« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

ごえちん 入院4日目 ~体重増えてきました!~

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

本日もごえちんに会いに病院へ行ってきました!
今日は特に検査等はしていないので
難しい話もなかったです。

でも一応昨日の話から
胃癌の方はあるかないかの話なので
「違うといいのですが・・・」と言う程度でしたが、
腺胃拡張症の心配は?と腺胃が大きくなっている原因として
ウイルス性のPDDである可能性はあるのか聞いてみたところ
抗酸菌症よりもPDDの方が確率的に低いと言われ
ちょっとホッとして面会に臨みました。

201210311

呼ばれて診察室に入ると
昨日よりも元気に動き回るごえちんがいましたhappy01

201210312

ちょっと膨らんでますが・・・

まだ強制給餌は続けており、もう少し必要だけれど
昨日の夜はオーツ麦
今日もオーツ麦や赤穂を自分から食べていたそうです!

おいちかったねwink

今看護ケースの中は36度。
先生は入院してから
「この子はとても寒がりですね」と言っていましたが。
たしかに36度でワキワキしてないですね~・・・

この子は昔からよくフワッと膨らんでいる事が多かったのですが
当初からそれが当たり前の様に思っていて

Img_2735_2

2009年2月撮影 角刈りごえちんで売ってました(笑)
(やばい、めんこすぎるlovely


獣医さんによっては、昔から膨らんでる事が多かったとお話すると
「もともとそういう子なんだね~」という先生もいて
はたしてそれが正解なのかわからないまま
今まで過ごしてきましたが、
今回、先生に聞いたところ

「そういう子もいるかもしれないけれど、やっぱりどこかに調子が悪い所があるのかと思う」

という、答えでした。

今までは何とかなっていた体調ですが
今回の事で温度も今まで以上に気を付けないといけないな~と思いました。

201210313

気になる体重ですが、なんと

25g です!

1日で1g。順調に増えています!

昨日は食べてはいたけど
強制給餌のあいまにそのうにご飯がしっかり入っている事が
あまりなかったようなのですが
今日あったごえちんは、しっかりそのうがふくれていて
ご飯が入ってました!

朝、8時半に強制給餌をしたそうなのですが
あたしが病院にいったのは13時。
その間にちゃんとシードやオーツを食べていたようですhappy01

201210314

おかぁしゃん、たまにしか見ないけど
どこに行ってるの?

ん~んとね、お出かけだよ~coldsweats01

この調子で強制給餌なしでも
ちゃんと食べられるようになってくれたらと思います。

今日もあたしの顔を見ると
けりけり、飛び飛び、テコテコと動いて
アクリル板が邪魔だと言うかのように
コンコンと嘴でつついてアピールをしてましたhappy01

201210316

静かだった数日前に比べたら、たまにですが鳴くようにも。

病院では他の入院患鳥さんや診察に訪れる鳥さん
待合室横のガラスの向こうでは大型のインコさんが鳴いてます。
それに答えるかの様にピヨピヨと鳴いてました。

入院してお喋り忘れちゃうかな~と
ついつい、話かける時は
いつもお喋りしている言葉を連呼してしまいました~。

先生もいるのにちょっと恥ずかしかったわcoldsweats01

201210317

うんPさんですが、昨日はちょっと黒めのうんPがあったのですが
今日は給餌のうんPさんだけでした。

夕べは緑の(正常の色だと思う)巻いていない
真っ直ぐの棒の様なうんPが出ていたそうです。
何でかはわかりません。
でも朝には巻きうんPが出ていたから大丈夫でしょうとの事でした。
多尿は強制給餌は水分が多いので今は問題視しないそうです。
普段からこれくらいの多尿があるので
今後それらも診て貰えたらと思います。

今日も動画を撮ってきたのですが、
昨日同様、カメラを向けると止まるごえ。
でもせっかくなので見てみて下さいね。

携帯の方はこちらからどうぞmovie

携帯の方はこちらからどうぞmovie

201210315

今日は先生が忙しく20分のみの面会。

ごえちん、おかぁしゃんお出かけしてくるね
お留しゅばん、お願いねsweat01

う~ん?いってらっしゃ~いpaper

すぐ帰ってくるからおりこうしゃんで待っててね。
明日も逢えるよconfident

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年10月30日 (火)

ごえちん 入院3日目

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

今日もごえちんの面会に行って参りました。
昨日は何だかぼ~っとしていて
あたしが行っても反応が薄かったごえちんですが、
今日は
「およよ?おかぁしゃん?」といった風に
テコテコと近づいてきて
ケースをあんよでけりけりしたり
ごえより高い目線でいると
メガネに飛んくるかの様にケース内で飛んでみたり。

昨日よりはちょっと元気になっていました。

P1001530

それを撮ろうとしたらちょっと膨らんじゃったけど・・・

今日は昨日先生がお話していたレントゲンの話。

昨日じっくり眺めていたレントゲン写真。
もう一度、造影剤を使ってレントゲンを撮ると言っていました。

レントゲンはバリウムではなく
ちょっと薄い白でしか見えないけれど
負担が小さいイオパークという造影剤を使って
計6枚撮られていました。

昨日先生がおっしゃっていた胃の話。
やはり再度レントゲンを撮ってみても大きいらしいです。

20121029_4

ボケてる上に反射して見にくいのですが・・・

1.腺胃(水色)→普通は左右対称に見える筈が、こちらだけ出っ張って見える事から腺胃が大きくなっているとみるらしい。

2.筋胃(ピンク)→全体的に大きく、若干下に下がっている。

3.腸(黄色)→太い

という結果です。

で、ちょっと難しい話をしたのであたしも確実ではないので
鵜呑みにしないで読んでくださいね。

まず、胃の拡張。
吐いたり具合が悪かったりという症状から、胃が弛緩してしまって緩んで大きくなる事があるらしいです。
その場合、今飲んでいるお薬でそのうやうんPの菌ちゃんやらカビさんやらが一掃され、食欲増進、体力回復、体重増加で万全になった時は締まって戻る可能性もあるらしいです。

これが今の第一段階の目標になります。

その後は推測になりますが可能性としての話で
胃癌の可能性。これはレントゲンでは見つけられません。
☆良かったらこちらを参照してください。胃腫瘍です
胃の粘膜に腫瘍病変を作るので確定は出来ないそうです。
この場合も腺胃、筋胃ともに拡張の症状が現れます。

