いします!」ともう一度検査してもらいまいした。

基本のうんP検査とそのう検査ですが
つい先日は両方ともおKだったんです。

でも、今日診て貰うと
うんP→はっきりしない不明な物?カビ?が見える&菌が少し。
そのう→球菌が多数(レンサ球菌)

前回の検査ではなかったのか。
見落とされてたのかはわかりませんが。
おkではなかった。
ちゃんとサインは出てました。

そして体重は

23.5g

危なかったです。本当に。
こうして辛い顔を見せずにいるごえを見て
謝ることしか出来ない。

本当に、ごめんね。ごえちん・・・

辛かったよね・・・

そのうにはほとんどご飯は入っておらず
やはり自力ではほとんど食べれてなかったみたい。
昨日のふやかしたシードも全く役にたってなかったみたい。

やっぱり来て良かった。

強制給餌はもちろんやらないといけない。

「で、どうします?」と聞かれて

はて?何がでしょう。

先生は
「強制給餌をして、昨日行かれた病院で処方されたお薬と
追加でカビのお薬を出します?まったく新しいお薬にします?」と。

えっと。

強制給餌って1回で大丈夫なものなんですか・・・?

「いいえ、食べられるようになるまで1日数回ですね」と。

この時点で入院の文字が頭に。

先生的には自宅にて強制給餌をして
自力で食べられる(そのうにご飯が入る)様になるまで続け
お薬は処方したものを飲んでもらう。という事だったらしいのですが
強制給餌はもちろん、
ごえがちゃんとご飯を食べれてるかどうかの見極めは
あたしでは難しい。

そこで、あたしから入院という手は?と切り出しました。

出来るのならやった方が、やれるようになった方がいいに決まってる。

でも今の時点では無理。

なので入院して強制給餌をしてもらいつつ
先生にちゃんと見極めてもらい
お薬も飲ませて
自分でちゃんとご飯が食べられて
そのうにご飯を入れられるようになるまでお願いすることにしました。

P1001507

入院を決めた時
先生に説明を受けたのですが
その際、

「もしもの時があっても事後報告になってしまいます」
「手の中で・・・というのは無理になってしまうかもしれません」

と、とても怖い言葉が入っていました。

もちろん、そうならない為に
ご飯やお薬や必要ならレントゲン等を
連絡後にしますが・・・と付け加えられましたが。

ここで旅立つ?そんな言葉が
母をちょっとだけ躊躇させましたが

また自宅に帰って苦しい思いをさせるより
専門の先生にちゃんと診て貰った方が
回復の確率は高い。
もしもなんてない!

入院してるインコちゃん達だって
元気になって帰ってきてるしっ!

ここで又間違いをおかしてはならない。

入院希望で。

その後、料金の説明と
面接は予約してという説明。
そして↑の紙に記入して
くれぐれもよろしくお願いします!と
何度も頭を下げてきました。

ごえを連れて行かれる前
キャリーはお迎えの時にまた。今は持って帰ってくださいね。と言われ、
先生はごえをつかんでお顔を見せる仕草。
何だか、もう会えないみたいで・・・
やめて。。。

「ごえちん、お泊りだよ~♪大丈夫だよ~♪」
「おかぁしゃん、すぐ来るからね!」と
頭をカキカキしてあげて診察室を出ました。

ちなみに、我が家は度重なる子供達の診察代と
もともとがボンビー家なので
入院の支払いをカードでできませんか?とちゃっかり聞いてきました。
本来、ここの病院は現金支払いなのですが
無理を言って階下のショップで切ってもらえることになりました。
もう、地面に頭つけて土下座します。ありがとう!って感じです。

一応現実を無視はできないので。

帰り際。
空になったキャリーを持って
雨の中駅まで。
なんだかすぐにここから離れたくなくて
ドトールでコーヒーを飲みながら父へメールをし
入院を告げました。

先日の「可哀そう」発言があったので
何をいうかな。と。
やはり「なんで?」「原因は?」などと言われましたが
ちゃんと理由を説明して
あたしではよくしてあげられないから先生に頼んだといいました。

母 「あたし間違ってないよね・・・bearing?」

父 「うんgood

母 「さみしいねcrying

父 「うんdespair

P1001509

帰ってきて、ごえがいないケージ。

結婚して埼玉に住み始めてすぐにお迎えしたごえちん。
ごえちんのいない生活は初めてです。
いつもあの子がいたんです。

早く帰ってこいcrying

P1001511

ごえが今朝まで入っていたケージは
帰宅後寒くないようにヒーターで温めていましたが
ごえが頑張ってご飯を食べてる間にキレイにしてあげようと思いました。

元気になって帰ってきたら
ぴかぴかのお家に入れてあげようって。

でも魂の1/4は病院に置いてきてしまったようです・・・crying

でもごえはは、は、茶々母でもあります。
最近通院や何かでお留守番が多い茶々。

P1001421

どうしたでし?

P1001420

あれ?

P1001419

ごえちゃんがいないでし?

P1001422

泣くなでしっ!