何とも、希望が見える話と絶望的な話です。

他の器官はこのレントゲンでは異常は見られなかったそうです。
(心臓、肝臓など・・・)

そして3つ目の可能性として
抗酸菌症(鳥結核)も疑われました。
☆良かったらこちらを参照してください。鳥結核です。
これは実は超レアな病気だそうです。
年に数件しか見つからないのだそうです。
症状的にはこれといった目立った物はないそうですが
なんとなく元気がないとか、体重が増えていかないとか
そんな感じ。
検査は遺伝子検査になり、しかも見つけにくく、見つけても完治したかの結論が出しにくいといった、ちょっと厄介な病気。
ただ、先ほども書いたように超レアだそうで、
それについては後程といった話になりました。

まぁ取り敢えずは
今飲んでいるお薬に胃腸が弛緩している場合を想定して
蠕動運動等を促進させるお薬が追加されるようです。

レントゲン、6枚撮ったのですが
決定打はないですね。

でも、推測ではあるけれども、異常は場所は分かった訳で。

入院してから今日までの3日間では
始めから飲ませている
菌ちゃん、カビさんをキレイにするお薬がまだ効果が出無い為
まずはそのお薬を数日飲んだ末に
様子をみて(胃の状態やごえ自身の症状等)
次のステップに移る予定になってます。

忘れる所でした!
昨日話していた菌ちゃんの培養の話ですが
培養してるうちに総合の菌ちゃん対策薬が効いてしまって
時間とお金をかけた割に合わないということで
却下の方向になりました(汗)
抗酸菌の検査の場合を除きます。

ごえの状態としては
昨日は強制給餌を3回。
その後夜には自力でオーツ麦等を食べていたそうです。
今日は朝に1回。
あたしが到着するまでに、切った赤穂を2個位やっつけてたそうです!
あたしが診察室で先生とお話ししている間も
シードが入っているお皿に食いついてました!
食べる気力は戻ってきてるんですねー。

それだけでも嬉しい出来事です。

ただ。

体重はというと

24g

まだ1g位しか増えてません。
元気に見えても普通なら危機的状態という事には変わりなく
まだ強制給餌は必要ですね。

今日は動画を撮ってきました!
でも、カメラを向けると停止してしまったよsweat01



携帯の方はこちらからどうぞmovie
携帯で見てくれてる方いますかね~?見れますか?

ちなみに鳴いているのは隣の診察室にいる鳥さんです(笑)

もう一発!

携帯の方はこちらからどうぞmovie

お隣の声にちょっとびっくりしてしまってますcoldsweats01
この子が来る前までは鳴いてたりしたんですがね~sweat02

P1001531

上を見て飛ぶ準備をするごえちん?

俯いている事が本当に少なくなったごえちん。
まだこの高価な看護ケースから出られないけど
ご飯をいっぱい食べさせてもらって
ごえも自分でいっぱい食べて
お薬もちゃんと飲んで
早くお家に帰れるといいねnote

P1001532

飛ぶ寸前。ブレました(笑)

気持ちが逸ってしまって、ついつい先の事を心配しがちですが
今はまだ当初のお薬の効果を待つのみ。
どうか希望的観測に基づいて
とっとと治って出てきやがってください!

母はさみしいのだよ。
君は特別なんだからね。

明日の面会の予約をしたときに
土日は夜まで予約でいっぱいになっていて
(日曜日まで予約は取ったけど)
混んでますね~とぼやいていたら

先生

 

「土曜日くらいに退院出来ればいいですね♪」

って!

あ~本当にそうならどんなに嬉しいかっ!

でも、治せる所はちゃんと治して
今後の対策を練ってから退院させたいものです。

せっかく入院という手段を取ったんですもの。
きっと多分・・・じゃ連れて帰れません。

ごえはとっても強い子ですもの。

きっと今後も順調に回復して
どこにも黒星がない状態で
はれて退院できる筈!

ごえち~ん!
みんな応援してくれてるよ♪
頑張ろうね!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年10月29日 (月)

ごえちん 入院2日目  (リンク修正)

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ←戻りました(笑)

昨日の午後18時半頃、
入院初日で初の強制給餌で1人のごえちんが心配で
病院に電話をしたのですが
その時、院長先生が診察中で折り返しますと言われて
夜中までまったのですが電話は来ず・・・
あ~忘れられちゃったのね・・・と思いつつも
所謂 ”何かあった時の電話” が来るんじゃないかと
冷や冷やと不安で寝つけなかったごえははですが
朝も電話は来なかったので取り敢えずは無事に違いない!と
今日の面会に行ってきました!

(↑句読点なさすぎで長いっ!)

面会の時間は12時40分から。

もう朝からそわそわしちゃって
ドキドキしちゃって。

今日は電車も緊張せず、というより早く会いたくて
電車の中で走りそうな気持ちで病院へ行きました!

時間少し早めについたのですが
本当は20分の面会(診察の時間と同様)だったのですが
空いていたためか30分強、ごえに会う事が出来ました!

P1001512

ごえがいたのは
birdmoreさんのアクリルケースの中。
凄いですね~。
奥の丸いのがヒーターで
ごえが過ごしている手前の空間との間には
ブラインドみたいな壁があって
ヒーター横には温度計。
手前のアクリル板は引き戸になっていて
写真では写ってませんが上には水が張ってあり
(丸くて薄めのタライみたいなアクリル板の中に水が入ってます)
湿度も保たれるようになっているんです。
凄い装備だ~~~!高そう^^;;
でも欲しい~っ買えないけどぉ~
して、ヒーターが結構な威力みたいですね~。
かっこいいです!

*アクリル看護ケース
 【More Style】飼鳥専用恒温保温ケースCURE
 79800円(税込)

行ったらごえは36度程のアクリルケース内で
低い止まり木に立ってました。
さすがに暑いのか羽を広げていたので
引き戸を開けてちょっと温度を下げつつ
先生を話をしてるうちに
写真を撮る頃には33度くらいまで下がってしまって
おっと、寒くなりましたね!と、慌てて扉をしめてました。

P1001513

あたしが行って声をかけると

ってな感じでこっちを見て
テコテコと歩いてくるんだけど
途中で目を閉じてしまうといった感じで。
あたしが

「ごえちん。眠いの~」と声をかけると

先生が

「まだ調子悪いんですよ~」と返すといった事が数回(笑)

大丈夫です、わかってます(笑)

家ではプラケやキャリーで暴れていたのに
こういう空間にいて暴れなかったのか?と尋ねると
そういうことはなかったです、ちょっとびっくりした感じだったけど、
と言ってました。

やはり、暴れていたのは
あたしに伝えたかったのかな~って思います。

辛かったこと。
具合が悪いんだよって事。

1人でさみしかったかな?大丈夫かな?と
悶々と思っていましたが、
空元気ではなく、本来の姿で治療を受けている様子でした。

P1001514

強制給餌は
昨日、入院1日目で量少な目の3回。
今日、入院2日目のお昼でまだ1回だけだそうです。

昨日の夜と今朝に
少しオーツ麦を食べていたそう。

でも相変わらず体重は

23g 位だそうです・・・(u_u。)

まだまだ自分では食べられないし
お薬が効きだすのも数日かかるし
強制給餌でもちゃんと栄養を吸収していれば
右肩上がりで体重も増えていくそうなのですが
今の時点では何とも言えないとか。
まぁ昨日の今日ですからね。
そこまでは思ってなかったですし
うずくまったり、足腰が立たなくなったりせずに
自分の両足で歩いているごえを見られただけで
かなり安心しました。
おかげで今日はお昼、ちゃんとお腹すきましたし(笑)

P1001515

ごえが不調になったきっかけは?と
ちょっと掘り下げて聞いてみようと思っていたので
ごえちちがすごく気にするパート1だし)
一体全体、最近になってやけに吐いたりするのは
何か原因があるのですか?と聞いたのですが
今の時点でわかっているのは
うんPとそのうに菌ちゃんとカビさんがいる事だけ。

それはどうしているのか?の問いには
体調を崩しているから菌ちゃんが増えるんだと。

じゃぁ、どうして体調を崩しがちなのですか?と問うたら
先生カルテとにらめっこになってしまいました^^::。

菌ちゃん達も顕微鏡でみるだけでは
何の菌ちゃんなのかは特定できないし
培養検査をしないとわからないので
ダイレクトにその菌ちゃんを叩くといった処置は
そうそうせず
抗生剤とかで菌ちゃんを減らしていくのが一般的との事。

先「もともとの基礎体力の問題かも・・・
  この子は小柄ですしね~」

母「でも、今年の5月に吐くまでは
  体重も32gキープでうんP検査やそのう検査も
  おkで通ってきたんですが…」

先「あ、ほんとですね。」

先「甲状腺が腫れているということも考えられますね。
  お薬追加しましょうか?あ。でもあまり色々追加すると
  何が効いているのかわからなくなるし・・・」

母「そうですよね・・・」
 

といったやり取りをしてくうちに
5月に撮ったレントゲン(ここからレントゲンと撮った時のページにとびます)
じっくり眺めだした先生。
この時見てくれた先生は院長先生じゃありませんでした。
その時は肝臓がちゃんと写ってないという事は言われましたが
他の異常点は指摘されていませんでした。

インコちゃんは肝臓が悪くなるという話は
良く聞きますので
肝臓とか腎臓とか?そういう内臓的な問題、病気があるのかな?
というちょっとした疑問だったのですが
(そういうのって人間だって血液検査とかしないとわかりませんものね)
先生、一生懸命小さいレントゲン写真を見てくれて

これを撮った時は気づかなかったけれど
胃が大きいですね。と。

ん~んと、胃が大きいというのはどういう事でしょう。

胃拡張とか?

吐いたりするとそういう事もあるそうですが。
このレントゲンではわからないとの事。
造影剤を使えばもう少しわかるんだそう。

先「早めに撮ります?後にします?」

と、早速レントゲンのお話になったので
あたし的にはどうせなら今先生の下に居る段階で
原因と疑われる所は潰しておきたいと思ったので

母「入院中におねがいします」

と、お願いしたら、

先「明日来ますよね?今夜診察が終わったらレントゲン撮りますので」

今の状態で大丈夫なのだろうか?と思いつつも
先生が大丈夫と言っているのだから大丈夫だろうと
お任せコースにしました。
お薬も(甲状腺等の)必要ならば追加で、と
この際なので今やれる事はやってしまって
この厄年っぽい今年のごえを
来年に持ち越さない様にしようと考えています。

P1001516

話しは前後しますが
今のごえは
抗生剤、強肝剤、胃腸のお薬?、整腸剤、ビタミン剤、抗カビ剤?
といったラインナップになっているそうです。

まだぼ~っとしているごえちん。
少しずつでも元気を取り戻して欲しいものです。

後、ごえちちがすごく気にするパート2として
ごえのご飯。
シードをはじめ、ペレットやオーツ麦カナリーシードは
どうしても量が多いので
小分け冷凍をしてその都度出して与えていたのですが
数的に減るのは粟穂のみで(数少ないので常温)
他のシードはかなり日数がもってしまいます。

冷凍しているという安心感から
そのシードやらが冷凍室でどうなっているかなんて
気にしたことはなかったのですが
(ペレットは別です、あれは捨てます)

ごえちち曰く
「冷凍してても菌は死なないし、カビだって死なんだろ? 
 
 だからさ、ごえが菌やらカビやら出るのは
 冷凍庫に入れて保存してるシードにカビ生えてるんじゃないの?
 シードだって悪くなるんじゃない?
 人間の食べ物だって冷凍して時間経つとまずくなるし
 もやしとか「酸っぱ!」ってなるじゃん?
 ごえがシードを食べないのはマズイからだよ、きっと!」

と熱弁していました。

それを今食べてるシードを持っていって
顕微鏡で見て貰えと熱く語っていたのですが
まぁこれを機会に一掃して全部まっさらな新しいのに変えましょうと
さっくり捨ててしまいまして(苦笑)
先生に聞いてみるから、それでいいでしょ?と約束したので
今日早速聞いてみました。
まぁ食べ物が新鮮であるにはこしたことはないが
シードを食べて菌ちゃんやカビさんが出るといったケースは
ないそうです。
シードは生きているし、常温で充分だとも。

またしても怠慢と責められそうだったのですが
(まぁ確かにかなりMIXシードはもってしまったので
古いっちゃ~古かったし・・・汗)
そういう事例はないということで内心ほっとしました。

あるとしたら剥き餌は考えられるそうですよ。←カビとかね。

うちはオーツ麦は殻をむけないので剥き餌なんです。
それは注意して新しい物を与えた方がいいですね、と
おっしゃってました。

結局のところ
まずはレントゲンを撮ってみる。

必要なら菌ちゃんの培養をする。

と言った検査が今出来ることらしいですね。

血液検査は体力がない今はちょっと。

P1001517

取り敢えずはご飯を栄養に出来る躰に戻る事が先決。

うんPも強制給餌のフード色のと
黒めのうんPが出ていました。
赤血球などがないからか出血があるとは言ってませんでしたが、
健康なうんPではないので
そこら辺も診ていくみたいです。

しかし。
こんなぼーっとしているごえは初めて見ました。
いつもはびゃーびゃーとやかましい子なのですがね。
あたし見ても、あたし見ても、反応が薄いし。
明らかに具合悪いですよね。
(眠いから目をつぶっている訳じゃないのは分かってますよ、先生)

でも命をつなぎとめる事が出来たので
後は回復する為に出来る事をするのみ!