ちゃ~ちゃ~~~~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

きっとわかってるんだろうな。
あれ~?って。
ピヨピヨ鳴くちっさいのがいないな~?って。

またしばらくお留守番をしてもらうけど
お願いね。茶々。

明日、面会に行きます。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

« 体重激減 恐怖24.8g | トップページ | ごえちん 入院2日目  (リンク修正) »

コメント

ごえははさん、お疲れさま~。
こんな大変な時に何も出来なくてごめんね~。(ノω・、) ウゥ・・・
オトコどもはいつもそう、可哀想って言うんだよね。何にも分かってないのに!
色んなことを1人で決めなくちゃいけないのは不安と葛藤がありますよね。本当にお疲れさまでした。
寂しいけれど、入院という選択で間違いは無いと思います。あとはプロにお任せして、早く元気になるよう祈りましょう。
ごえははさんもちゃんとご飯食べて休まないとダメだよう。
ごえちんが1日も早く元気になるよう心から祈っています!

ごえもんちゃん、どうか無事に帰って来ますように!

かおさんへ

こんばんわ。
いえいえ大丈夫です!こうやって見ていてくれて応援してくれる方がいるというだけで励みになります!
あたしも何も出来ないもの。応援しか出来ないもの。
こころの片隅にちょこっとだけ気にかけて頂けるだけど十分です^^。
どうしてもごえや茶々の事はあたしが決定していかないといけないので不安ですね。
今回の様に危うく間違った方向に向いてしまったりもしますし・・・
入院はきっと正解だったと思います。あたしには手に負えなかったですね。こんなになるまで放っておいたなんてって感じです。
帰ってきてからモヤモヤして心がざわつきます。
旦那はね~そういうものですね(苦笑)。
以前はお世話してるのはあたしなのに、旦那の方が気に入られてる?!という時期もありましたが、今はごえも茶々もあたしの後をついて回る位べったりなので、ごえちちは焼もち焼いてる位なんですよ(笑)毎日の様子を知らないから、見た時の事を言うんだと思います。ま、ごえの事に関してはネット内のお友達の方に信憑性があるので独断で決めてるってわけですが(笑)
あたしもさっきまではぼ~っとしてましたが、シャンとしないとですね!ちゃんとご飯食べて早寝します!ありがとうございます!

ragazzoさんへ

気にかけて頂いてありがとうございます!
入院という事になりましたが、
きっと元気に戻ってくると信じてます!
コメント嬉しいです!
ありがとうございます!

こんばんは。
ごえちゃん、どうしたかなぁ…と気になっていました。

今日は雨の寒い1日でしたね。
病院お疲れ様でした。
そうですか…ごえちゃん入院したんですね。
一人で帰るのはとても寂しい気持ちになったことと思います。
大丈夫。次回はきっと賑やかなプラケで帰れますよ。

私はクリンのことを思い出しました。
深刻な症状だから、きっと入院に違いない、
帰りはカラのプラケだけど気持ちが折れないよう
頑張ろう…と覚悟していったのに
実際はもう入院というレベルの問題じゃなくて…

一緒に帰ってきたという事に
とても悲しい、複雑な気持ちになりました。

だからきっとごえちゃんは体重戻して帰ってきますよ。
ケージのお掃除でもして待っててあげましょうよ♪


これから寒さも本格化する時期、
ごえははさんも風邪など引きませんように。
万全の体制で、いつでもごえちゃんを迎えに行けるように
スタンバってましょうね。(^_^)ノシ

こんばんは!
よかったよかった、間に合って。
入院は正解です~!大正解!!
あそこまで体重が落ちると
給餌は一度じゃ足りなくて、
何度かやってもらわないとなりませんからね。
私なんてやるだけやってもダメだったから
入院させてもらえたとき、もうほっとしちゃって…。
うちにいるより病院にいる方がベストなんだから
空のキャリーを持って帰ることになっても
寂しいって思いより安堵の方が大きかったです。
薄情なのかしら・・・
でも、入院同意書の説明を受けたときは
そんな私もドキドキしましたよ^^;
でも綾子が帰ってきたようにごえちゃんも大丈夫!
暴れて暴れて、具合が悪いことをいっぱいアピールして
生きたいんだって叫んでたんだから、
絶対に帰ってきます!!
明日、元気なごえちゃんに会えますように。
そして早く退院できますように。

初めまして!
初コメント失礼しますm(__)m

不安な気持ちよく分かります。

うちでは、セキセイインコのフェルとオカメインコのてんを飼っています。てんがまだ雛の頃、体重がなかなか増えず、毎日、不安に押し潰されていました。鳥専門病院までは3時間もかかるので、悩みました。ですが、やはり、鳥専門と、犬や猫等の病院とは、かなりの違いがあり、驚きました。すぐに検査をし、薬を処方され、生後2、3週間から育てたてんは、もう半年経とうとしています。

鳥の生命力を信じましょう!きっと、元気になって帰ってきますよ!だって、ごえちゃんママさんが一生懸命、看病していたんですもの!あたしも応援したくて、コメントさせていただきました。