って、あたしは何もできませんが^^;;

帰り際に
「治療代の計算はしてないんですが
 ある程度の日にちで区切るか退院の時でいいですか?」

と、先生に言われて
思わず諭吉や漱石が羽を羽ばたかせ
飛んで行く様が目の裏で
涙と共にうっすら浮かんだのも事実。

あ、あたしにも出来る事があったわ。

頑張れ、ごえちん!
母も別の意味で頑張るっ!(節約ぅ~!?)

*アクリル看護ケースのリンクが間違ってました、修正しました。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年10月28日 (日)

ごえちん 入院1日目 ~みなさんありがとう~

ごえははであります(´・ω・`)

昨日はなんとも情けない
4年目の母とは思えない甘い考えの記事をUPしてしまい
申し訳ありません。

ブログやツイッターなどで
いろんな方に声をかけて頂いて
自分のやるべきこと、母としてやらなきゃいけない事
やらないと後悔することが
やっとクリアになりました。

どうして昨日は
「自分でなんとか出来ないか?」などと考えたのか
先生に怒ったりしたのか
自分の甘さを棚にあげた発言、恥ずかしいです。

ごえは見た目にはプチプチと食べ始めていましたが
いくらも口には入ってなかったと思います。

あの時、みなさんが励ましてくれなかったら
ただただあたふたしたままだったら
ごえは遠くにいってしまっていたかもしれません。

本当にありがとうございました。

ブログやツイッターやってて良かった(泣)。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ごえの様子ですが
結果的には入院することになりました。

夕べから朝にかけて
粟穂やオーツ麦をぽちりぽちりと食べ始めていたのですが
実際は身になってなかった。

今朝の体重

24.5g

減ってました。

昨日のうちに今日専門病院に行く事を決めておいて良かった。

茶々丸先生を放置するわけにはいかないので
早朝から掃除やら部屋んぽやらを済ませて
診察開始時間直後に病院につくように
行ってきました。

予約は入れてなかったのですが
今の状態や今までの経緯(他の病院での処置やら何やら
15日からの体調)、
今日は最悪強制給餌だけでもやって欲しいとお願いしました。

ラッキーな事に今日は予約の2番目が空いていた様で
先にきていた鳥さんが終わってすぐに診察してもらえました。

行く時は雨で気温も18度くらいと昨日より寒かったので
とり友さんに教えて頂いたように
キャリーバッグを保冷エコバッグに入れ
使い捨てカイロと暖かい飲み物を入れて行きました。

診察でもう一度詳細を説明し
どんな薬を飲んでいたのかも説明し

「今日は強制給餌のみにしますか?」

と言われたので

「診察もお願いします!」ともう一度検査してもらいまいした。

基本のうんP検査とそのう検査ですが
つい先日は両方ともおKだったんです。

でも、今日診て貰うと
うんP→はっきりしない不明な物?カビ?が見える&菌が少し。
そのう→球菌が多数(レンサ球菌)

前回の検査ではなかったのか。
見落とされてたのかはわかりませんが。
おkではなかった。
ちゃんとサインは出てました。

そして体重は

23.5g

危なかったです。本当に。
こうして辛い顔を見せずにいるごえを見て
謝ることしか出来ない。

本当に、ごめんね。ごえちん・・・

辛かったよね・・・

そのうにはほとんどご飯は入っておらず
やはり自力ではほとんど食べれてなかったみたい。
昨日のふやかしたシードも全く役にたってなかったみたい。

やっぱり来て良かった。

強制給餌はもちろんやらないといけない。

「で、どうします?」と聞かれて

はて?何がでしょう。

先生は
「強制給餌をして、昨日行かれた病院で処方されたお薬と
追加でカビのお薬を出します?まったく新しいお薬にします?」と。

えっと。

強制給餌って1回で大丈夫なものなんですか・・・?

「いいえ、食べられるようになるまで1日数回ですね」と。

この時点で入院の文字が頭に。

先生的には自宅にて強制給餌をして
自力で食べられる(そのうにご飯が入る)様になるまで続け
お薬は処方したものを飲んでもらう。という事だったらしいのですが
強制給餌はもちろん、
ごえがちゃんとご飯を食べれてるかどうかの見極めは
あたしでは難しい。

そこで、あたしから入院という手は?と切り出しました。

出来るのならやった方が、やれるようになった方がいいに決まってる。

でも今の時点では無理。

なので入院して強制給餌をしてもらいつつ
先生にちゃんと見極めてもらい
お薬も飲ませて
自分でちゃんとご飯が食べられて
そのうにご飯を入れられるようになるまでお願いすることにしました。

P1001507

入院を決めた時
先生に説明を受けたのですが
その際、

「もしもの時があっても事後報告になってしまいます」
「手の中で・・・というのは無理になってしまうかもしれません」

と、とても怖い言葉が入っていました。

もちろん、そうならない為に
ご飯やお薬や必要ならレントゲン等を
連絡後にしますが・・・と付け加えられましたが。

ここで旅立つ?そんな言葉が
母をちょっとだけ躊躇させましたが

また自宅に帰って苦しい思いをさせるより
専門の先生にちゃんと診て貰った方が
回復の確率は高い。
もしもなんてない!

入院してるインコちゃん達だって
元気になって帰ってきてるしっ!

ここで又間違いをおかしてはならない。

入院希望で。

その後、料金の説明と
面接は予約してという説明。
そして↑の紙に記入して
くれぐれもよろしくお願いします!と
何度も頭を下げてきました。

ごえを連れて行かれる前
キャリーはお迎えの時にまた。今は持って帰ってくださいね。と言われ、
先生はごえをつかんでお顔を見せる仕草。
何だか、もう会えないみたいで・・・
やめて。。。

「ごえちん、お泊りだよ~♪大丈夫だよ~♪」
「おかぁしゃん、すぐ来るからね!」と
頭をカキカキしてあげて診察室を出ました。

ちなみに、我が家は度重なる子供達の診察代と
もともとがボンビー家なので
入院の支払いをカードでできませんか?とちゃっかり聞いてきました。
本来、ここの病院は現金支払いなのですが
無理を言って階下のショップで切ってもらえることになりました。
もう、地面に頭つけて土下座します。ありがとう!って感じです。

一応現実を無視はできないので。

帰り際。
空になったキャリーを持って
雨の中駅まで。
なんだかすぐにここから離れたくなくて
ドトールでコーヒーを飲みながら父へメールをし
入院を告げました。

先日の「可哀そう」発言があったので
何をいうかな。と。
やはり「なんで?」「原因は?」などと言われましたが
ちゃんと理由を説明して
あたしではよくしてあげられないから先生に頼んだといいました。

母 「あたし間違ってないよね・・・bearing?」

父 「うんgood

母 「さみしいねcrying

父 「うんdespair

P1001509

帰ってきて、ごえがいないケージ。

結婚して埼玉に住み始めてすぐにお迎えしたごえちん。
ごえちんのいない生活は初めてです。
いつもあの子がいたんです。

早く帰ってこいcrying

P1001511

ごえが今朝まで入っていたケージは
帰宅後寒くないようにヒーターで温めていましたが
ごえが頑張ってご飯を食べてる間にキレイにしてあげようと思いました。

元気になって帰ってきたら
ぴかぴかのお家に入れてあげようって。

でも魂の1/4は病院に置いてきてしまったようです・・・crying

でもごえはは、は、茶々母でもあります。
最近通院や何かでお留守番が多い茶々。

P1001421

どうしたでし?

P1001420

あれ?

P1001419

ごえちゃんがいないでし?

P1001422

泣くなでしっ!

ちゃ~ちゃ~~~~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

きっとわかってるんだろうな。
あれ~?って。
ピヨピヨ鳴くちっさいのがいないな~?って。

またしばらくお留守番をしてもらうけど
お願いね。茶々。

明日、面会に行きます。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年10月27日 (土)

体重激減 恐怖24.8g

ごえははであります(´・ω・`)

昨日、ちょっと楽観的な記事を書きましたが
タイトルの通り昨日ご飯をほとんど食べなかったごえ。
今朝の体重は24.8g。
ありえない・・・
金曜日の朝までは元気に29gあったのに・・・

P1001472

昨日の動画で暴れるごえをUPしましたが、
あまりにひどいのでちょっと暗くしたら
おとなしくなりました。

P1001473

その後こんな風に
ヒーターの影で寝て見たり

P1001474

こんな感じでした。
ご飯も粟穂を少し齧った程度。

でもこの後が酷かった。
起きたと思ったらプラケに突撃を繰り返し
中で飛ぼうとしてバンバンぶつかってきて
ヒーターに足をかけて羽をばたつかせたり
クルリンしようとしたり・・・

バンバンとぶつかる度にどうにか落ち着かせようと
声をかけたりしたのですが聞かず。
母も息が止まりそうになりました。

あまりに可哀そうだったのですが
先生にこのままの状態(プラケ入り)で
投薬を続ける様に言われていて
イレギュラーがあって(保温不足や放鳥等)
更に吐いたり具合が悪くなったら
薬の効果がわからないし・・・と言われたので
暗くしてみたりしばらく放っておいてみたりしたのですが
一向に暴れるのをやめませんでした。

ごえちちが帰宅して事情を話して
夕食(ほぼ夜食に近い時間ですが23:30ごろ)を食べてる時に

「可哀そうだ」
「ストレスがたまって食べないんだ」
「ケージに戻した方がいいんじゃない?」

と言われまくり
まるであたしが虐待してるかのように聞こえて・・・

あたし的にもこうやって体力を消耗するのも良くないだろうし
食べてないのも不安だし
でも、ケージに戻してお薬をちゃんと与えられるのか?とか
そういう不安もあって
いろいろ考えて悩んで泣きそうで・・・

でも、父が余りにも「可哀そうだ」を連発するので
ケージに戻す事にしました。

P1001475

これは朝の写真ですが
足場をなるべく多くして
いつもの場所や床等にご飯が食べれるように設置して
なるべく低い場所にお気に入りの洋ナシさんをつけて・・・

P1001476

10/27 朝

こうやってみるといつものごえちん。

P1001478

特にやつれてる様には見えません。

が。

体重は 24.8g

何度も量ったけど

24.8g

血の気が引いて変な汗が出て

1日中、やはりほとんどご飯を食べてなかったんだ、
お薬はあげていたのに
どうして食べなくなったの?と
パニックに。

取りあえずどうにか食べてもらわないと
体力がなくなってしまう。

本当はもっと狭いプラケに入れたいのに
入れると暴れて危険。

先日行った病院に電話して
強制給餌をお願いしました。

一応、ネットなどで調べたら
慣れた人でも難しいと書いてあったので
病院でやってもらうのが一番いいと判断したのです。

鳥専門病院に連れて行く手もあったのですが
あまりにショッキングな体重で
とても外気に触れさせるのは怖くて・・・
給餌だけ近くでやってもらえないか?
そこは往診もしてくれるし家から出さずに
あたたかい場所でしてもらえないか?
という考えもあったのです。

しかも立て続けに通院してるので
先生も状態がすぐにわかるだろうと。

電話したのは午前診察ギリギリ。

事情を説明したのですが
一応診察をして状態をみて
適切な処置が必要だと言われ
夕方4時以降に来てくれと・・・

その間、ケージで出せ出せと飛び回るごえ。

これ以上は無理、ひたすら声をかけ
温めてあたしが手を入れて
カキカキしてあげたりして紛らわして。

P1001480

診察1時間前

家を出る45分程前にキャリーに移動させました。
ギャーギャーいうけど反抗する力が弱い。
細い・・・

P1001482

自転車で15分程の道のり。
でも本当ならプラケで行きたい。
で、試したけど
ガンガンと頭をぶつけながらも暴れるごえに
やはり危険を感じて(脳震盪とか起こすかもと思って
それくらい酷い暴れようだった)
キャリーに入れました。

P1001488

始めはそうでもなかったけど
だんだんこちらでも暴れだしました。
キャリーに入れて暴れるなんて今まで一度もなかったのに・・・

その様子はこちらで・・・



携帯の方はこちらからどうぞ。

こんな風に飛び回り、そのうち羽も乱れて・・・

P1001489

間から指を入れて(爪の先ほどだけど)
カキカキしてあげると少し落ち着いてきたのですが
よくみると
カキカキしてるうちに目を閉じて
頭が後ろに倒れて行くんです。
気を失いかけてるのか?と
最悪の記憶がよみがえります・・・
倒れる度に声をかけると目を開けて上体を起こすのですが
それが何度も何度も・・・

こんな感じです。

携帯の方はこちらで。

わかりますか?