長くなりすみません。そして、まとまりがない文ですみません元気になったごえちゃんを見るのを楽しみにしています

かぷりちお~そ♪さん(ですよね)へ

おはようございます。
はい、入院になりました。希望しました。
どれだけ辛かったかと思うと
もうあたしの手には負えないと思ったのです。
クリンちゃんは入院出来なく悲しい思いをされたのですね・・・
たしかかぷりちお~そ♪さんとの出会いはクリンちゃんでしたよね。
あたしは空のキャリーが悲しかったけど、逆に次は元気なごえを連れて帰ってこれるという希望を持っていなくてはいけないですね。
回復までどれくらいかかるのか全くわかりませんが、早くあの「ご~えち~~~ん♪」というお喋りが聞きたいです。
それまではケージやら何やらをキレイにして待ってようと思います。
ありがとうございました!

ayameさんへ

おはようございます。
ご心配おかけしてしまって・・・
でもいろいろアドバイスして頂いて本当に感謝しています。
給餌はやはり1度ではダメですよね。
さすがにあの体重だと連れて帰る時間さえも怖かったですし、自分での強制給餌は実はayameさんのブログをみてayameさんでも難しいと書いてあるのにあたしなんて絶対できない!と参考にさせて頂いてました。
綾子ちゃんは給餌の度に病院へ行っていたのですね。たしか病院の休みを気にされていたのを記憶してます。
やはり入院させて正解ですよね。
昨夜すごく寒かったので父に「ごえ、寒くないかな・・・」と言ったら「うちより暖かいに決まってるじゃん」と返されました(苦笑)。
今は家であたしが顔を眺めてるよりさみしい思いをさせているだろうけど先生にお願いするのが一番ですよね。
入院の説明、当然だと思いつつもやはりその言葉だけが妙に頭に残っていて怖いです。
今日会いに行くまできっと不安で仕方ないんだろうなぁ・・・
心配をよそに「あれ?おかぁしゃん?どしたの?」なんて顔してくれたらどんなに安心か。
暴れて仕方なかったあの行動もごえなりのアピールだったのですね・・・全然気づけなくて。
行きたい!ってそう訴えていたかと思うと胸が痛い。でも間に合って良かった。
早くごえの顔が見たいです!

てんぼー さんへ

おはようございます。はじめまして!
コメントありがとうございます。

やはり鳥専門病院というだけあって、総合とは違いますよね。
遠い、近い、そんな事で悩んじゃダメだって事ですよね。
てんぼーさん宅からは鳥専門病院まで3時間ですか・・・あたしなんて1時間もかからない。
それを遠いと考えてはいけないですね。
わんちゃん、猫ちゃんとは全く違う鳥さんですもんね。先生の知識とか機材とかの違いはありますよね。本当に今回の事で痛感しました。
どれだけ自分は甘かったのかと。
人間とは違って鳥さんは連れていかれる病院を選べないから飼い主がちゃんと見極めないといけないって事ですね。
あたしの看病なんてただ見守ることしか出来なかったですよ~・・・
でもごえの生命力、信じたいです!
今日少しでも元気な姿が見られたらと心から思います。
こうやってブログを見て頂いて、応援して頂いて、本当にありがとうございます。
元気な姿を楽しみにして下さるととても嬉しいです。本当にありがとうございます!

ごえちん
頑張って!!
うちのあおぴぃも7歳で今年は春から何度か調子悪くなってたりしてました。
ふくらんでたり、食べなかったり・・・
おんなじだなぁ~って思いながらいつも読み逃げでした(^-^;
あおぴぃは換羽と調子悪い時期が重なるとじっとたぬきのようになり、吐きました・・
早めの病院!点滴と注射、安静でいつも乗り切ってますscissors
ごえちん!!頑張って乗り切って欲しいですっ!!
今日は心配で涙なしでは記事が読めませんでしたcrying
あおぴぃと応援してますぅheart02
頑張れごえちんっ!!
ごえははさん
体調整えてごえちんの帰宅に備えましょうね
たくさんのインコちゃんとママさんが回復を祈ってると思いますheart04

きっちさんへ

こんにちわ。はじめまして!
コメントありがとうございます!

ご心配おかけしております。
一時期はどうなることかと不安で胸が張り裂けそうになっていましたが、
何とか入院となり元気とはいきませんが
命を繋ぎとめる事ができました。
あおぴぃちゃんは7歳ですか~
うちもまだまだ、ごえちんはここにいないといけないよって思ってます。
体調を崩された時はお注射や点滴もするんですか?!
凄い!
やはりちゃんと専門の先生に診てもらって適切な処置、治療をしてもらわないといけませんね。
今回の事で痛感いたしました。
この度はいろんな方にコメントやメッセージを頂いて、本当に励みになります。
ありがとうございます!
今日、入院2日目の記事UPしました。
本調子ではないものの、ちゃんと立って歩いているごえをみて安心しました。
このまま回復してくれることを祈るばかりです。
きっちさん、あおぴぃちゃん、そしてこうたんちゃん^^(ふふ、見つけましたよ~)ありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重激減 恐怖24.8g | トップページ | ごえちん 入院2日目  (リンク修正) »

フォト

いくつになったの?

絶賛更新ちう

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