そしてなんか小刻みに震えてる気もする。
キャリーの周りにはホッカイロが入ってますが
上は開いているので寒いのかもしれない。

携帯の方はこちら

 

P1001491

蓋を閉めても暴れるので
様子をみつつ。

P1001494

キャリーをフリースで包み
ホッカイロで暖を取り
いざ病院へ。

午後診1番で受付出来たので(予約なし)
電話をしたものだと伝え順番を待つ。

移動中は比較的静かで
病院についても静かにしていてくれました。

先生に状態を話し
吐くのは止まったけど食べない。
でも暴れるので動きがないわけでは無い。
取りあえず食べさせたいので強制給餌をお願いした。と言ったら。

そうか。待っててね。と。

持って来たのはシリンジに入った餌。

思っていたのとは違う?
強制給餌ってもっと長いやつを使って
直接そのうに入れるんじゃないの?

そしたら先生はこう言いやがった・・・

「探したんだけどね~どうしても器具がみつからなくて」

おい!

4時間前に給餌のお願いの電話しといただろ?!
出来ないならそう言えよ!
探してないなら電話しろ!

もうキレそうだったよ。

それがわかっていたなら
電車には乗るけど
違う病院に行ったのに・・・

P1001504

今日のゲットアイテム・・・

結局、食欲増進を目的とするお薬(副作用でと言ってたけど・・・)
シードをミキサーにかけて粉にしたエサ。
シリンジ。

給餌ってシードをミキサーにかけた奴なの?
うさぎさんみたいに専用のはないのでしょうか?

これも、先生
「家でできるよね。シードミキサーにかけただけだし」と。

思わず
「ミキサーないし!」

近くて最低限は診てくれる病院だったので
ちょっとがっかりしました。
それほどでもない状態の時は大丈夫だけど
本当に具合が悪い時はダメだ。
でも具合が悪い時に移動時間が長い外を
連れまわすのは怖い。

これからどうしたものか・・・

帰宅してキャリーから取り出したごえに
お薬2種類(先日もらった白いのと今日のピンクの)
ぬるま湯で溶いたシードをあげてみた。

シードはなかなか食べてくれない。
嘴の横からちょっとずつ入れてみると
くちゃくちゃと食べているけど
量がね・・・
お薬ばかりで大丈夫なのだろうか・・・

P1001505

お口のまわりについた
ふやけたシードで
またお顔が汚れてしまいました。
たいした成果はなかったのに。
ごめんね。ごえ。

P1001506

その後疲れたのでしょう。
こんないつもしない体制で寝てました。
さすがに暴れる事もなく、今も静かにしています。

ここ数日の
あたしの行動は間違っているのでしょうか。
ちゃんとごえの為になっているの?

移動時の寒さと給餌の重さはどちらが重いの?

暴れてもプラケが良かったの?

怖いです。
泣きそう。
まだ、
頑張って。お願い。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年10月26日 (金)

箱入り息子始めました

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

P1001425

箱入り息子始めました。

P1001429

始めました。


P1001427

ほれっ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

という事で。
お察しのとおり?
ごえちん、またしても激しく”げ~”をした次第でありまして。

はぁ~il||li _| ̄|○ il||li

昨日10/25。
ごえちちがお休みだったんで出かけていたのですが
帰宅した途端
”おぇっ”と・・・
先日吐いたのとは規模が違うというかなんというか。
今回はまさに「吐きましたが何か?」って位
頭から顔からべちょべちょに汚れて
えずくえずく・・・

それまで笑っていた母。
見た途端、吐き気が・・・il||li _| ̄|○ il||li

ずっと不安定な人たちを看ていて
若干神経がお疲れ気味だったのですが
なんとか過ぎ去ってくれるんじゃないかと思っていたら
こんな事態ですもの。

とりあえず幸いなことにごえちちがいたので
吐いてお疲れなごえちんを鷲掴みにし
プラケに投入し
病院へhospital・・・

先生「吐いた?」

つい数日前にうんPとそのうの検査をしたばかり。

ただ、2日程まえから換羽の兆し。

またか・・・と思いつつ。

鳥さん病院ならフルコースの検査再びなのでしょうが
ここは総合。
うんP検査のみをして、結果問題なし。

吐いたことは事実で
昨日は疲労感バリバリだったので
お薬がでました。

P1001424

鳥さん病院ではいつもお水に溶かすタイプなのですが
こちらでは直接投与タイプ。
自信がないので不安ですが
なんとか頑張りたいところ。

それにしても2滴ってハードル高いし。

内容は
*吐き気止め
*強肝剤
*対そのう炎のお薬

だそうです。

昨夜は暴れつつも捕獲に成功し投与完了。

が、今朝は元気を取り戻しつつあるちっさい怪獣。

投与直後。

P1001432

出した・・・(止まり木にある白い泡々・・・)

で。

P1001430

ぶちまけた・・・il||li _| ̄|○ il||li

吐いた時より汚れてますけど・・・

まるで水浴び後の一コマの様。

一応、モグモグしたのは確認したのですが
なにせ羽を広げそうになりつつ暴れつつ
ちっさい体を母の指から潜らせて
逃亡しようと躍起なこの方。
離しては負けだ!と急いでいたのも悪かった。

P1001434

もう頭から顔からべちょべちょです。

P1001449

投与後、そうとう気に障ったのか
あっちむいてるごえちん。

P1001445

ふ~んだ。

さ、さみしい・・・

P1001451

ぷいっ!

さ、さみしい~~~~!

P1001443

ちらっ。

さ、さみしい~~~~~~~~!

と、思ったのが悪かった。
ヒーターが奥にあるからいけないんだ!と
動かそうと蓋を開けたら。

P1001435

まんまと脱走成功。

ふっ、ちょろいな。

しか~しっ!
ごえちんも汚れが気になって羽繕いに夢中。
いいだけやり終えたあと、ふ~・・・とため息をついた時
(ついたかどうだかわかりませんが)
奇跡的にケージ(プラケ)外にいる小さな怪獣を
仕留める事に成功し。

P1001458

またしても
箱入り息子のできあがり♪

P1001459

ちっ!

ちなみに、脱走中にプラケの掃除をしました。
(ちゃっかりさん)

P1001462

しばらくぼーっとしていたのですが。

ご飯も粟穂をちょろっとしか食べずに。

P1001465

そのうち暴れだした怪獣ゴエチン。

P1001464

うりゃ~!!

おちりはキレイでなによりです。

そんな暴れん坊将軍、怪獣ゴエチンの様子はこちら。

注:携帯の方は多分こちらからみられるかと・・・

これが延々数十分続き。
危ないからと声をかけると
やれ出せ、ほい出せと凄い剣幕になるので
横目で見つつ放置。

P1001467

次こそは脱獄してやる!キリッ!

いやいや、吐いたあなたの為だから。

あなたの為ですから~~~~!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

それにしても今年はごえ茶々の厄年なのか?
ごえは今年3回目の嘔吐っす。
今まで吐くことなんてなかったのに。
(多分?忘れてるのかも?)
(いやしかしこんなに記憶に残るのは初めてのはず)

4歳、なんか危ない年なのではないのか?
ごえちんよ。
これを乗り越えて元気になるのだ!
わが息子よ!

母も一緒に乗り越えるから!

頼むから落ちついてくれ・・・(泣)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年10月21日 (日)

不安定な2人

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

最近は朝晩すっかり寒さを感じるようになりましたね。
みなさん、風邪などひいてませんでしょうか?
ついでに乾燥してきてますよね。
一気に季節が動いた感じがします。

さてさて・・・

P1001370

ごえちんです。ズン

P1001369

げ~ってなりました。

P1001384

てへheart02

という事で、茶々に続き、ごえの不調です・・・orz

今年はどうもみんなして不調なのは気のせいか?
ごえは8月に吐いてから通院してましたが、
ここにも書きましたが、保定の試練を越えられず
曖昧になっていた通院(あ~情けない)。

それでも順調に体重も増え、
シードは相変わらず無視の傾向ではあったものの
オーツ麦やカナリー、粟穂は食べてくれるので
まぁまぁかな?って思っていました。

先日、茶々の爪切りの時に(10/12)
ごえちんうんPのみの来院にて検査をして頂き
合格点をもらったばかりでしたのに・・・

10/15!
そう、茶々のうっ滞の翌朝です。

吐いてましたし・・・orz

母も完徹でフラフラ~ってしてたので
もう精神的に追い込まれた感バリバリで・・・

こないだOKだったのにどうした!?
ってちょいとパニくりまして。

その日は動けず(茶々の給餌もあったので)
10/16に再来でデカいケージごと病院へ。
(ごえちち休みで助かった)

その時は見た目も動きも元気で
実は日光浴とかもしてて
ご飯もそれなりに食べてくれてて
体重も28~29gといつも通りだったのですが
そのう検査をしてもらおうと行ってきました。

結果、うんPもそのうも問題なし。
菌さんもカビさんもいなくて
先生も「う~ん、大丈夫じゃない?」って感じで。

とりあえず保温はしといてね。って。

全体像で吐いた原因はわからないけど
身近な所での異常がなかったのでお薬もなく
そのまま帰ってきたのです。が!

昨日、10/20。
食べなくなって・・・orz

一体彼に何が起こっているんだ?

P1001407

う~ん。わかんない。

とカメラを向けると可愛い顔してババンバンなごえちん。

エサ入れに入れた大好きなオーツ麦も大量に残して
粟穂はうそ食べだし
体重は一気に27g台へ・・・
まさか、また?

P1001409

なんか今日は食べたくないんだよね~
スピスピzzz

いや、食べないとね。
寒いのかな~?
おえってなったからかい?

P1001410

鼻毛がムズムズするからかも・・・

(・_・)エッ....?

どうしたものか?また病院か?
本当はどこか悪いのか?

1日、ごえちんと茶々丸のケージを眺めて
何も手につかない時間。頭の中ではいろんな事が浮かんでは消え、
さてどうしたものか?等と思っていたのです。

で。

今朝。見るとご飯食べてる?
昨日はおしゃべりもままならない感じで寝てたのに
朝、カバーごしでプチプチと食べてる音が?

おはよう?とカバーを外すと
元気なお喋りが聞こえてくるし?

おやおや。

体重はこれまた一気に29g台に・・・

いや。波ありすぎだろ・・・

とりあえず食べてくれてるうちはちょっと安心ですが
何だか今年はまだ何かありそうで怖いです( ´・ω・`)

回復に向かってくれるといいのですが。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

もう一人の病人?さん。

茶々はうっ滞を起こしてから
点滴の効果とお薬の効果があったらしく
順調に食を進めてくれ
強制給餌のご飯がかなり気に入ったらしく
くれよくれくれ!と迫ってくる勢い。
お薬もジュースだよ~と差し出すと
水を飲む勢いで飲む飲む。助かるわ~。

P1001389

ブー、暑いでし。

茶々丸先生的にはまだまだ暑い、室内25度。

P1001404

これは何でしか!?

ペレットも与えた分をちゃんと食べられるようになったので
お薬も給餌用のごはんも中止して普通の食生活に戻しました。

で、前にも書きましたが
牧草計画に頭をグルグルまわして
いろいろ試すべく床に敷いてみたり上の方に吊るしてみたり
牧草をミックスしてあげてみたり。。。

しか~し。

P1001415

牧草食べなきゃダメならペレットもいいでし。
いらないでし!

って。おい?

と言ったか知りませんが。
またペレットの食いつきが悪くなり
うんPが小っさくなってきましたって、どういうこと?

あっちもこっちも
どうもフラフラと不安定な2人。

ついでにそれに振り回されて不安定な母ひとり・・・

ビシッと気持ちを強く持たないとダメですね~

冬になるまでに安定してくれる事を切に祈ります(-人-)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

2012年10月15日 (月)

茶々、ぴーんち

ごえははであります(* ̄0 ̄)ノ

お久しぶりになってしまいまして・・・

へたれ母の続きを書こう書こうを思ってはいたのですが
途中、ツイッターにはまり・・・
読書の秋にどっぷりはまって・・・
只今スマホで家事もそっちのけで本を読み漁ってる状態で・・・

ごえの通院の終焉はまた後程ということで
今回は茶々丸のお話。

先週の金曜日に
恒例になっている歯切りと爪切りetcをやってもらいに
病院に行ってきました。

いつもお願いしている病院は
うさぎさん専門の病院ではないのですが
親切なDrばかりなので
安心してお願いしています。

P1001349

歯が伸び始めるとだいたい1か月位で
鼻まで達してしまい
伸びても上手にご飯が食べらる子もいるらしいのですが
茶々はだんだん食が細くなってしまうので
どうしても歯切りに行かなくてはいけません。

今回は院長先生だったのですが
実はちょっと苦手で^^;;
あんまり突っ込んだお話も出来ず
ついでに初めていっぱい血もでて
茶々はたいそう暴れてしまって・・・orz

それでも歯を切れば
またしばらくはペレットはしっかり食べてくれるはずなので
牧草戦争(いかにして牧草主食に切り替えるか?!)に
没頭できる筈でした。

P1001350
甘えまくりの甘えん坊将軍 by茶々丸

しかし
土曜日の夜異変が起きました。

P1001359

いつもペレットの量は決まって
朝→10g 夜→13g 与えてます。
本当はもうちょっと減らして牧草をあげたい所なのですが
ペレットがなくなったから牧草というように
お腹がすいたらスニッカーズ的には移行してくれないので
お野菜をちょっとづつ減らし、ペレットもちょっとずつ減らしている
そんな時期なのですが・・・

朝はそれなりに食べていたペレットを
夜はほぼ残していました。

冷や汗が出ました。

うんPも元気は時は直径1cm程のを沢山するのですが
朝見ると半分位の小さなうんPをちょこっとしかしてませんでした。

うさぎさんは猫ちゃんみたいに
毛球症という病気になります。

猫ちゃんとは違って吐き出すことが出来ないうさぎさんは
(確か猫ちゃんは吐けるはず?)
そのまま詰まってしまうんです。毛が。
そういう時に突然ご飯を食べなくなります。

後はうっ滞。
色んな原因から胃腸の動きが止まり
食べた物やガスが溜まってお腹が痛くなり
食欲が落ち、うんPが小さくなり、じっと動かなくなります。

まさか?!

インコちゃん同様、様子を見るという行為はNG。
でも先日行ったばかりの病院。
ストレスも命にかかわったりするし・・・
と、日曜日の夕方まで様子をみましたが
やはりペレットは2g程しか食べていませんでした。

やっぱりこれはマズイ!
毛球症?それともうっ滞?と頭に?を並べ
一応症状を確認して
チャリンコ飛ばして病院へdash

診察では触診で特に気になる塊はないけれど
ガスが溜まっていると言われました。
うっ滞の方でした。

処置として
皮下注射を40cc。リポビ○ンDの瓶で半分位の注射。
強制給餌にてご飯を食べさせて
お腹を動かす。
内服薬。

注射は初めての茶々。
始め見た時に「そんなに大きいんですか?!」と
驚愕してしまいましたが、
皮下なので少しずつ吸収させるので大丈夫!と
背中にプチっと打たれました。
始め暴れてしまって針がうまく刺さらなかったのですが
先生と母でがっちり押さえて何とか全部入れることが出来ました。

先生 「な~んだやれば出来るじゃん(笑)」

いやいや・・・ははは・・・(母苦笑)

お次は強制給餌。
ごえもしたことないし、茶々ももちろんお初です。
自分でご飯を食べないので仕方ないですね。
食べないと死に直結してしまうので
どうやっても成功させなければいけません。

病院では看護師さん(?)が見本を見せてくれました。

P1001360

THEほっかぶり茶々(笑)

真面目な講習中なのについつい笑いが・・・www

一枚だけ写真を撮らせてもらいました(ついつい)。

見た目は簡単そうなのですが、
うさぎさんの強制給餌は実は一番難しいとのこと。
吐けないし、気管に入ってもむせることが出来ないので
慎重にやらなければいけないとアドバイスを頂きました。

この場で教えてもらいながら
給餌をしてみましたが、合格点を頂けたので
ちょっと安心しました。

後はお薬。
内服薬でシロップ状の物を2種類。
シリンジで与えるのでそのやり方も教わりました。

P1001361

本日のゲットアイテム・・・

左がお薬2種とシリンジ、右は給餌用のご飯、真ん中が給餌容器、
給餌の仕方の紙も頂きました。

お薬は1日2回。

給餌は容器の容量を2時間おき。

いや。無理でした・・・orz

もう、追いかけっこですし。
診察台では逃げ場がないのであっさり捕獲された茶々も
広い部屋内では逃げる逃げる・・・苦笑

給餌の仕方はタオルでお口以外は隠して
座位で横から舌の上へエサを置くと言う物なのですが
(エサはペースト状)
タオルにくるまると暴れるし逃げるし・・・
でも諦める訳にはいかないので頑張っていると
もう、変な汗が出てくるし焦るし・・・

どうしようと途方に暮れていた時に
その時はちょっと緩めに作っていたエサをお口まで持って行くと
あら不思議。お水を飲むようにくれくれとせがむではありませんか。

お腹にガスが溜まっていたせいで
お水もほとんど飲んでいなかったのでしょう。
お薬と一緒に与えたリンゴでは水分が足りなかったのかな。
まるでお水を飲むみたいに容器の1/3位をペロリ。

それでも足りないので1時間おきにちょっとずつ与える事に。
それまで何時間も闘ってきたのに
意外とあっさり食べてくれるようになり
ちょっと安心。

病院でされた皮下注射もだいたい5時間くらいで
吸収されると言っていたので
それも多少は効いてきたのかも。

お薬も甘いシロップで
始めはイヤイヤしてたのが2本目はくれくれと。
美味しかったのか?わかりませんが。

兎にも角にも、お口に入れるものは何とかクリア。
でも1時間おきなので徹夜でし。

なのでこんな時間にブログってますww(3:49)

今の時間、なかなか出なかったしっこも
お薬色(注射)ですが大分出るようになり
ペレットも少ないですが自発的に食べ始めて
うんPも大きくなってきました(こんなにすぐなんだ!効果って)。

お薬の偉大さをしりました。ハイ。

それでもまだまだ食餌量としては足りないし
これからはやはり繊維質を取らないとと
課題も多々ありますが、
何とかこれを書いている時間にも
良い方向へと動いている気がします。

このまま回復してくれるよう、頑張らなくてわっ!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト

いくつになったの?

絶賛更新ちう

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

無料ブログはココログ